CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月16日

平成30年度宇都宮市民活動助成金審査会 開催報告

2018年5月16日(水)

「市民主体のまちづくり」の大きな原動力となる、市民による自主的で公益的な活動(この活動を市民活動といいます)を行っている団体に対して、助成金を交付することでこれらの活動を応援していく、宇都宮市の市民活動・まちづくり団体の支援事業、

「宇都宮市市民活動助成事業」
 
 の平成30年度の申請団体によるプレゼンテーション審査会が、5月11日と12日の2日間にわたり、宇都宮市役所・会議室を会場に行われました。

IMGP5764.JPG


 活動開始して間もない団体(スタート支援)や、新規事業や事業拡大の促進(ステップアップ支援)、市民活動団体主体となり、地域や企業などと協力して事業を広げる(連携支援)といった、3コースの助成プログラムがあります。

 今年度は、連携支援:1件、スタート支援:4件、ステップアップ支援:7件の12団体が、自分たちが今年度取り組みたい事業について、発表下さいました。

 団体の皆さんの活動分野については、高齢者施設などでの訪問型演奏・演芸・体操・レクリエーションなどの事業や、観光振興および文化振興をテーマにした事業、子育てと福祉・女性活躍をミックスした事業に加え、子どもの貧困対策や、障がい者支援などの事業、

 福祉と文化をコラボレーションした事業など、発表下さった12団体それぞれに特徴のある、それぞれの得意分野やその団体が得意とする活動によって宇都宮の文化、福祉、観光、自然保護・・・など様々な分野にある課題を解決する事業を企画・提案いただきました。

 毎年行なわれている審査会ですが、今年の発表団体の皆様の事業もそれぞれに魅力的で、どれも応援したくなる事業提案ばかりでした。

 審査結果は、5月下旬に決定となる予定で、まちぴあでも「情報誌まちぴあ:夏号」などでもお知らせする予定となっていますし、決定団体の皆さんの活動にお邪魔できれば、今ブログでもその様子を取材させて頂くと思います。

 今後の活動展開を期待しておりますと同時に、まちぴあでも及ばずながらお力になれればと思います!

(記事投稿:小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1359647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック