CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年12月08日

まちぴあ連続講座 第4回「今さら聞けないマイナンバー」実施報告

2017年12月8日(金)

 去る11月27日(月)、宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ研修室にて、まちぴあ連続講座「まちづくり団体の聞きたいこと講座」を開催いたしました。
 第4回となる今回は「マイナンバー」がテーマ。特定社会保険労務士で一般社団法人栃木県中小企業診断士会の理事でもある田中義博氏を講師にお話をいただきました。

DSC06285 - コピー.JPG

 今年5月から“個人情報保護法”が改正施行されたことに伴い、マイナンバー以外の個人情報にも管理方法に注意が必要になっているそうです。町内会や同窓会やNPOであっても、紙やデータで名簿として個人情報(氏名や生年月日その他の「特定の個人を識別できるもの」)を管理する場合は、その規模によらず“個人情報保護法”が適用になりました。
 個人情報の取り扱うために必要なルールをまとめた改正法、難しそうですが、大事なことは「本人に『利用目的』を伝えて情報を預かること、その『利用目的』にのみ使うこと」。大切なお金を預かるときのように、慎重に扱えるよう備えておきたいですね。その他、マイナンバー制度における「情報連携」「マイナポータル」についてもお話いただきました。

(参考)
個人情報保護委員会ホームページ
はじめての個人情報保護法 〜シンプルレッスン〜(平成29年6月)(PDFパンフレット:2997KB)

 今年度の連続講座はおかげさまで無事すべて終了いたしました。ご参加いただいた皆さまのアンケートをもとに、また来年の講座企画を進めたいと思います!
 
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック