CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
東手門デザインプラザ [2013年08月19日(Mon)]
 だーひょーりじは何故かソウル市内にある東手門デザインプラザというところに来ています。2006年からソウル市が、昔運動施設があったところを移転し、日本円で400億をかけファッションと文化の町にしようという計画で、その中心となるのが東手門デザインプラザで来年の3月にOPENの予定です。
 数千人入るコンベンション・ホールに、会議室、博物館、美術館、子育て支援施設にショッピングが一体となった施設で年間の維持費も30億程度かかるとか…その施設のデザインを手がけたのが新国立競技場のデザインで最優秀をとったザハ・ハディト!ハディトのデザインで実用化された試しがないという噂だったのに何故かヒッソリと作られていました。でかいし、道に迷うし、暑いし、腰痛いけど、なかなかエキサイティングな経験をさせていただきました。
IMG_20130819_143408[1].jpg

写真は、東手門デザインプラザの美術家(ギャラリー)何と地下2Fから地上4Fまで建物の外周沿いにらせん状にできているスロープが全部美術館という斬新な作り!でもまっすぐ絵を吊ることはできないよなぁ…
自ら宣伝するような柄ではないのですが… [2013年07月03日(Wed)]
 だーひょーりじは人前に出たくありません。人前で話すのが苦手なのです。だーひょーりじを講師として読んだ主催者から、お客が集まらないといけないので、石田さんも宣伝してくださいと頼まれて仕方なく…7月27日(土)近江地方近辺で、暇な方でまちづくりとかNPOとか公共とか「あまちゃん」とか「ゴジラ」とか「小林麻美」とか好きな方は暇つぶしに来てください。
201307.JPG
恐るべし森岡城(えびの市) [2013年06月17日(Mon)]
 だーひょーりじは、原恵一監督をお連れして、宮崎の観光旅行。今まで原監督は宮崎を結構訪問されているので、綾、日南、串間、椎葉は制覇しており、帰りが夕方の便ということもあり悩んだ挙句、小林、えびの周辺を案内することにした。
 先ず「さんまるこ亭」のカツカレーで腹ごしらえをした後、向かったのがえびの市にある「森岡城」。何が凄いって城が好きなので作ろうとしているところ。作り始めて31年、現在79歳になる社長さんが趣味で始めた城づくりだが、これがセンスが良すぎてだーひょーりじ的にはついて行けない。「探偵!ナイトスクープ」や「珍百景」にも取材されたというだけあって凄い!としか言い様がない内装&外装。これをあと天守閣と五重塔ができれば完成らしいが、社長の寿命がいつまで持つか?っていうか社長が亡くなったら誰が後の意思を継ぐねんって感じの、日本版ローズウッドかサクラダファミリアという感じの迷所です。
IMG_20130617_143036.jpg
新年度の予算の使われ方に疑問? [2013年04月03日(Wed)]
 新年度に入って緊急雇用の事業の募集が宮崎県でも始まった。新たに起業する、又は新分野に進出する事業所が失業者を雇えば国が金を出しますよという制度である。宮崎だけで8億円!他県でも同様な事業が展開され全国で1000億の予算がついている。
 1人失業者を雇えば最大で500万円、うち1/2以上を人件費で使わなければならないという条件がある。人件費と同額が事業費として使えるが2万円以上の備品の購入は認められない(リースは可)というもの。事業期間は契約から1年間、事業終了後はマストではないが継続して雇用することが望まれている。
 だけどこの時期に失業している人たちを雇うという事業所は、かなりの冒険をおかすことになる。失業されている人は、全てではないが優秀な人材かどうかは怪しい。事業開始時点で優秀でない人材を適当に雇う羽目になる。そのためのプロジェクトを新たに作るのだから、当然、既存のスタッフの手が割かれる。(;´д`)うーん、はっきりいって効率が非常に良くない。途中で辞める者も出てくるかもしれないが、その時は早急に補充しなければならない。うーん、こんな応急措置のような雇用対策で1000億もの金を、消費税を上げ国債を乱発してやる価値があるのか?
このままでは日本の未来はないよなぁと思ってしまう反面、どうせドブに捨てる金だったら有効に使ってしまいたい気もするし…
imagesCA6CHR3M.jpg

(;´д`)日本の未来はどうなるんだろう?セブン…
明後日締切のゆるキャラ! [2011年09月03日(Sat)]
 だーひょーりじは今日何をしていたかというと大掃除です。みんなに手伝ってもらって何とか少しは片付きました。それからプロのデザイナーさんに頼んでいたというか清書してくれと頼んでいた、宮崎県の観光PRのキャラクター(9月5日締切)の修正をシコシコとやっていました。

 今の考えでは「はにわドリ」なんですが、いかがでしょうか?もしいいネーミングがありましたら、明後日5日の昼までに、いい名前を思いついた方はメールでもください。
よろしくお願いします。
 観光キャラクターに選定されたら10万円です。みんなで美味しいものを食べに行きましょう!
宮崎市中心市街地活性化へ「会社」!? [2009年07月10日(Fri)]
昨日だーひょーりじが参加していた宮崎市中心市街地活性化協議会の記事が宮崎日日新聞に掲載されていました。
(以下、宮日新聞の記事より)
 宮崎市中心市街地活性化協議会(会長・手塚剛一宮崎商工会議所副会頭)は9日、同市民プラザで会合を開き、空き店舗対策などに取り組む「まちづくり会社」の設立に向け、今後検討していくことを決めた。
 会合には、市民団体の代表や行政でつくる委員34人が出席。同協議会の事務局を担当する同商議所によると、まちづくり会社が目指す具体的な方向性は協議するが、来年度中にも民間企業が出資する株式会社として設立する方針。
 まちづくり会社はイベント開催など、ソフト事業を中心とした活動を展開する見通し。今後は、同市花のまちづくり公社と同商議所が中心となって話し合いを進める。

 だーひょーりじが感じるのは、まちづくり会社で成功しているところが全国津々浦々ある中で、町の地形や人口が成功の秘訣を握っているのではないかと考えるのです。香川県丸亀町や滋賀の長浜商店街など凄く成功している例だといわれますが、周辺(大都市圏)からのアクセスや、周りの環境によって左右されます。その殆どが3セクの「まちづくり会社」は、成功している例は余り多くはありません。
 宮崎市が作る「まちづくり会社」が駄目だと言ってるわけではないのですが、よほどの事業を展開しないかぎり成功は難しいのではないかと、だーひょーりじは考えるのです。少子化、高齢化社会において、税収が少なくなる中、ハード事業を行って、その運営をすることで収益を得ることは困難になってくると思います。また車に依存する社会はいづれ変化していきます。駐車場がないからお客が来ないのは現状かもしれませんが、駐車場がなくてもお客が来る、人が集まれる街を目指すことが今の宮崎には必要だと思います。そんな街とは一体どんな街なのでしょう?
 社会は30年単位で変化します。綾の森を30数年前に守った郷田町長は、当時、賛否両論の決断というか行動をしました。いろいろとありますが、照葉樹林を伐採させなかったため今、綾の森は、自然や癒しを求める人が大勢訪れるようになりました。30年前は誰も考えなかったことです。当時は山を切って幾らという時代に、全くめちゃくちゃと思われていた行動が、30年後には評価されているのです。そして仮面ライダーや、ウルトラマンや、サザエさんのように30年以上も人々の心に残るものが成功したといえるのでしょう。
 だーひょーりじが思うのは、先ずどんな街を作りたいかというコンセプトが必要だということです。会社というのはあくまでも手段であり、目的ではない。こんな街にしたい!という合意ができ目標が見えたときに、会社が一番いい手段であればそれを選択すべきでしょう。
 協議会は行政も市民も事業者も入っていて、なかなか失敗は許されません。でも失敗してもまたやり直せるという気持ちも大切です。リスクを負うというのは、お金を払うことだけではありません。本当にどんな街にしたいかを真剣に話し合い、リーダーシップをとることがリスクを負うことではないかと、だーひょーりじは思うのです。
 3セクで街づくり会社を作って、行政から補助金を貰い施設を運営していても、人々が楽しめる街にはなかなかならない。そんな中心市街地の方が、成功しているまちづくり会社がいろんな事業を展開している中心市街地よりも圧倒的に少ないのが現実です。
 

“If you build it, he will come”(「それを作れば、彼は来る」)アイオワのトウモロコシ畑で謎の声を聞いたレイ・キンセラは「夢の野球場」を作りました。そこにはシューレス・ジョーをはじめとするホワイト・ソックスのメンバーやムーンライト・グラハムが訪れ、壊れかけていた家族の絆や、トウモロコシ畑の売却問題等の数々の問題を乗り越えることができました。今、宮崎の中心市街地に必要なのはレイ・キンセラみたいな存在だと思います。「フィールド・オブ・ドリームズ」ならぬ「ダウンタウン・オブ・ドリームス」です。
宮崎市中心市街地活性化協議会 [2009年07月09日(Thu)]
宮崎市の中心市街地活性化協議会にだーひょーりじは出席してます。中心市街地活性化に関する市民満足度調査では月に1回以上(マチ)に出かける人は全体の約7割近くを占めています。しかし市民の満足度という点では押し並べてマイナスになっています。これだけ多くの人が関わって、みんな一生懸命な取り組みをしているのに、なかなか成果が出ないものなのですね。
県庁前の楠並木通り [2009年04月07日(Tue)]
 いまや宮崎でも一大観光スポットとなった「宮崎県庁」前の楠並木通りの楠の木の葉が新芽に変わりました。

葉っぱの色が萌えています。あー、ちまたは春だったんだね〜。
プロフィール

石田達也さんの画像
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/laputa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/laputa/index2_0.xml
最新トラックバック