CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年04月05日

「宇都宮市民の日記念の集い2017」取材報告

2016年4月5日(水)

 新年度4月1日、宇都宮市は「市民の日」となっております。昨年は市政120周年を迎え、河内・上河内町との合併10周年の年となりました。そして今年も新しい一年がやってきた。そんな「記念の集い」が、4月3日(月)中心部のオリオンスクエアを会場に行われました。

「市民の日」は、宇都宮市民憲章を具現し、心豊かなやすらぎある郷土・宇都宮を創造し、市民として連帯感を醸成するとともに、我がまち意識を高揚するために、昭和61年に市政施行日である4月1日に定められた記念日です。

IMGP2656.JPG


 記念の集いでは、市民主体のまちづくりの促進に寄与する活動をされている方を表彰する、宇都宮市民憲章表彰・贈呈式が行われ、最も素晴らしい活動者には「最優秀市民憲章賞」の授与が行われました。

 また、「市民憲章賞」「市政功労表彰」「うつのみや市民賞」「市長特別賞」などの表彰が行われ、市内で緑化活動、ボランティア、スポーツといった多様な分野で活躍されている、団体や個人の皆さんが表彰されました。

IMGP2661.JPG


 会場内には、これまでの宇都宮の街並みの変遷を紹介する「宮うつろいパネル」が展示されるとともに、表彰を受けた団体・個人の方々の活動紹介パネルも展示されておりました。

 表彰式の後には、記念コンサートと題して、毎年、歌や踊り、楽器演奏が行われております。今年は、宇都宮中央女子高等学校合唱部の皆さんによる、合唱が披露され、宇都宮の歌をはじめ、皆さんに馴染みの深い楽曲の数々が、春らしい音楽の旋律と歌声にのせて演奏されました。

 特に市の歌の合唱は、しみじみとフレーズとハーモニーを楽しむ機会となり、市民の日を実感するひと時となりました。

 宇都宮市をより良いまちに…と貢献の活動をされている市民の方々が本当にたくさんいるのだなぁと感動するとともに、自分もそんな輪に入って自分のできることをしているのかもしれないと考えた今年の集いとなりました。

★★★★ ★★★★ ★★★★

 また、「市民の日」を記念する事業については、5月21日(日)に宇都宮市城址公園や今回式典の行われたオリオンスクエアなどの各会場を舞台に、「フェスタmy宇都宮2017」が開催されます。

 このイベントでは、宇都宮城址公園内で本日表彰された市民の皆さんと同じように、宇都宮市を中心にボランティア活動や社会貢献の活動している団体の皆さんが出展する「まちぴあひろば」を行います。

 こちらのイベントにも、ぜひ参加いただき、活動している皆さんとの交流の中からよりよい宇都宮市を一人一人の市民の皆さんが作っていく心を、それぞれに育んでもらえれば幸いと思います。

 どうぞ、宜しくご参加下さい♪

(記事投稿:小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック