CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年01月18日

大盛況!「あそび初め2018」実施報告(3)

2018年1月18日(木)

 1月13日(土)に開催された、まちぴあの新春昔あそび&世代間交流イベント「あそび初め」の盛況ぶりをお伝えする第3弾!

 今回は、2階(研修室AB)の様子を更新いたします。

 2階では、わたあめ、ポップコーン、駄菓子などの子ども達に人気の販売コーナーや、けん玉体験、バルーンアートのプレゼントのコーナーが展開されました。

DSC02380.JPG


 特に、栃木県内の高校生たちで組織されている、まちづくり団体「みらとち」や、宇都宮市内の高校生が中心になって学外文化祭を開催するなどの活動しておる「宮つく」の若者たちをはじめ、宇都宮大学の学生さんたちが主になって運営している、学童保育活動団体「アフタースクール寺子屋」や、駄菓子屋の運営とともに地域の居場所活動を行なっている「飴ん坊」などの若者たちの活躍が目立ちましたね。

DSC02274.JPG


 子どもたちが遊びにくるイベントの定番品と言えば、わたあめとポップコーンですが、機械フル回転の中、子ども達に元気に振舞ってくれたのは、大学生の「寺子屋」さんと、高校生グループの「みらとち」の皆さんでした。

 2階もたくさんのお客さんが遊びにきてくれて大盛況の中、販売を通して子ども達や親御さんたちとの交流も楽しんでくれました。

DSC02395.JPG


 そのお隣で、フリマ形式の販売企画を行なってくれたのは、「宮つく」の皆さん。高校生たちで商品の展示や販売価格を決めてもらうなど運営に工夫をしてもらいながら取組んでくれました。

DSC02397.JPG


 宇都宮大学の学生さんたちが運営している「駄菓子屋・飴ん坊」は、大学のある峰地域の隣である今泉地域の子ども達にも大人気!子ども達が次々に遊びにきて、多種多様な買い物をしていく中でも、慣れた様子で交流しており、さすがだなぁと関心しきりでした。

 さて、会場を盛上げてくれたのは若者だけではありません!

DSC02239.JPG


 シルバー大学校の卒業・在校生の皆さんで組織している「共楽マジッククラブ」の皆さんたちも、例年どおりの安定したけん玉コーナーを担当下さいました。子ども達が一度に体験できるように準備しながら、今年は、紙コップで作った小さいお子さんでも遊べるけん玉をひっさげて対応くださるなど、大人から小さい子まで体験できる、心遣いがピカっと光りましたね。

 さて、これにて屋内の様子は以上ですが、今回のあそび初めに彩りを添えてくださったのは、各コーナーを担当くださった皆さんだけではありません。

 登録団体でもある「着物を着て楽しむ会」の皆さんが今年も希望された方を対象に、着物の着付けを行なって下さいました。朝早くから集まっていただき、あそび初めのスタートにあわせて着物で会場を歩けように対応下さり、

DSC02482.JPG


 日本文化に関心のある外国人の皆さんなど、大変に満足のいく取り組みをして下さいました。

 ・・・さて、盛況ぶりを伝えるレポート記事も早いもので次回更新が最後です。最終回は、もう一回屋外のコーナーに戻り、学生さんたちや外あそびの活動を行なっている団体の皆さんが担当下さった、竹馬や羽子板の様子をお届けいたします♪

(記事投稿:小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1332518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック