CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年05月17日

フェスタmy宇都2016「まちぴあひろば」実施報告その1

2016年05月17日(火)

フェスタmy宇都2016「まちぴあひろば」実施報告その1

festamachipia-machipiausi.JPG
まちぴあひろば まちぴあブース

 昨日5月15日(日)に宇都宮城址公園を中心とした会場にて『フェスタmy宇都宮2016』が開催されました。 第29回目となる『フェスタmy宇都宮』は各種団体や企業が、日頃の活動や練習の成果を発表するとともに、来場者のみなさんとコミュニケーションを深め、宇都宮の素晴らしさを認識・再発見する場として、多くの市民の参加により実施されています。

 今回初めて、宇都宮城址公園内清明館近くにて行われた『まちぴあひろば』。 快晴の中、まちぴあ及び登録16団体が参加しました。 実施報告では登録団体の活動の様子と活動PRを行います。

ブース@『MOAインターナショナル栃木』

festamachipia-moa.JPG
いけばな体験

 ブースでは、『いいね♪花のある生活』をテーマに日常使っているペットボトルやコップ等を使った生け花体験を行いました。子ども〜ご年配の方々が体験されました。 普段の活動は、美育(児童絵画展)、食育(コンニャク作り) 、健康法(菜園の作り方教室)などの事業を行っています。 まちぴあ事業である『まちぴあひろば』などにも参加されています。

【フェアトレードブース3団体】
ブースA『まちなか・せかいネット』

festamachipia-matinaka.JPG
ネパールアートを使ったうちわ作り

ブースB『とちぎYMCA』

festamachipia-totigiymca.JPG
フェアトレードクラフト&フリマ

ブースC『タラと世界を考える会』

festamachipia-taratosekai.JPG
フィリピン タラ村の人形工場で作られた商品の販売

 ブースでは、バングラディッシュ、ネパール、フィリピン等の手芸品、フェアトレード品の販売とワークショップ行ないました。 「まちなか・せかいネット」をはじめとした3団体は「フェアトレードまつり」の開催を行っている団体です。 また、まちぴあ事業である『まちぴあひろば』『釜川コケ落とし大作戦インターナショナル』などにも参加されています。

ブースD『横川地区こどもとふれあう会』

festamachipia-yokokawa.JPG
焼きそば、からあげ、コロッケなどの販売

 ブースでは、焼きそば、からあげ、コロッケなどの販売を行いました。 普段の活動は高齢者や青少年を含めた地区内での活動を行っています。 地域活動では、異なった世代の人々が交流できる事業「下栗寺子屋(地区内の子どもたちが遊べる居場所づくり)」を行っています。 また、横川地区内の防犯やコスモス植栽の活動を行っています。

ブースE『KENC』

festamachipia-kenc.JPG
お餅入りけんちん汁と飲み物の販売

 ブースではお餅入りのけんちん汁、飲み物の販売を行ないました。今回まちぴあひろば初出展となる『KENC』歌唱を通しての健康増進や相互コミュニケーション能力を高め、歌唱ボランティアを通して魅力ある住みよいまちづくりに貢献することを目的に活動をされています。

 さて…今年も昨年に引き続き快晴の中行なわれた『フェスタmy宇都宮2016〜まちぴあひろば〜』。 ひろば中央には休憩テントが設けられていたこともあり、沢山の方々が足を運んでくれました。引き続き実施報告として参加団体さんの紹介を行なっていきます。

(記事投稿:小松)
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1183142
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック