CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年08月20日

第37回釜川コケ落とし大作戦 活動報告

 2017年8月20日(日)

 8月19日、4月〜10月の期間中に月1回のペースで実施している、ボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」の8月活動を行ないました。

 例年、8月は清掃を行なっている親水スペース「じゃぶじゃぶ池」において、地元商店街の皆さんや商店街を応援している、NPO法人宇都宮まちづくり推進機構の皆さんと協力して、夏休み終盤の子ども達の思い出づくりも兼ねて、

「魚のつかみどり体験」

 を開催しています。そんなことで、8月活動は、つかみ取り体験を実施するにあたって重要となる清掃活動として行なっています。

 さて、そんな8月の釜川清掃ですが、活動日の8月19日だけでなく、聞くところによると関東地方は8月になってから晴天の日が一日もないという、どんよりとした日が続いており、天候がとても心配な活動月となってしまいました。

 それに反して、夏時期の河川清掃は人気が高く、今回の活動にも35名のボランティアさんがエントリーしてくれていました。市内に営業所を持つ「大和ハウス」「カルビー」「テンプスタッフ」など企業の皆さんや、大学生の皆さんが集まって下さっており、本当に天候だけもってくださいと願うばかりの状態となりました。

IMG_7842.JPG


 そんなことで、活動当日、前の夜や朝方まで雨が降っていましたが、集合時間の10時前後には、いい感じの曇り空となりまして。スタッフと同じく、心配してくれていた市民の皆さんが、ぞくぞくと集まってくれました。

 今回は、お昼くらいから魚のつかみ取りが行なわれることもあり、まずは簗が設置される「やぶじゃぶ池」をいつもよりも念入りに清掃しました。

IMG_7866.JPG


 さらには、「池」スペースよりも少し上流の部分や、下流部分も清掃し、つかみ取りで釜川に遊びに来た子ども達が、遊べるようにとみんなでいい汗をかきました!

IMG_7927.JPG


 ボランティアの皆さんがたくさんきて下さったことで、いつもより長い距離であったものの、いつもと同じ1時間あまりの活動で綺麗にすることができ、11時くらいから、中央小、昭和、東小とオリオン通り周辺に位置する小学校の子ども達がいっぱい集まってきました。

IMGP3670.JPG


 そんなことで、清掃後はお手製の簗がセッティングされ、つかみ取り会場にはや変わり!なんでも3回にわけて300匹ものお魚が登場したとのことで、子ども達の楽しそうな声援が響いておりました。

IMG_7943.JPG


 不思議なもので、そんなときには曇天も気をきかせてくれるのか、夏らしい太陽が顔を出し、とても素晴らしいボランティアと子ども達の思い出づくりができた様子でした♪

  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 さて、そんな「釜川コケ落とし大作戦」。この活動には、まちぴあでインターン中の学生S君も協力してくれました。初参加となった清掃活動の感想も併せて紹介させて下さい。

・・・・・・・・・

 今日はインターンシップ最終日でボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」に参加しました。ネパールにいた頃、道や建物の掃除をすることはありましたが、川の清掃活動は初めてだったのでどういう風に清掃をするのか、想像がつきませんでした。

 実際行ってみると、たくさんの地域の方、ボランティアの方々が、参加していて、最初は少し圧倒されましたが、長靴を貸してもらって川の中へ入るととても気持ちよく、ワクワクしてきました。

 私が日本へ来て不思議に思っていたことの一つに、なぜ日本の川は水がキレイで、こんなに整備されているのに臭いが強いのだろうということがありました。この市街地にある釜川はコンクリートで整備された用水路のような構造であることを聞き、なるほどと思いました。
 
 川底や壁面のブラシでコケを一生懸命落とすのが、とても楽しかったです。また、参加している人の中には地域の人だけでなく大阪、アメリカ、タイから宇都宮を訪れている方や、企業の方、他の大学生もいて、色々な話を聞くことが出来ました。このプログラムは様々な人々と交流でき、リンクが広がる大切な場であるのだと思いました。

 清掃は約1時間ぐらいでしたが、皆さんとこのように交流し、話をしながらあっという間に終わりました。最後に商店街の方々からお茶を提供して頂き、とても嬉しかったです。何よりも清掃し終わって、この川が本当にキレイになったことがとても気持ち良く、感動しました。

 川の環境を守っていくことは、生態系に良い影響を与えるだけでなく、地域全体の環境も良くなり、周りの商店街にも活気が出ます。私は、まちづくり、環境保全、地域創生、ボランティアなど言葉では理解出来ていましたが、全てのことは実際に自分で体験してみないと本当に理解できないことが分かり、別の視点から感じることが出来ました。

 地域、住民、商店街、自治体、ボランティア団体協働で行うのが本当にまちづくりなのだと感じました。

  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 ・・・です。とても一生懸命に、たまたま参加下さっていた留学生の皆さんとも英語を交えてお話して下さっており、とても頼りになりました。S君にとっても、ボランティアの皆さんとの交流が、掛買いのない経験になったのだと思い、改めて、参加下さった皆さんに御礼申し上げます。

 さて、そんなことで大変盛り上がった8月活動ですが、次回が9月2日(土)に河川清掃を予定しています。夏休みも終わり、落ち着きを取り戻すタイミングではありますが、皆さんのご参加をお待ちしております。

(記事投稿:小倉)

この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1296507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック