CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年03月13日

オモイツタエル3.11

3月11日(土)オリオンスクエアで
 「オモイツタエル 3.11 〜ともしびプロジェクトinうつのみや2017〜」
 主催:ともしびプロジェクト実行委員会/宇都宮市社会福祉協議会
が開催されました。

実行委員会のメンバーは大学生や高校生が中心となって、企画から当日の運営までを
行ってきました。
2月には私たちまちぴあにも、ともしびプロジェクトキャラバン隊として
来ていただきました。このキャラバン隊は、キャンドルホルダーに
メッセージやイラスト記入をお願いするもので、市内21ヶ所を回って
905名分の想いを集めたそうです。
当日会場に飾られたキャンドルに来場者全員で点灯し、各自の想いと
向き合う時間を過ごしました。

ともしび点灯の前には、ステージで
 「私の生きるチカラ 学生メンバーのトークセッション」が行われ、続いて
 「東北!!生きるチカラ」と題して、東北の皆さんの声が届けられㇾました
学生メンバーが実際に被災地に行き、恩師やおいしいシフォンケーキを作る女性、
消防士になった同級生・・・さまざまな人たちと出会い、あの日からそれぞれの時を
経ての今を伝えてくれました。

DSC_0045a.jpg

また、「発信!! うつのみやのチカラ」では県内外で支援活動をする団体の紹介が
ありました。支援団体は以下の通りです
    とちぎボランティアネットワーク
    とちぎ手仕事プロジェクトFukuFuku
    とちぎ暮らしネットワーク
    保護猫コミュニティカフェ「てんしんらんまんなラッキー」
    ともしびプロジェクト
    3月11日からのひかり

そして、17時45分頃からキャンドルに点灯

DSC_0052a.jpg

日が落ちた会場に灯る幻想的な
ともしびを前に、会場にいる一人ひとりが、大震災を思い出し、
さらに今なお避難生活を余儀なくされている方々に思いを寄せたことでしょう。

17191261a.jpg

大震災から丸6年、この国で暮らす以上避けては通れない災害と改めて向き合う
機会となりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック