CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年01月20日

大盛況!「あそび初め2018」実施報告(4)

2018年1月20日(土)

 1月13日(土)に開催された、まちぴあの新春昔あそび&世代間交流イベント「あそび初め」の盛況ぶりをお伝えする第4弾!

 最終回の今回は、もう一回会場屋外に戻り、地元・今泉自治会の皆さんなどのおかげで大賑わいだったお餅つきイベントが終了したお昼前の様子をリポートします。

 お餅つきの体験と振る舞いは、あそび初めの中でもかなりな目玉だったことは間違いないと思いますが、普通、こうした目玉が終わると来場者の皆さんもお帰りになることでしょう。

 ・・・しかしながら。あそび初めの場合は違いますね!

 お餅つきが一段落しますと、今度は「はごいた」「竹馬」の体験がスタートし、ご家族連れの皆さんや子ども達の和気藹々とした声が響きました。

DSC02444.JPG


 竹馬は、登録団体でもある「秘密基地で遊ぶ会」の皆さんが例年お貸し下さるお手製の竹馬です。この竹馬体験の補助には、2階でもサポートに回ってくれた高校生ボランティアの皆さんや、登録団体「自然教室ネイチャーフレンド」の皆さんです。

 自分で乗れちゃう小学生から、ビクビクしながらもチャレンジするお子さんもあり、それぞれに見守りと補助についてくれまして。スリリングでも安心な竹馬遊びができた模様です。

DSC02319.JPG


 羽子板も、前後左右に動いて子ども達数人の相手をしてくれた大学生たちの面々。若者っていわれるのには大分遠ざかったまちぴあスタッフの面々では出来ない対応を存分にしてくれました。

 こうしたボランティアのお兄さん、お姉さんたちがいてくれたからこそ、子ども達と一緒にきたパパさんママさんも童心に戻って過ごしておられました。

DSC02435.JPG


 また、小さい子でも体験できる小さいサイズの竹馬「竹ぽっくり」を提供くださったのは、まちぴあオフィス入居団体でもある「とち木木の会」の皆さんです。こちらには。体験時間の補助に加え、団体の方々からの指導のもと、ぽっくりづくりにも学生たちが協力してくれたおかげで、一度にたくさんの子ども達が体験できたのでした。

IMGP4750.JPG


 ・・・こうして改めて振り返ってみると、世代間交流を銘打った「あそび初め」は、来場者の皆さんの世代間もありますが、協力くださった団体の皆さんとの世代間交流のイベントでもあったということですね。

 まちぴあは、こうした多くの世代の皆様のご協力、ご理解を頂きながら今年も様々な事業を通して、宇都宮市のまちづくりの一助を担っていくのだと、決意を新たにできた、あそび初めでございました。

 そんなことで、来場された市民の皆様。協力くださった団体はじめ協力者の皆様、まことにありがとうございました!また、来年のあそび初めも宜しくお願いします!!

(記事投稿:小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1332978
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック