CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年03月13日

NPO法人古賀志山を守ろう会「不法投棄物回収作業」取材報告

2019年3月13日(水)

NPO法人古賀志山を守ろう会「不法投棄物回収作業」取材報告

宇都宮市では市民活動団体の活動を支援しようと「宇都宮市市民活動助成」事業を設けています。 今回連携助成を受けている「NPO法人古賀志山を守ろう会」は、これまで「地名板設置作業」取材報告「道標設置作業」取材報告など宇都宮市市民活動助成事業の交付を受けて活動をされています。

 また宇都宮市まちづくりセンター主催プログラムでは、あなたの人生聴かせて下さい〜古賀志山:池田さん編報告・古賀志山ハイキング編報告、ブロンズ世代から始めるアクティブライフ第3回「古賀志山の魅力を知ろう」開催報告などに協力していただきました。

kogashiyama2.JPG
作業開始前に挨拶と今回の活動について

 連携助成=団体が地域活動団体、社会貢献活動を行なう事業者など2つ以上の団体と、事業計画や役割分担を決めて実施する事業を支援するコースとして2月17日不法投棄回収作業が行われました。 始めに赤川ダム前宇都宮市森林公園駐車場にて集合し挨拶と今回の活動について説明が行われました。

 参加団体は、NPO法人古賀志山を守ろう会を中心に、森林保全クラブ、トレ―ルラン運営委員会、不法投棄監視委員会(上福岡町)、CHCハイキングクラブ他ボランティアによる31名が取り組みに参加しました。

kogashiyama3.JPG
各グループ移動 焼却・不燃・危険・その他に分けて回収

 まちぴあスタッフも写真を撮りつつ回収作業に参加、各グループ7〜8人分かれて斜面上にある不法廃棄物回収作業を行いました。 衣服やペットボトル、缶や乾電池、プラスチックトレーなど探れば探るほどゴミが出てくるような状態でした。 今回の活動が行われる数日前には事前準備作業としてタイヤや冷蔵庫など大きなものを先に回収してあり、事前準備を行った方々の凄さを感じました。 スタッフが加わったグループでは計15袋ほど回収しました。  

kogashiyama.JPG
活動後、各グループ集合し今後どのようにしていくか話し合い

 普段から古賀志山で階段整備(補修作業)や緊急連絡時現在地番号取付作業、補助用鎖設置、山名板、山座同定盤設置などを行うNPO法人古賀志山を守ろう会。 古賀志山に関係のある団体や人が会員となり、そして今回のように協力しながら活動をされています。

 今回回収を行った不法廃棄物ゴミは後日、宇都宮市の廃棄物対策課が回収してくれることになっています。 一昔前に使われていたような冷蔵庫や不法投棄物の多さにスタッフも驚くことしかできませんでしたが、参加人数も多かったことから約2時間程度で活動が終了しました。 古賀志山を守ろう会は平成26年度〜30年度にかけて宇都宮市市民活動助成金の交付を5回受けてきました。 今後も継続して不法投棄物の清掃活動に力を入れていくということで今後の活動にも期待です。

(記事投稿:小松)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック