CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年07月11日

第2回 海を学ぼうスクール in港区 〜海と日本PROJECT〜 8/3より受付開始

第2回の詳細が決まりました!

※受付開始は8月3日10時〜。申込みは,港区立エコプラザが窓口となります。(LAB to CLASSプロジェクトWEBサイトからの申込みはできません)ご注意ください。

---------------------------------------------------------------------------------
【第2回 海を学ぼうスクール in港区 〜海と日本PROJECT〜】
  http://www.npo-bridge.org

どこでも!楽しく!安全に!できる《海洋学習教材 LAB to CLASS》を活用した、
小学生&教育関係者向けのワークショップ。子どもたちは「海の生きもの」をテー
マに、教育関係者は今話題の「探究学習・アクティブラーニング」をキーワード
に、「海と自分のつながり」に気づくことを目指します。

●日 程:2019年9月7日(土)
●会 場:港区立エコプラザ
     〒105-0013 東京都港区浜松町1-13-1
●交 通:JR 線浜松町駅北口徒歩4分、都営地下鉄浅草線大門駅B1出口徒歩3分
     ※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
●主 催:LAB to CLASSプロジェクト(特非 海の環境教育NPO bridge)
●共 催:港区立エコプラザ
●協 力:北里大学海洋生命科学部アクアリウムラボ 、未来教育confeito、
     海辺の環境教育フォーラム、一般社団法人JEAN
●後 援:公益社団法人日本環境教育フォーラム
●参加費:無料 (事前予約必要)

【午前の部】海の生きものKidsワークショップ
●対 象:小学生60名(小2以下は保護者1名同伴)
●時 間:10:00〜12:30(9:45開場)
● ファシリテーター:人見道夫(ネイチャーガイド風の道)
           高橋麻美(科学コミュニケーター)
           川端潮音(海の環境教育NPO bridge)
●内 容:イルカ・サンゴ・カニ・タコ・魚…。さまざまな海の生きものをテー
マとしたアクティビティで、自然の多様性や食物連鎖などを、身体と頭を使って
学びます。海の生きものの不思議を体感しながら、私たちと海のつながりを考え
ましょう!

【午後の部】海×先生〜「自ら学ぶ力」を引き出す教育デザインとは〜
●対 象:大人(18歳以上)
     ※海洋学習に関心のある指導者または指導者をめざす方など20名
●時 間:14:00〜17:00
●ファシリテーター:川嶋直氏(公益社団法人日本環境教育フォーラム理事長)
●ゲスト講師:中村泰之氏(世田谷区立世田谷小学校校長)
●内 容:≪海洋学習教材LAB to CLASS≫をきっかけに「学習者自らが学ぶ力」
を引き出すにはどのような工夫が必要なのか、対面学習の特性を最大限活用する
方法とは…人と人・自然・社会をつなげる専門家と、海が好きな先生をゲストに
お招きし、参加者とともに考えます。

【同時開催:展示コーナー】もっと知りたい!海の生きもの
9月3日〜7日の5日間、 港区立エコプラザにて、干潟・サンゴ礁の大型ジグソー
パズルやサンゴぬり絵コーナー、海の生きものクイズなど、海の生きものをテー
マにしたたくさんのLAB to CLASS教材で遊べます。6日(金)7日(土)は、北
里大学海洋生命科学部アクアリウムラボから、「ミニ水族館〜ほんものの海の生
きもの」がやってくる!

●申込み:事前予約制【先着順】 受付開始日8月3日(土)10時〜
以下、港区立エコプラザHPまたはお電話よりお申込み下さい。
https://minato-ecoplaza.net
TEL:03-5404-7764(受付時間 9:30〜20:00)

●プログラム内容についての問い合わせ
LAB to CLASSプロジェクト事務局(特非 海の環境教育NPO bridge)
http://www.npo-bridge.org  E-mail:info@npo-bridge.org

※本イベントは、日本財団「海と日本PROJECT」の一環で実施します。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック