CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年01月14日

大盛況!!「あそび初め2018」実施報告(1)

2018年1月14日(日)

 1月13日、新年恒例のイベント「あそび初め」(あそびぞめ)が開催されました。

 今年で通算6回目になるこのお正月遊びをテーマにした催しは、シニア世代の登録団体の皆さんが、地域の子ども達と、かるた、けん玉、竹馬などの昔遊びを楽しむ世代間交流企画をとしてスタートしました。

 今年の「あそび初め」は????・・・といえば、盛況も盛況。大盛況となりまして、毎年パワーアップを続けていることを実感させてくれました。

 イベントのスタートは当日よりもその前から始まっているというのが常ですが、この「あそび初め」もその通り。前日から館内を彩る看板やのぼり旗、正月をモチーフにした作品が飾られました。

CIMG2270.JPG


 これら準備の時点から、登録団体の皆さんがそれぞれの特技を活かして協力下さるのが、まちぴあのお祭りの特徴ですね。今年も、玄関を飾ってくれた大看板の題字は、子ども達や地域サロンなどで書道指導の活動を行なっている「書心の会」さん。

IMGP4755.JPG


 1階から2階へと続く階段には、絵手紙創作と作品提供の活動を行なっている「絵手紙すずの会」の皆さんの作品が飾られ、あそび初めに彩りを添えてくれました。

IMGP4752.JPG


 のぼり旗や看板の設置には、昨年夏時期にまちぴあでインターン実習をした学生さんをはじめ、高校生など若い皆さんが活躍して下さり、前々から当日朝にかけて急ピッチで会場が出来上がりました。

 ・・・・・さて。

 冬らしいキリッとした晴天の中行なわれた今回のあそび初め。スタートは景気の良いお囃子の演奏からですね。

 演奏してくれたのは、登録団体「小松東雲流宇都宮駅東お囃子会」の皆さんです。今泉や峰など駅東地域の皆さんで組織されているグループで、子どもから大人まで幅広い世代の皆さんでお囃子の実演活動を行なっています。

DSC02228.JPG


 今年も、縁起物の獅子舞も登場し、寒さを吹き飛ばしてくれました!

 屋外では、今年もお餅つきが催されました。昨年から地元・今泉自治会の皆さんの協力を得て始まったお餅つきは、季節柄も相まって一層の盛り上がり♪

DSC02313.JPG


 今年は、今泉自治会さんに加え、近在の保育園「バンビーニゆめ」さんからももち米の寄贈を頂くなど、地域の皆さんも楽しみにして下さっていたようで、一緒に餅つきから配膳までお手伝いを頂いて、大変盛り上げて下さいました。

DSC02328.JPG


 今泉自治会の皆さんとは、昨年、まちぴあを管理運営しているNPO法人宇都宮まちづくり市民工房と栃木県との協働で実施した、高校生など学生対象の地域ボランティア体験事業でもご協力頂いた他、まちぴあを拠点に開催している福祉サロン「今南サロン」に関わっている地域の高齢者の皆さんも含め、ご家族をはじめとした皆さんで遊びにきてくれました。

DSC02324.JPG


 このように、より地域との連携を深めた成果が、今年のあそび初めでは大きく発揮されたと思います。小さいお子さんから、幼稚園、保育園、小学生、高校生、大学生、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんとまさに多世代の皆さんが楽しみにご来場くださいました。

 去年の倍のお餅が振舞われた寒空の下でのお餅つきは、お昼前には完売状態!

 その甲斐あって、今年のあそび初めは400名の来館と過去最高の様相となりました。これも一重に地域の皆様、登録団体の皆様のおかげですね。

「今年は休む暇もなかったね!」

 と、スタッフはじめサポートに回って下さったボランティアの皆さんも振り替えっていた今年のあそび初め。いつの間にか、寒さも忘れてホカホカでしたね。

 次回更新では、館内や2階の様子もレポートしたいと思います♪

(記事投稿:小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1331479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック