CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年07月15日

ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「本格コーヒーと大人の座談会」開催報告

CIMG3505-7.jpg


まちぴあが今年度から開始するセカンドライフ支援講座の第1回、「本格コーヒーと大人の座談会」が2017年7月5日(水)、コミュニティカフェ「ソノツギ」にて開催されました。
CIMG3524-1.jpg

この企画は既存企画「あなたの人生聴かせてください」からアクティブ編として派生したもので、定年退職間近・退職されたばかりの方などを「ブロンズ世代」と題し、『趣味作り+座談会』で、第2の人生についてのビジョンを考えてもらう機会とします。

第1回目のテーマは、「コーヒー」。
コーヒーが好きという50代から60代半ばの男性8名が参加しました。
CIMG3467-2.jpg

講師は、陽東にある自家焙煎コーヒー豆店「チバコーヒー」の店主である千葉公次さんです。
CIMG3474-3.jpg

コーヒーの抽出方法には、「ペーパードリップ式」と「コーヒープレス式」があります。一般的なドリップ式は、お湯が落ちる速度を調整してくれるので、一定の味を再現できます。また、使用している紙フィルターは、コーヒー豆が含む油分や雑味を吸取り、すっきりした上品な味わいに。一方プレス式は、コーヒーの油分や雑味がダイレクトに抽出されますので、こってりとした味わいに仕上がります。同じ豆を使用してもまったく別物のコーヒーに仕上がります。どちらの味がお口に合うかは、人それぞれのようです。


まずはお手本。
CIMG3484-4.jpg


それでは実際に淹れてみます。
まずは基本的なホットコーヒーの淹れ方から。
CIMG3504-7.jpg

他の人が淹れたコーヒーと飲み比べします。
同じコーヒー豆、同じ分量のはずなのに、若干味が違う??
CIMG3492-6.jpg


本来は、数種類の豆の違いを体感する予定でしたが、当日は大変暑かったので、急遽、アイスコーヒーの淹れ方に変更。
アイスコーヒーは通常の湯量の半分量、今回は150mlを目安にします。全体にかけて蒸らし抽出しようとすると思ったよりもお湯は少量で、皆さんポットを持つ手が緊張気味に。
CIMG3508-8.jpg

なんとか、皆さん抽出を終えました。
氷の入ったカップに移し、アイスコーヒーの完成です。
CIMG3515-9.jpg

質問タイムではニュースとなったカフェイン中毒の実態やコーヒーの栽培など、多岐に渡りました。


後半は、大人の座談会。
50代と60代の2つのグループに分かれて、今後やってみたいことや現状の悩みについて語り合いました。
CIMG3528-9.jpg

60代のグループでは、「定年後の選択肢」、「定年!その苦しみと生きがい」、「退職した現状の悩み」、「シニアのコミュニケーション」、「健康寿命までの生き方」など、参加者の筋道や想いを話していただきました。皆さん、セカンドライフ、スマートな生き方を考えておられます。

CIMG3531-10.jpg

50代のグループでは、「趣味の探し方」「60代・70代・80代の人生」が話題になりました。
医師から何種類かの薬を処方されるようになって健康への関心が高まる中、目の前の定年後にできることは何かを考えながら、さらにその後の人生にも思いを馳せる…難しい年頃ですね、と盛り上がりました。


最後にコーヒーをきっかけに関わるまちづくり活動として、地域活性化を目的に行われるマルシェやフェアトレード、コミュニティカフェの事例を紹介し、終了となりました。
CIMG3532-11.jpg

今回は「コーヒー」をテーマに開催いたしましたので、コーヒーの講座を目的に参加された方もいました。講師千葉さんの分かりやすい説明で、各々コーヒーへの想いやこだわりなど、和気あいあいと過ごすことが出来ました。
後半の座談会では、「子ども食堂」や定年が近づくとは「定年後の準備が必要」になる、現役を離れると「人との出会い」や「社会との交流の場」が少なくなり不安であるなど、「自由な時間」を手にしたブロンズ&シルバー世代の参加者は、各々新しく興味を持ちたい、何らかの活動に触れることの必要を感じておられ、有意義な大人の座談会となりました。

お忙しい中ご参加いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

次回は「料理」をテーマに2月に開催予定です。

(記事投稿:鈴木)


【参考URL】
チバコーヒーHP
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1287840
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック