CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月14日

「栃木県子ども若者・ひきこもり総合相談センター講演会」開催のお知らせ

2018年08月14日(火)

栃木県子ども若者・ひきこもり総合相談センター講演会
『長期化、・年長化するひきこもりの理解と支援』
―支援目標と支援内容・家族への支援と家族の対応めぐって―

poraris.jpg  poraris2.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2018年9月1日(土)13:30〜15:30 開場13:00

●会 場: 栃木県庁東館4階 講堂(栃木県宇都宮市塙田1丁目1)

●講 師: 日本福祉大学名誉教授 竹中 哲夫氏
 
ひきこもりは表に出にくく早期に支援が入りにくい問題です。長びくことで高年齢化すると様々なッ問題を抱えることになり、相談に至った時には当事者・家族は疲弊しています。 

 このような長期化・年長化するひきこもりに対する理解と支援は、また家族の対応は、どうあるべきなのかについて先生にお話していただきます。

≪プログラム≫
・主催者あいさつ
・栃木県子ど若者・ひきこもり総合相談センター ポラリス☆とちぎ紹介
・講演『長期化、・年長化するひきこもりの理解と支援』
―支援目標と支援内容・家族への支援と家族の対応めぐって―

●参加費: 無料 ※どなたでも参加いただけます。

●定 員: 100人 ※締切8月25日(土)先着順

●駐車場: 県庁地下駐車場、数に限りがありますので
      なるべく公共交通機関をご利用願います。

【申込み・問合せ】
電話・FAX・ホームページより申込み締切まで ※会場準備の関係上、手話通訳・要約筆記・介助者席など配慮が必要な方は8/17までにお申出ください。

栃木県子ども若者・ひきこもり総合相談センター ポラリス★とちぎ
栃木県宇都宮市下戸祭2-3-3 (火曜〜土曜 10:00〜19:00)
TEL: 028-643-3422 FAX: 028-643-3452

2018年08月13日

とちぎ子ども医療センター、ドナルド・マクドナルド・ハウスとちぎ『皆でやってみよう!初めてのボランティア』開催のお知らせ

2018年08月13日(月)

とちぎ子ども医療センター “花咲Jii”
ドナルド・マクドナルド・ハウスとちぎ
『皆でやってみよう!初めてのボランティア』

夏休みの半日を利用し、親子でボランティア体験・子ども医療センター内の見学を行ってみませんか!!ご希望の方は連絡先へ申し込み。

2018ポスター.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2018年8月26日(日)8:00〜11:00 9:00〜12:00

●会 場: 子ども医療センター外庭、自治医大2号館3階
(JR宇都宮線「自治医大駅」下車、徒歩10分または接続バスで5分)

●参加費: 無料ですが、要申し込み(先着順)

≪活動内容≫ ※必ず保護者の方と一緒にご参加ください。
『子ども医療センター“花咲Jii”』
8:00〜11:00 花咲Jii 子ども医療センター外庭
定 員: 小・中学生 20組 
持ち物: 帽子、タオル持参
センター外庭の草木の手入れ、センター内施設見学など

『ドナルド・マクドナルド・ハウス・とちぎ』
9:00〜12:00 自治医大2号館3階
定 員: 小・中学生 6組 
持ち物: エプロン、スリッパ、水分持参
ハウス内の見学、清掃、センター内施設見学など

【問合せ・申込み】
・とちぎ子ども医療センター TEL: 0285-58-7815(担当 鈴木)
・ドナルド・マクドナルド・ハウスとちぎ TEL: 0285-58-7551(担当 竹内)

2018年08月11日

インターン研修(1)高校生インターンS君

2018年8月11日(土)

 夏休みに突入した今日この頃。今年もまちぴあにおいてインターンシップ実習を希望している学生さんたちが、続々といらっしゃってくれています。

 今年は、高校生1名と4名の大学生が夏休み(7月末〜8月)期間中に、まちぴあでのインターン研修を行う予定となっております。

 まずは、8月6日〜10日の一週間にわたり、栃木県立今市高校に通う市内在住の高校生S君が研修を行いました。

 もともと、地域でのボランティアをはじめとした、まちづくり活動に感心があり、関心のある学生たちと活動グループを組織して地域イベントに協力したり、まちぴあの学生対象企画「学生ボランティアプログラム」の説明会にも参加して、活動団体との意見交換や様々な地域から集まった学生の皆さんと交流するなど、活発に活動しているS君。

 このインターン研修を希望したのも、活動する人たちを応援する、支援施設の業務に感心をもったからだそうです。

 S君には、まちぴあで行っている事業の内、情報発信に部分に関わる作業や学生団体として活動している経験を活かし、県内をはじめとした全国各地の学生活動団体や活動の様子を調査してもらうなどの、資料作成に携わってもらいました。

 また、研修中日には、まちぴあを所管している宇都宮市みんなでまちづくり課(市民活動グループ)を訪れ、市役所職員の皆さんと意見交換を行いました。まちぴあ施設外における見学などの研修は、毎年の風物詩でもありますが、

IMGP6058.JPG


 今回は特に「フェスタmy宇都宮」について意見交換を行いました。毎年5月中旬に催されているこのイベントは、多数の出展団体が関わるとともに、学生をはじめとしたボランティア協力者の皆さんの力も多大にお借りして実施されています。

 その一方で、出展・ボランティア参加者以外に学生たちの参加が少ないこともあり、これまで30回(年)以上実施しているフェスタをより活気あるイベントにしているしていきたいと、学生たちも参加して楽しい企画案について意見交換を行いました。

 S君からは、参加者として楽しむ視点とともに企画を運営、サポートする側の学生も楽しめ、SNSの話題になりそうだったり、運営コスト的に可能な企画であったりと、案を話しあいました。市役所職員の皆さんにとっても、学生とのざっくばらんな意見交換ができてとても参考になったと感想を頂きました。

 ・・・こうして、一週間のインターン研修が終了した高校生S君。まちぴあで体験したこと、考えたことを、日々の学校生活や自分の活動に活かしていっていただけると幸いです!

(記事投稿:小倉)

2018年08月10日

認定NPO法人研修【入門クラス】申請の段取りと準備 参加報告

2018年8月10日(金)

 先日8月3日(金)、NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会が主催する「認定NPO法人【入門クラス】申請の段取りと準備」にまちぴあスタッフ1名が参加しました。

IMG_20180803_190806.jpg

 こちらの講座は、東京ボランティア・市民活動センターを会場に、毎月開催されています。対象者は、認定取得したい、または認定更新を控えているNPO法人の役員・スタッフや、認定を取得すべきか判断がつかずに迷っている方など。今月の参加者は、認定検討中・準備中・更新時期の団体とまんべんなく、4団体6名の参加がありました。(まちぴあスタッフは「認定更新時期のNPO法人会員」として参加しました。)
※NPO法人と認定NPO法人との違いについては コチラ
(講座主催者シーズのキャンペーンサイトへリンク)

 内容は、認定のメリットデメリット、認定NPO法人化への流れ、認定申請や認定要件(基準)などについて。シーズの大庭勇先生から、見やすい資料をもとに丁寧に説明いただきました。少人数だったので、講義途中の質問もOKでした。営利事業者への寄付(お祝い金などを含む)や使途不明金は判定期間内で1件でもあると認定取得・更新ができないなどの“1発アウト案件”もあるとのことで、「あのときのあれはどうしたんだっけ?!」と数年前の記憶を振り返りながら受講させていただきました。認定NPOの事務に最近関わりだした、という方にもおすすめの講座です。いざ更新事務を始めたあとに「これ知らなかった!」と慌てないですみますよ!

 NPO法人が認定をとるメリットは主に寄付者の側に多くありますが、NPO側にも「新しい寄付者がすぐ増えることはないが、既存の寄付者の1人あたりの寄付額が増えることはある」とのこと。法人税を減らせる「みなし寄付」は税理士さんもあまり知らず、せっかく認定取得したのに全く使っていない法人さんが多い、という話もありました。少し敷居が高い「認定NPO」ですが、興味のある方は、こちらの講座に参加したり、お近くのNPO支援相談窓口やシーズさんに聞いたりしてみてくださいね。

参考:認定とろう!net by シーズ

(記事投稿:齋藤)


「#不登校は不幸じゃないin栃木」開催のお知らせ

2018年08月10日(金)

栃木県宇都宮市実施チーム:
NPO法人キーデザイン/宇都宮大学学生有志 主催
「#不登校は不幸じゃないin栃木」〜全国100ヶ所で同時開催〜

20180819-hutokoutsunomiya.jpg

 宇都宮市では過去不登校を経験した20歳前後の彼らが当時何を想いどんな生きづらさを抱えどう乗り越えたのかそして今の生き方はそんなテーマで赤裸々に語ります。 ぜひ『#不登校は不幸じゃない』をつけて、SNSで当事者に向けてメッセージをください。それで救われる子たちがいます。このムーブメントはSNSとリアルが融合します。

●日 時: 2018年8月19日(日)13:00〜17:00

●会 場: イエローフィッシュ(宇都宮市江野町10-4)

●その他:ライブ配信あり、参加無料

【参加対象】学校が辛いお子さんの保護者や学校関係者。および過去に不登校の経験がある人

【当日内容】不登校経験がある方とのトークセッションなど
※現地参加を希望される方は事前に必ず主催者にお問合せください。

≪栃木県宇都宮市実施チームより≫
【主催者の想い】本当は不安もあるけど、でもやるって決めた
【プログラム紹介】経験者の言葉に共感し、未来に少しの希望を持つ
【最後のお願い】「だいじょうぶ、ひとりじゃないよ」を届けたい

【主催者情報】
・#不登校は不幸じゃない 栃木主催
 NPO法人キーデザイン代表理事 土橋 優平
・宇都宮大学国際学部3年 大瀧真優

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
≪ムーブメントについて≫
【#不登校は不幸じゃない 8月19日全国100ヶ所でイベントをやりたい】
 学校に友達はいなかったけど、僕には不登校のいとこがいました。不登校の友達がいました。ゲームをする友達がいました。いま振り返って思うのは、不登校になった先に居場所があるかどうか。それが、とても大切だということ。

 不登校は大丈夫だけど、引きこもりは良くないと思っています。たくさんの当事者と会うなかで感じるのは、学校に行かなくなっても友達がいる子、行かなくなったあとは1人で家に閉じこもっちゃう子。やっぱり友達が居る子の方が明るいんだよね。人とほとんど会わなくなるといろいろ問題が出てくる。笑い方がわかんなくなっちゃったって話も聞いたりするし、それは僕にも思い当たるところがある。これはさすがに良くないので、不登校になったあとの先をどうやって作るかが重要だ。

 感情的に「辛かったら行かなくていいよ。」というのは簡単だけど、僕は論理的にも「辛かったら行かなくていいよ。」って言いたいです。 学校に行くのはあくまで選択肢。行かないという選択もあっていい。 そんな想いで自分のやれることをいろいろやってきましたが、今年は大きく仕掛けたいと思っています。 9月1日夏休みあけ。子どもの自殺が多くなる。そんなバカなことがあってたまるか、不登校を肯定するムーブメントを作ります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
●申込み: 現地参加の方申込み必須です。

【申込み・問合せ】「#不登校は不幸じゃないin栃木」栃木県宇都宮市実施チーム
TEL: 080-1853-6296  メール: futoukouutsunomiya@gmail.com

2018年08月09日

コミボラ準備!「今泉地区夏祭りでのバルーンボランティア」に向けた練習会

2018年8月9日(木)

 高校、大学など学生たちを中心にした若者が地域やまちぴあ登録団体の活動にボランティアとして関わり、団体や行われる催事に運営側として関わることで、活動に関わる皆さんと様々な体験を通して学んでいく、

「学生ボランティア体験プログラム」の地域編活動の準備会を行いました。まちぴあが立地している今泉周辺地域における、夏・秋に行われる住民の皆さんが行っているイベントにボランティア協力していく、地域編。

 7月は、地域の祭事として続いている「八坂祭り」に、白楊高校の生徒さん14名とともに協力し、お神輿担ぎ手と今泉南自治会の皆さんが担当していた休憩所の運営をお手伝いしました。

DSC06195.JPG


 お神輿担ぎ初体験の高校生たちも大活躍で、地域の皆さんたちからも「活気がでた」「ありがたかった」とお褒めのお言葉たくさん頂きました。さて、ひと夏の経験第2弾は、8月18日に予定されている、今泉小学校で行われる

「夏の夕べ〜今泉地区盆踊り大会」での活動です。

 この地域のイベントでは、小学生をはじめとした子ども達の盆おどりに加え、夏の縁日らしい出し物をPTAや地域の団体の皆さんがブース出展して盛上げます。

 まちぴあはというと、子ども達に大人気のバルーンアートをつくって子ども達にプレゼントしたり、風船で遊んでもらう計画を立てており、この日は、その企画の肝となるバルーン作りを練習しました。

 近隣の白楊高校の生徒さんたちに加え、プログラムに参加する市内在住または感心のある学生の皆さん10名が集まってくれまして、「イヌ」「剣」「ハート」「花」といった人気作品を練習しました。

DSC06198.JPG


 子どもに人気のバルーンですが、遊んでくれる子ども達もゆうに200人は超えることが想定されますので、「いっぱい作って、遊んでもらえるように!!」をテーマに、なるべく疲れないバルーンづくりを練習しまして。本番に備えました。

 ちなに、日曜日にも今回参加できなかった、お祭りボランティア希望学生の皆さんに集まってもらい練習会を行い、8月18日の本番には、15名ほどのメンバーでお邪魔する予定です!

(記事投稿:小倉)

 

2018年07月31日

MCFオーケストラとちぎ『MCFコンサートvol.6』開催のお知らせ

2018年07月31日(火)

MCFオーケストラとちぎ『MCFコンサートvol.6』

MCFコンサートは、MCFオーケスト​ラとちぎのメンバーよるフェステ​ィバル形式のプロオーケストラ演​奏会です。 このオーケストラは、楽員がすべて「とちぎ」にゆかりのある音楽家で構成されてり、地域のボランティアが支える「地域による地域のためのコミュニティプロ・オーケストラ」です。

 多くの音楽家が国内外で活躍していることを県民の皆さまに知っていただくとともに、国内外で研鑽を積んだ高い技術と豊かな音楽性を披露して、栃木の子どもたちの音楽教育やクラシック音楽文化の向上を図ることを目的としてこの演奏会を開催します。

MCF.jpg MCF2.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2018年8月11日 土曜日 開場:13:00 開演:14:00

●場 所: 栃木県総合文化センターメインホール(宇都​宮市本町1-8)
13:30〜 指揮者によるプレ・コンサート・トーク

出演: 指揮 高井優希   ソリスト 黒岩航紀(ピアノ)

曲目:
・J.シュトラウス2世 喜歌劇《こうもり》序曲
・ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18
・ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調「田園」作品68

チケット発売中!詳しくはこちら→MCFオーケストラとちぎホームページ
全席指定・税込み
S席 前売り4,500円/当日5,000円
A席 前売り3,500円/当4,000円
学生 前売り2,000円/当日2,500円
※未就学時の入場はお断りさせて頂きます

・チケットぴあ「Pコード 115−024」
・栃木県総合文化センタープレイガイド
・宇都宮市文化会館プレイガイド
・FKDショッピングプラザ宇都宮店(3Fチケットぴあ)
・FKDショッピングモール
 宇都宮インターパーク店(2Fチケットぴあ)
・公式ウェブサイト 購入フォーム※準備中

●主 催: (一社)MCFオーケストラとちぎ

●特別協力: 宇都宮短期大学音楽科

【問合せ・申込み】
(一社)MCFオーケストラとちぎ
メール: mcf_orchestra@yahoo.co.jp
TEL: 028-612-7761(平日10時〜17時)

2018年07月26日

第43回釜川コケ落とし大作戦 参加者募集のお知らせ

2018年7月26日(木)

 ボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」は、宇都宮市中心部を流れる『釜川』の清掃活動を通してボランティア活動に楽しく触れる機会です。 4月〜10月の月1回の間隔で行っています。

 毎年8月の活動では、通常より少し早めに清掃活動を行い、その後、小学生までを対象にした釜川鮎のつかみ取りが行われます!! 釜川コケ落とし大作戦に参加下さった、小学生までの子どもさんも参加できますので、ご家族で清掃活動に参加される場合には、つかみどりへの参加もご検討下さい。

 ★ボランティアを初めての方でも大歓迎です★

kamagwa1808.jpg


●日 時:2018年8月18日(土) 9:30〜11:30
     ※つかみ取りはおおよそ12:00〜30分程度行う予定です。
      開始時間については、準備の都合により前後する場合がありますので、
      あらかじめご了承下さい。

●会場・集合:釜川ジャブジャブ池周辺
  ※グーグルマップにリンクしてあります。
   初めて参加の方は、特にストリートビューなどで景観を確認すると良いと思います。
   

●定 員:30名(うち小学生までは、鮎つかみ取り体験可)

●お願い:
・雨天時の場合には、中止となりますのでご了承ください。
・また、雨天時の連絡などのために、事前に「氏名」「連絡先」「年齢」
(今回は特に子どもさんの学年)をお聞かさせて頂いていますのでご協力お願い致します。

●持ち物:
・汚れてもいい服装
・着替え(濡れることもあるので、特に靴下)
・飲み物(※暑いので必須です!!)

●その他:
・作業開始前に簡単なオリエンテーションを行います。
・長靴、デッキブラシはこちらで用意してあります。ご持参頂いてもOKです。 
※長靴は、23〜27くらいまでしかないので、足の大きな方はご持参して頂けると幸いです。

【問合せ・申込み】
 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ(担当:小倉・小松)
    TEL:028−661−2778

2018年07月25日

とちぎユニバーサルシアター「タレンタイム 優しい歌」取材報告

2018年07月25日(水)

みらい・ともに・すすむ主催
とちぎユニバーサルシアター「タレンタイム 優しい歌」取材報告

 先日22日、とちぎ福祉プラザ2階第1研修室にて登録団体「みらい・ともに・すすむ」主催、『12thとちぎユニバーサルシアター「タレンタイム 優しい歌」』の上映会が行われました。

【参考URL】とちぎユニバーサルシアター「さとにきたらええやん」取材報告

miraitomoni.JPG
みらい・ともに・すすむ 代表による挨拶

 みらい・ともに・すすむさんは障がいがあってもなくても幸せに暮らせる社会づくりを目的に活動しています。 目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。 イヤホン音声ガイドによる場面説明や日本語字幕付き、車椅子スペース、親子鑑賞室がる映画館として行われました。

miraitomoni2.JPG
パンフレット販売とポップコーンの販売

 会場では「タレンタイム 優しい歌」のパンフレッド販売や社会福祉法人共生の丘が行っている「就労支援事務所konomi」で作られたポップコーンの販売が行なわれておりました。

 今回の上映は真岡市内で特定非営利活動法人手仕事工房そらが運営しているそらまめ食堂で店長をされている成田雪子さんが宇都宮市内にあるヒカリ座で上映されていた「タレンタイム」を見て、今回のユニバーサルシアターに繋がったそうです。

miraitomoni3.JPG
入り口付近に設置されたマレーシアに関する予備知識

 マレーシアを舞台に作られた「タレンタイム 優しい歌」、とある高校で音楽コンクール「タレンタイム」(マレーシア英語=学生の芸能コンテストのこと)が開催されることになり、コンクール当日までの様々な人間模様を描いた作品です。

 映画をより深く楽しむことができるよう、会場入り口付近にはマレーシアに関する予備知識が書かれたボードがあり、物語ではマレーシア社会(多民族国家、言葉の違い、宗教の違いによる葛藤なども描かれておりました。 

 ピアノの上手な女子学生ムルー(イギリス系とマレー系の混血者)と耳の聞こえないマヘシュ(インド人)との恋や宗教の違いによる葛藤、成績優秀で歌もギターも上手な転校生ハフィズ(マレー人)と二胡を演奏する優等生カーホウ(中国系)はハフィズに成績トップの座を奪われ、打ち解けることができないなど、それぞれが悩み・葛藤を抱えながらも前に進んで行く登場人物達が印象的でした。

 劇中には様々な楽曲が使われており、登場人物の想いが篭った曲・歌詞が流れると来場者の方々も世界観に惹きこまれていました。

 先月6月30日には宇都宮市まちづくりセンター主催「学生ボランティア体験プログラム説明会」に協力していただいた「みらい・ともに・すすむ」。 今年8月〜9月には高校生等を対象に、宇都宮を舞台に作られた作品「キスできる餃子」の音声ガイドワークショップを行う予定になっており、詳細な情報が来ましたら情報発信します。

(記事投稿:小松)

子育て応援サークルこっころ「4週連続“夏休み企画”」開催のお知らせ

2018年07月25日(水)

登録団体:子育て応援サークルこっころ「4週連続“夏休み企画”」開催のお知らせ

今年の夏休みは、ボランティアのお兄さんお姉さんがこっころに来てくれます!お兄さんお姉さんと一緒に、楽しい夏休みの思い出を作りませんか。(※来ない日もあります)

こっころクラブ夏休み2018.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 8月3日(金),8月10日(金),8月17日(金),8月20日(月)

●場 所: 宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ

『絵本の読み聞かせとワークショップ〜平和について〜』
おじいちゃんやおばあちゃんひいおばあちゃんが体験した戦争ってどんなものだったの?世界から戦争はなくせるの?みんなで戦争や平和を考えます。
●日 時: 2018年8月3日(金)10:00〜11:30
●会 費: 100円/1人(資料代)   ●対 象: 小学生
●講 師: 西谷和子(絵本専門士) ●持ち物: 筆記用具、飲み物  

『みか先生の絵の教室〜夏休みの絵の宿題〜』
こっころ夏休み恒例、みか先生の絵の教室、今年も開催します!絵の宿題・・・どうやって描けばいいの?何を描いたらいいの?頭を抱えている皆さん!みか先生やお友達と一緒に、楽しく絵を描きませんか。みんなで描くとやる気も楽しさもUPするんですよ!
●日 時: 8月10日(金)9:05〜12:00 ※施設は9時開館です。
●会 費: 1500円/1人  ●対 象: 幼稚園児、小学生
●講 師: 西浦 美佳先生(アトリエぴっか主宰)
●持ち物; 画材、絵の具、筆記用具等自分で使うもの、画用紙(四つ切のみこちらで準備します) 
●注意事項:
・課題は各自自由です。(画用紙サイズご注意ください。)
・時間内で終ったところで終了します。(下書きを準備しておくと良いと思います)
・絵の指導ではなく、分からない所や困っている所をその都度サポート、アドバイスします。

『絵本の読み聞かせ会〜体あそび編〜』
親子で絵本の読み聞かせを楽しみましょう。
絵本を使ったふれあい遊びや体あそびもたくさんします。
●日 時: 8月17日(金)10:00〜10:30
●会 費: 200円/親子1組 ●対 象:0歳児以上の親子
●講 師: 阿部直子(スポーツインストラクター)&西谷 和子(絵本専門士)
●持ち物: タオル、飲み物

『ママのためのフィットネスフラ』
暑い夏こそエクササイズです!ハワイアンの音楽にのって、フラで汗を流しましょう。体幹が鍛えられ、踊ったあとは気分も身体もスッキリです。初心者、子ども連れ大歓迎です。
●日 時: 8月17日(金)10:40〜11:40
●会 費: 800円/大人1人 ●対 象:ママ(お子さん連れ大歓迎)
●講 師: 阿部直子(スポーツインストラクター)
●持ち物: タオル、飲み物

『夏休みの宿題!貯金箱作り』
工作好きな小学生、夏休みの宿題に牛乳パックで貯金箱を作りましょう!うまく作れたら、おもしろい貯金箱が完成します!低学年のお子さんは、保護者の付き添いをお願いします。(ご相談ください)
●日 時: 8月20日(月)10:00〜12:00
●会 費: 300円/1人(材料費)
●持ち物: 工作セット(ハサミ、マジックなど ※カッターは持たせないで下さい)、飲み物

【申込方法】 必要事項:@名前(お子さまと保護者)、A学年(年齢)、B連絡先を記入しメール

【申込み・問合せ】
子育て応援サークルこっころ 担当:西谷
連絡先: nishitani@mama.plala.or.jp