CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«民主党議員連盟がヒアリング | Main | もはや遠くない協同労働法制化»
生活保護自給者就労支援を静岡で [2011年08月30日(Tue)]

ワーカーズコープ静岡就労支援事業所は、8月1日から、静岡県からの委託で「生活保護受給者等求職・職業訓練支援事業」を開始しました。この事業は、生保受給者と住宅手当受給者の就労支援事業を一体的に遂行する、全国初の事業になります。
 浜松(西部)、静岡(中部)、沼津(東部)に拠点事務所を置き、全県約2000世帯を対象に、それぞれ4人のスタッフと1人の統括責任者で運営。
 期間は来年3月までですが、ワーカーズコープ静岡就労支援事業所は、事業の継続と同時に、地域での仕事おこしにも挑戦するために5月から基金訓練を開講。静岡では5人、浜松では8人が受講しています。
 自動車産業や製造業が多い静岡での事業所開所に、「就労支援に専門的な力量を持っているワーカーズコープ」(静岡県担当者)「全国規模の協同組合が静岡にもできた。仕事の場を一緒につくっていきたい」(静岡大学)などの期待が。
 また、「全国的に雇用状況が厳しい中での就労支援事業」という点から、7月30日の開所式の様子を地域のメディアでも大きく取り上げられ、注目を集めています。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/256798

コメントする
コメント