CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年11月11日

鹿沼まちなか3地区自治会「おたのしみ広場」取材

CIMG2717-1.jpg


2016年11月5日(土)、鹿沼市の「まちの駅 新・鹿沼宿」芝生広場にて、まちなか3地区自治会が主催する「おたのしみ広場」が開催されました。
まちなかの衰退に危機を感じる、中央地区自治会協議会(17自治会)、東部地区自治会協議会(12自治会)、北部地区自治会協議会(10自治会)の皆さんが、地域活性化を目的に合同で行う、大掛かりなイベントです。

開会式には実行委員として、各地区の自治会長さんが揃いました。
CIMG2715-2.jpg


オープニングは日吉保育園の子ども達による和太鼓の演奏。
CIMG2713-3.jpg


さらに、鹿沼高校書道部によるパフォーマンス。ステージ看板も完成しました。
CIMG2724-4.jpg

CIMG2732-5.jpg


物販も開始され、3地区の婦人防火クラブが合同で運営するバザーや豚汁・カレーなどの売店を中心に、どのテントも盛況でした。
CIMG2730-6.jpg

CIMG2737-7.jpg

CIMG2739-8.jpg


ステージでは、中央地区体育協会による「みんなでいっしょに太極拳」が始まりました。
CIMG2761-10.jpg

観客のみなさんも結構参加されています。

そして、シニアによるカラオケ大会が始まりました。
挨拶に訪れた鹿沼市長自らトップバッターを務めます。
CIMG2752-11.jpg



その頃、ステージ反対側の一角には高校生が集まっていました。
今回、「お楽しみ広場」で同時開催されるイベント「BPS最強決定戦」。
「BPS最強決定戦」は、知力(Brain)、体力(Physical)、感覚(Sence)を使って、某テーマパークのパスポートを争う、鹿沼版「高校生クイズ」大会です。

万歩計の数値を争う「万歩計ふりふり」や段々速くなるテンポに合わせ走る「シャトルラン」など、いかにも体力勝負な種目に、一喜一憂する高校生たちの声。
「何だ?何だ?」と見物客が集まります。
CIMG2763-13.jpg

CIMG2777-12.jpg

CIMG2793-14.jpg


この事業は栃木県コミュニティ協会が主催する「コミュニティボランティア体験事業」に指定されており、地域活動に参加してみたいと応募してきた学生ボランティアを中心に、企画・運営されました。
CIMG2795-14.jpg



地域活動に一番縁遠い存在となっている若者。
地域のイベントに学生向けの企画を組み込むことで、当日、高校生を呼び込むことに成功しました。
間接的にでも地域に触れる「きっかけ」作りは重要です。

ステージや売店などの催し物に、シニア向けと若者・子供向けの両方をバランス良く配置することで、老若男女が楽しめるイベントとなりました。
今後も是非、継続していってほしいと思います。

CtB9xbLUMAE1RYg.jpg14606315_750806495058446_6089819524039253481_n.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック