CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年09月07日

「学生×地域づくり実践事例発表会」取材報告

2017年09月07日(木)

「学生×地域づくり実践事例発表会」取材報告

 先日9月3日(日)栃木県主催、NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク実施協力による「学生×地域づくり実践事例発表会」が栃木県庁東館4階講堂にて行われました。

0903-gakuseitiiki1.JPG
会場の様子

 栃木県内の高校生・大学生約100名が参加しました。 取材では9月1日〜4日の期間中、白鴎大学の学生さんがまちぴあでのインターンに取組んでいただき、こちらの取材もまちぴあスタッフと同行しました。 以下、学生Iさんの感想文を記載します。

 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★
 
 今回インターンシップの一環で「学生×地域づくり」へ行ってきました。「学生×地域づくり」は県内の高校生・大学生で地域づくりの活動を行っている方から講演を聴き、その後実践者と参加者の交流を行い今はまだ地域づくりに「踏み出せずにいる若者」と「実践している若者」が出会う場として行われました。

 始めに若者だけではなく、大人も地域づくりを行っていると協同組合宇都宮餃子会理事・事務局長の鈴木章弘氏による基調講演が行われました。 「“みんなで作ってきた餃子のまち宇都宮”挑戦の裏物語」として宇都宮における餃子の歴史、宇都宮餃子会の発足、商標登録、活動についてのお話をしていただきました。

 基調講演後、各団体が現在行っている活動についての実践事例発表が行われました。 一口に「地域づくり」と言ってもそれぞれの団体のベクトルは異なっており、

0903-gakuseitiiki2.JPG
「NIKKO高校生ボランティアネットワーク」さんは高齢化集落にて若者と高齢者の交流活動、

0903-gakuseitiiki3.JPG
「宇都宮商業高校ビジネス研究会」さんは栃木の特産を活かした商品開発、

0903-gakuseitiiki4.JPG
「宇都宮大学国際協力サークルKAKEHASEEDs」さんは海外協力を地域に広めるためフェアトレード販売を通した地域の人々との交流、

0903-gakuseitiiki5.JPG
宇都宮共和大学子ども生活学部さんによる「子どもとつくる森・フェアリープロジェクト(自然遊びの会バーベナ)」さんは県内の未利用の林地を1から開拓し子ども達が自然と触れ合うことが出来る場所つくりと方向性は異なりますが、どの団体もそれぞれの視点で地域をもっとより良くしようと活動しています。

 実践事例発表後、発表を行った各団体1〜2名と、基調講演を行った鈴木章弘氏、NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク代表理事の岩井俊宗氏によるトークセッションが行われました。 そのトークセッション中、若者から活動を始める第一歩は「見えない壁に立ち向かうか、逃げるかの違い」であることが語られました。 

 普段生活している地域に対し、何らかの問題意識を抱いていても、それを実際に行動に移せる人は稀です。 トークセッションに参加した高校生・大学生も始める前は、今までやった事がないことに対する不安があったようですが、「自分が成長できるか、できないかで考える事」、「一緒に行動する仲間の存在」、「学生のうちにしかできない事」等が行動を起こす原動力となったと語っていました。 一人ではなく、支えてくれる仲間の存在も大切な要因の一つのように思えました。

 そして今回事例発表した団体以外にも、参加者にも現在地域づくりを取り組んでいる方々がおり、その方々による活動PRが行われ3つの団体「とちぎ高校生蔵部」、「栃木県学生未来発展向上委員会」、「宇都宮・高校生まちづくりプロジェクト“宮つく”」がPRをおこない一緒に活動する仲間を募っていました。
 
0903-gakuseitiiki6.JPG
実践者との交流の様子

 活動PR後、実践事例発表を行った実践者との交流が行われました。 参加者の方からそれぞれ発表を聞いた感想や質問、活動中大変だったことや、失敗してしまったことについてなどについて話し合いが行われました。

 今回参加してみて、自分が知らないだけで県内にこんなにも多くの高校生や大学生が熱心に、自分のためだけではなく他者のため、地域のために行動を起こしていることを知り、自分でも何かできることがあるのでは、と考えるきっかけとなりました。 大きなことは出来ないかもしれませんが、私が現在取り組んでいるサークルやボランティア活動等の身近な所から地域活動へと繋がるタネを探し、小さなことから初めていきたいと思います。

 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 以上Tさんの感想文でした。 今回参加してみて、実践者の方々の考え方は最初はやりたくなかったけど行動したら楽しかった、人の温かさを知ることができた、難しいことや失敗することもあるけど経験・成長につながると活動に対しての思いも話してくれました。 話を聞くだけではなく、実際に体験しようと9/9 NIKKO高校生ボランティアネットワークと共に地域づくり体験が行われます。高齢化集落での異世代交流/生きがいづくり活動として@そば畑の雑草取りAグランドゴルフを行います。この機会に参加してみてはいかがでしょうか? まちぴあでも先月行った若者アイデア会議〜私たちがこの街をつくる〜を行うなど若者の方へ、活動を始めるきっかけづくりなどを今後も行っていきます。

(記事投稿:小松)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック