CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
来週から東京編! [2013年06月22日(Sat)]
 ※来週のネタバレありなので、嫌な方は来週の土曜日以降に読んでください(・∀・)



 連続テレビ小説「あまちゃん」は来週24日(月)から“東京編”に突入。東京で本格的にアイドルを目指すヒロイン・アキを待ち受ける運命とは?! そして徐々に明らかになっていく母・春子の過去…。
2009年夏、アキはひとり東京にやってきた。さっそく、マネージャーの水口に劇場を案内されるが、「GMT47」のメンバーはまだ5人だけで、人気グループ「アメ横女学園(アメ女)」の代役に過ぎないという衝撃の事実が発覚。さらに、久しぶりに実家に帰ると、そこには父・正宗の恋人が…。失意のどん底で、アキは谷中にあるGMTの合宿所にたどり着き、メンバーとの共同生活が始まった。翌日、アキは上京する際に春子から渡されていた手紙を思い出し、ようやく読み始める。そこには、アイドルを目指して奮闘していた春子が、実は社長の太巻と知り合いだったという驚きの事実が綴られていた。一方、北三陸では、父・功が病に倒れたため上京できなくなったユイが塞ぎこんでいた。変に気を使って、ついぎこちなく接してしまう大吉や菅原たちを春子は説教する。その頃、メンバーが初めてステージに立てたことを祝って、アキたちは寿司屋で大騒ぎをしていた。だが、その隣の席にいたのは、憧れの大女優・鈴鹿ひろ美だった…という粗筋がNHKのホームページに掲載されていた。
 宮藤官九郎の脚本は時に暴走し歯止めが効かなくなる時もあるが、演出側が抑制を効かせると素晴らしい出来となる。「GO」然り「Tiger & Dragon」然り。クドカンがメガホンを執ると面白いんだけど人には薦められない時が多いんだけど、抑制の効いた演出でメリハリが出てくるのが素晴らしい。
 毎週末には来週を必ず観たくなる終わり方をしていて、連続モノとして成功法な演出。細かいネタの猛襲が、お涙頂戴のストーリーを上手くブレンドしている。
 しばらくは北三陸が出てこないと思っていたが、来週も北鉄や海女クラブも出てきそうだし、朝起きる楽しみが9月までは続くので(*^ω^*)嬉しい!っす。
 だけど1つ心配なのが、このドラマが2009年という設定とのこと。あの震災がどう描かれるのか?北鉄や海女クラブがどうなるのか?花巻さんは無事なのか?そんなことを物語が進むにつれ考えてしまいます。まあ、前向きなドラマであることは最後まで間違いないと思いますが(´∀`*)絶対に「純と愛」のようにはならないと信じています!
91ca3wmsr8L__AA1500_.jpg

DVDのBOXセットがAmazonで¥11,810で予約受付中(2013年9月27日発売予定)悩んでしまいますなぁ。




この記事のURL
http://blog.canpan.info/laputa/archive/2399
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/851934
 
コメントする
コメント
プロフィール

石田達也さんの画像
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/laputa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/laputa/index2_0.xml
最新トラックバック