CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年10月20日

NPO法人チャレンジド・コミュニティ『在宅就労支援フォーラム』開催のお知らせ

2016年10月20日(木)

NPO法人チャレンジド・コミュニティ主催
平成28年度在宅就労支援フォーラム
〜テレワークやリモートワークの事例を学びましょう!〜

20161022-zaitakusyuro.jpg
※クリックすると拡大します。

■テーマ:
【障害者と難病の方の働きたいを応援するフォーラム
    〜在宅就労の現状と今後の普及啓発について〜】

●日 時: 平成28年10月22日(土)13:30〜16:30

●場 所: とちぎ青少年センター 多目的ホール(宇都宮市駒生1-1-6)

 チャレンジド(障害者や難病の方)の就労機会は拡大していますが、栃木県の雇用率は全国平均を下回り1.82%で、全国順位も低迷しており、今後も多様な働き方で雇用促進策が必要です。 特に、栃木県では在宅職業訓練や在宅就労については遅れており、厚生労働省と総務省が推進している多様な働き方の一つである「テレワーク」等の仕組み、既に在宅勤務を実施している事例をしっかり学んで、これからの具体的な在宅就労支援に繋げたいと思います。

 今回のフォーラムは、「テレワーク」の具体的な紹介、栃木県では実例がみられない「テレワーク」を実現している県外の事例の紹介、在宅雇用を実現している障害者支援団体のお話しを講演形式で行います。 その後に、都内で在宅勤務している当事者、栃木県内で在宅就労を希望している当事者を、インターネットのテレビ会議システムを使用して、当事者の生の声で意見交換をいたします。 多くの方のご参加をお待ちしています。

≪プログラム≫
13:00 受付開始 
13:30 開会の挨拶
13:40 「在宅雇用の現状と実例紹介」 
・安積 直道氏 (一般社団法人日本テレワーク協会)
14:40 休憩
15:00 「在宅就労支援団体からみた在宅就労の可能性」
・鈴木 千恵子(NPO法人ウィーキャン世田谷理事長)
15:40 「在宅就労の当事者と希望者のwebディスカッション」
・当事者の自宅と会場をインターネットで接続して、
 大型スクリーンに映して、ディスカッションを行います
16:30 閉会の挨拶

●参加費: 無料

●定 員: 150名 ※要申込み

【主 催】 NPO法人チャレンジド・コミュニティ
【共 催】 総務省関東総合通信局、関東ICT推進NPO連絡協議会
【後 援】 (一社)日本テレワーク協会、とちぎ障がいフォーラム、宇都宮ケーブルテレビ

【申込み・問合せ】
NPO法人チャレンジド・コミュニティ
就労継続支援A型事業所CIC
宇都宮市上戸祭94-27
TEL/FAX: 028−615−7577
メールアドレス: info@npocc.org
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック