CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年04月13日

「第38回まちぴあ座談会」報告

2017年04月13日(木)

「第38回まちぴあ座談会」報告

 先日12日(水) まちぴあ登録団体の皆様による意見交換会とゲストに“do素人36”さんをお迎えし、「第38回まちぴあ座談会」が行われました。  今回は、4団体「うつのみや地域盛り上げ隊」「トランジションタウン栃の木」「とちぎポールウォーキング協会」「tochigi未来カフェ」と今月の名人「do素人36」さん総数15名と多くの皆さんが参加して下さいました。 参加者の中には一般参加としてコミュニティFM「ミヤラジ」の方にも参加していただきました。

20170412-zadan.JPG
まず、最初に各団体さんの活動を紹介です。

 「うつのみや地域盛り上げ隊」
 今年3月31日に立ち上げた団体さんです。 会員の得意分野を活かし、自治会・子ども会などが主催するイベント・各種サロン等に参加していきたいと立ち上げたそうです。 今後子どもから大人が楽しめるようなバルーンアートやマジックなどができる会員を増やしていきたいと趣味を活かして地域貢献したい方々の募集や・依頼をしたい自治会・子ども会の募集など広報していきたいとお話していました。

「トランジションタウン栃の木」
 持続可能な地域社会の育成を目指して地域社会の育成に関する勉強会の企画、里山整備、農地利用、自然農による農作物の育成、地域通貨によるつながりの育み直しなど様々なワーキンググループに分かれて活動をされています。 参加していただいた団体さんの中には自然農(自然のままの状態で農業を行う)や地域通貨(ある目的・地域のコミュニティー内などで法定貨幣と同等の価値あるいは全く異なる価値があるものとして発行され使用される貨幣)などについて説明していただきました。

20170412-zadan2.JPG
とちぎポールウォーキング協会 体験の様子

 「とちぎポールウォーキング協会」
 ポールウォーキングの普及啓発(イベント活動など)・運動指導を行う人材育成の活動をされています。 今回実際に活動で使っているポールを持ってきていただき参加団体の皆さんに体験を行っていただきました。 専用ポールを持って歩くことで、正しい姿勢のまま歩幅を広げてバランスよく歩けるようになるポールウォーキング、今回実際に外で体験ではないため簡単な運動指導を行いました。 座談会後5月・6月・7月に月1回体験イベントを開催していただきます。 後ほどまちぴあHP・ブログなどで広報予定です。

「tochigi未来カフェ」
 宇都宮市市民活動助成金交付、 Tochigi未来カフェ3周年記念講演会など福祉・介護・医療をメインテーマに情報交換をする多職種コミュニティで、栃木県の地域福祉の向上を目的に情報交換やワールドカフェなどの意見交換、収集、発表などの場を設ける活動をされています。 これまでの活動や5/20に開催される認知症になる前に「財産管理・家族信託」についての講座開催についてお話していただきました。

「宇都宮コミュニティFM“ミヤラジ”」
2017年3月8日に開局した「ミヤラジ」。 まちぴあ情報誌冬号特集でも取り上げました。 今回登録団体さんのことを知りたいと参加していただきました。

「do素人36」
 シルバー大学36期福祉学科のOBで、卒業後もハーモニカやウクレレ・大正琴など演奏活動で施設訪問をしています。 前回「第36回まちぴあ座談会」では団体紹介として参加していただきましたが、今回は“今月の名人”としての参加で普段行っている演奏活動を披露していただきました。

20170412-zadan3.JPG
 披露中は他の部屋を利用していた団体の方々も参加し、昔懐かしい「赤いくつ」「夕焼け小焼け」「小さな日記」「荒城の月」を一緒に歌っていただきました。

20170412-zadan4.JPG
最後に記念撮影。ご参加いただきました皆さま、お忙しい中ありがとうとうございます。

次回「第38回まちぴあ座談会」を予定しています。
日 時: 5月10日(水) 10:30〜12:00(予定)
場 所: 宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ” 皆様のご参加をお待ちしています。

【参考URL】 まちぴあブログ「第36回まちぴあ座談会報告」

(記事投稿:小松)
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1264106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック