CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年04月25日

協力事業:「四つ葉お楽しみ会2016」取材報告

2016年4月25日(月)

 去る、4月23日(土)に、とちぎ福祉プラザを会場に、シルバー大学OB&OGで作っている「民話語り部・絆の会」「共楽マジッククラブ」「ハーモニカクラブ・虹」「アフリカンダンスOB会」の4つのクラブと、

 クラブの皆さんが行っている踊りの指導や交流といったボランティア活動などで出会った、障がいをもった方たちが中心となって素敵な音楽を演奏する「どれみふぁクラブ」や、「アフリカンダンスクラブ・Z」の子どもたちをはじめ、宇都宮市立五代小学校・宮っこステーションの児童などが集い、

「四つ葉お楽しみ会2016」

 が行われました。このイベントは、昨年から開催されたシルバー世代の活動団体が中心となって開始した合同イベントです。この中でも活躍された「共楽マジッククラブ」は、まちぴあにもご登録下さり、学校・地域・公共施設など様々なところで演芸ボランティアで活躍されており、そんな共楽さんのお声がけもあって、まちぴあでも協力イベントとして、事前までの広報と当日の取材をさせて頂きました。

DSCF4450.JPG

 また、今年から協賛団体として昨年参加していた4つの団体に加え、出演と協力を申し出た他のグループも協力して開催されました。

 前後半に分かれて行われた、お楽しみ会は、前半に子どもたちの出演!

 障がいをもった子どもたちが集い、音楽練習と発表の活動を行っている「どれみふぁクラブ」さんによる、楽器演奏や、

DSCF4408.JPG

 シルバー大学の皆さんから指導を受けて、元気あふれるダンスを披露してくれた「アフリカンダンスZ」の子どもたち、

 同じく、市内の宮っこステーションでアフリカンダンスの練習を行っている五代小の子どもたちが、溌剌としたダンスと音楽で会場を沸かしてくれました♪

DSCF4440.JPG

 前半の主人公を子どもたちでしたが、後半はシルバー大学関連クラブの皆さんたちが会場を大いに盛り上げて下さり、見て楽しいマジックの実演や、

 「絆の会」さんたちの昔話の語りや、「虹」さんのハーモニカ演奏などが、次々に行われ、

DSCF4415.JPG

 子ども達にとっても、放課後活動で教わっていることをたくさんの観客の皆さんの前で発表する機会になり、大人の方々も日々の練習を日頃の施設での慰問活動などとは違った雰囲気の中で披露する機会となり、

 お互いにとって、それぞれに緊張感や観客からの声援を受ける体験などを実際にするイベントとなった模様です。

 300名定員のホールが超満員となっていた会場は最後まで歓声にあふれておりました。

 出演された皆さんと、観客の皆さんがとても元気!!

 その元気パワーをひしひしと感じるお楽しみ会でした。昨年よりもより開催に向けて環の広がった今回の四葉お楽しみ会。来年にも行われるであろう、更にパワーアップした「お楽しみ会」が楽しみになりました。

(記事投稿:小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック