CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月19日

第43回釜川コケ落とし大作戦 実施報告

2018年8月19日(日)

 8月18日、4月〜10月の期間中に月1回のペースで実施している、ボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」の8月活動を行ないました。

 例年、8月は清掃を行なっている親水スペース「じゃぶじゃぶ池」において、地元商店街の皆さんや商店街を応援している、NPO法人宇都宮まちづくり推進機構の皆さんと協力して、夏休み終盤の子ども達の思い出づくりも兼ねた、「魚のつかみどり体験」を開催しています。

 そんなことで、8月活動は、つかみ取り体験を実施するにあたって重要となる清掃活動として行なっています。

 さて、そんな今年の8月のコケ落としは、日中の暑さはそのままに夕方になると一気に秋を感じるようになった今日この頃に行われました。そんな季節の移り変わりのおかげもあって、湿気も幾分少ない晴天のもと行うことができました。

IMGP6066.JPG


 今年は、まちぴあでも高校生や大学生を中心にしたボランティア体験プログラムを開催していることもあり、コケ落とし大作戦にご参加下さる学生さんたちも増えているように見受けられます。今回の活動には、前回活動に引き続き、作新学院高校のクラブ「インターアクトクラブ」の皆さんや、市内・県内の高校生たちで地域活動を行っている学生団体「宮フレンドリー」のメンバーをはじめ、一般市民の方、社会人の方など26名が参加下さいました。

 小学校以下のボランティア協力の子ども達は、清掃活動後に行われる「魚のつかみ取り」に参加できることから、小学校以下のお子さんたちもご家族と一緒清掃活動をしてくれました。

IMGP6093.JPG


 まずは、つかみ取りのメイン会場となる「じゃぶじゃぶ池」を念入りに清掃しまして・・・30分ほどをかけてキレイな状態にすることができました。

 綺麗になった会場には、早速、つかみどり主催者の地域の皆さんが手分けして即席の簗を設置して、つかみ取りの準備も着々。この催事がはじまってから続いている連携プレーもしっかり決まり、清掃舞台である私たちは、さらに下流の箇所を清掃していきました。

IMGP6106.JPG


 親水スペース(じゃぶじゃぶ池)から少し下っていくと、いつものことながら少しずつ水量が多くなって、ちょっと手こずるわけですが、皆さんと協力してこちらも約30分。

IMGP6095.JPG


 しっかりと清掃をしたころには、お待ちかねの「魚のつかみ取り」も準備万端!

IMGP6117.JPG


 近隣の小学生たちをはじめ、たくさんの子ども達がこの夏の思い出作りに集まってきました!釜川でこの夏一番の盛り上がり!? 子ども達が安心して盛り上がれるように、清掃活動をして下さったボランティアの皆さんも、その様子を見てとても嬉しそうでした。

IMGP6140.JPG


 さて、釣果?の方はというと、小学生の子達を中心にしっかりゲットできていたみたいですね。コケ落とし大作戦参加の子達もばっちりで、中には、小さいお子さんにとってあげている子達も見受けられて、微笑ましかったです。

 ★★★★★   ★★★★★   ★★★★★

 ・・・そんなことで、今年も子ども達の夏の思い出づくりに一役かった、釜川コケ落とし大作戦。次回の活動は、9月8日(土)に実施予定です。近日中に、まちぴあホームページなどで参加者募集を行いますので、関心のある皆さんは、ぜひご参加下さい。

 7,8月の暑い時期は、他団体とのコラボ企画が続きましたが、9月は平常どおりの清掃活動に戻ります。少しばかり残った夏の気配とともに、ゆっくりとした清掃ボランティアとなりますので、皆様、よろしくお願い致します!

(記事投稿:小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1383318
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック