CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

京都ピアノとうたの音楽ひろばさんの画像
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
http://blog.canpan.info/kyotoongakuhiroba/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kyotoongakuhiroba/index2_0.xml
1/31(土)、2/11(祝)、2/27(金)うたごえカフェオリーブ山が開催されました[2015年03月06日(Fri)]
270102olive.jpgご訪問ありがとうございます<(_ _)>

さて、京都市北区のオリーブ山さんで開催している「うたごえカフェオリーブ山」ですが、
1月は1回、2月は月2回の開催となりましたるんるん

1/31(土)「いつもと何かが違うオリーブ山(^_^?)」

実は、いつものあの方がいないし、あの方もあの方もいないのです。
そんな日もあるさ。
この日はソングリーダーが所用でお休みとなり、代わって、いつもピアノを弾いている代表のUが、ピアノを弾きながら司会をし、ソングリーダーまでしちゃうという、変わり種の回になりました。
しかも、ありがたい事にお客様で満席だ(/_;)
嬉しいけど、どうしよう(・・;)

ピンマイクを付けて、山ほど来るリクエストカードに気持ちがあせり、
お話しをしながらとなると、まあ、何というか進行の早いこと、早いこと\(◎o◎)/!
リクエストのあった歌を30分で10曲も歌ってしまいました。

すると、お客様でお見えになっていたNさんが
「僕でよければ何かお手伝いしましょうか?」とお声かけしてくださいました。
神様が助けてくれたんだ、きっと。ありがとう、神様ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

後半は、Nさんの司会&ソングリーダー、Uのピアノ、Sさんのギターで、あ〜exclamation×2これで、会場がぐっと落ち着いたような気がします黒ハート

2/11(祝)「いつものオリーブ山だ!(^^)!」

いつものメンバーが準備をし、いつものお客さんが来てくださって、そして、いつものソングリーダー。

英語の歌になると、別のソングリーダーに変わり、オーナーのTさんとの掛け合い漫才のような話しをしながら、うたごえカフェはいつものように進行していきましたるんるん

今回、みんなで覚える英語の歌は「広い河の岸辺〜The Water Is Wide〜 」です。
NHKの朝のドラマ「花子とアン」「マッサン」でも流れているこの歌、歌手のクミコさんの歌が特に有名です。
この歌は、約350年前のスコットランド(ケルト)の民謡とのことです。

2/27(金)「いつもギターを弾いている人が(^_^?)」

今回のソングリーダーは、いつもギター伴奏を担当しているIさんです。
初めてのソングリーダーに、Iさんはやや緊張ぎみですあせあせ(飛び散る汗)
会場は満席になり、簡易の丸椅子いすを追加し、歌集も足りなくなるような状態です本

外は雪雪が舞って、オリーブ山のガラス窓は外が見にくい状態。
「今日はこの天気ですし、お客様は少ないかもしれませんね〜」と話していたら、北から南から次々とお客様が来てくださいましたグッド(上向き矢印)

最初に、この季節にぴったりの「早春賦」を歌った後、
本日、最初のゲストは「タブレットで合奏するグループ〜花パソタッチバンドかわいい〜」です。

2015-01-15 15.45.21.jpg翌日に、タブレットで合奏全国発表会&交流会の本番を控え、予行練習として演奏をしに来てくださいました。
花パソタッチバンドは、当団体の代表が、タブレット合奏の演奏指導&楽譜編曲を担当しているサークルです。

タッチバンドのメンバーにぴったりの、グレーのおしゃれなベレー帽に、薄緑色のコサージュを付けて、
「ゆりかごの唄〜竹田の子守唄〜」と「モルダウ」を演奏しました音楽

こういった合奏を見たこともない方ばかりで、
「こんな良い音がこのタブレットから出るの?びっくりですね\(◎o◎)/!」
「打楽器も鳴らせるんやね。トランペットの音も本物みたい。」
お客様の注目を集めながら、花パソタッチバンドの演奏がオリーブ山に響きわたりましたぴかぴか(新しい)

次のゲストは、大谷大学の学生さんのSさん。
「green bird」京都チームの学生リーダーとして頑張っているSさんは、
毎月、新風館の周りをお掃除をしているグループの一員ですひらめき
4月から、北区の紫明通りでも定期的に清掃活動を行うことが決まり、その広報を兼ねて来てくださいましたるんるん

今回は、色んなゲストさんと、たくさんのリクエスト曲、そして、たくさんのお菓子バースデーの差し入れをいただき、(いつもいただいてばかりで申し訳ありません<(_ _)>)
オーナーご夫妻が受付、お茶の準備、英語の歌の解説などで、大忙しの1日となりましたダッシュ(走り出すさま)

終わった後、オーナーご夫妻とソングリーダーとピアニストの4人全員から
「ふう〜っ(=_=)」という声が漏れるほど、賑やかであっと言う間の2時間が終わりました。

次回、3月のうたごえカフェオリーブ山は、3/21(土)、3/31(火)です。
http://www.city.kyoto.lg.jp/kita/page/0000178643.html
宇治でのWAMタブレット合奏講座が終了して〜宇治スマイルバンドが誕生〜[2015年03月03日(Tue)]
uzismaile1.jpgご訪問ありがとうございます<(_ _)>
今日の京都市内は夕方からあいにくの雨雨今も降り続いています。

さて、昨年10月19日から宇治市でスタートした、WAM(独立行政法人福祉医療機構)助成事業の「タブレット合奏講座」が、本年2月1日に8回の講座を終了しましたペン

unnamed.jpgその後、2/28に開催の「タブレットで合奏発表会&交流会」に参加すべく、グループの名前を決め、グループ名は「宇治スマイルバンドるんるん」になりました!(^^)!

2月23日(月)には、西小倉地域福祉センターで活動なさっている、しらさぎクラブさんの会員さんの前で初めて演奏させていただきました。

頭に付けているのは、宇治のゆるキャラである「ちはや姫」と「ちゃちゃ王子ちゃま」、法被は宇治市観光協会のものだそうです。

unnamed2-1.jpg演奏とみんなで歌を歌い終わってから、4人がそれぞれ4つのテーブルに行って、みなさんにタブレットを触って音を出していただきました。

unnamed4-1.jpg恐々触っておられる方もおられて「びりびりと電気がきませんか」と言っておられる方もいらっしゃったそうですが、みなさんがとてもタブレットに興味を示されたそうです。

また、職員の方も「タブレットを持っているけどこんなことができるとは知らなかった」とおっしゃったそうです。

なお、8回の合奏講座の詳細については、NPO法人宇治大好きネットのホームページに掲載されております。

NPO法人 宇治大好きネット ホームページ
http://ujidaisuki.net/WAM/

「宇治タブレット合奏講座」は、WAM(独立行政法人 福祉医療機構)助成事業「シニアの孤立防止支援のために『タブレットで元気なシニアになろう』」を実施するNPO法人花パソの連携団体として参加する、NPO法人宇治大好きネットが実施した講座です。
http://www13.plala.or.jp/puratina/
2/4(水)「ここに来れば元気になれる〜シルバー懇カフェバー〜」に出演しました[2015年03月02日(Mon)]
ご訪問ありがとうございます<(_ _)>

気が付けば3月に入っていました。2月はあっという間ですね。もうすぐ京都市内のあちこちで、桜の花かわいいが満開になり、新学期・新年度もスタートいたしますグッド(上向き矢印)

DSC0118401.jpgさて、2/4(水)長岡京市のJR駅前にあるバンビオビルの長岡京市生涯学習センターで、「ここに来れば元気になれる〜シルバー懇カフェバー〜」が開催されましたるんるん

このイベントは、京都府地域力再生プラットフォーム事業「シルバーは街のお宝プロジェクト」の一つとして開催されたもので、私たちは今回2回目の御依頼をいただき出演したものです。

「みんなで歌おう!うたごえカフェ」と題した2時間のイベント音楽
参加いただいた方は、地域のシニアの方々、行政やNPO・同じように地域のシニアの交流に取り組まれている見学者の方々も入れて70名ほど。
部屋がムンムンするような熱気がありました。

DSC0117601.jpg13:30「うたごえカフェ」が始まりましたexclamation×2
まずは、全員で準備体操です手(グー)

冬の寒い時期でガチガチになった関節や筋肉が、少しづつ緩んでいくような、そんな印象がありましたいい気分(温泉)会議室で、しかも70名で一斉に行う体操は、なかなかのものでしたよ(*^^)v

DSC0118501.jpg準備運動直後から、ハイッ手(パー)と積極的なリクエストの声が、あっちからもこっちからも聞こえます耳

最初の1時間は、次々と途切れることないリクエストに応じて、童謡・唱歌・歌謡曲などをみんなで歌いましたグッド(上向き矢印)

その間、ソングリーダーのOさんが話す歌にまつわるエピソードや色んなお話に、お客さんが熱心に聞いて、時折笑い声が起き楽しい空間となっていましたぴかぴか(新しい)

DSC0118001.jpgソングリーダーというのは、ただ独りよがりに歌を歌ったり、歌が上手けりゃ良いというわけではなくて、

その日その場にいるお客さんに合わせ会話を楽しむ能力も必要ですし、時間を見ながら状況判断をしたり、主催者側と調整をしたり、イベントの進行力が問われますひらめき

DSC0119801.jpg今回、伴奏はピアノとギターですが、伴奏者も、ただ楽譜どおりにロボットのように弾いていたら良いのではありません。

聴いたこともない歌を初見で弾くことも、歌う人によってキーをその場で上げ下げして伴奏することも、私たちにとっては当たり前のことです。

ソングリーダーを常に補佐し、ソングリーダーの体調や状況を把握する必要もありますし、体調が悪ければ伴奏者が代わりに歌うこともあります。イベントを盛り上げるためには、伴奏者もサービス精神が問われます。

2時間のうたごえカフェの間には、喫茶タイム喫茶店があり、美味しいコーヒーと、授産施設の皆さんがお作りになったお菓子をいただきましたバースデー

カフェ休憩後は、しばらく絵本や歌を聴いていただく時間を設け、うた語り、独唱、ギターの弾き語りなどを楽しんでいただきました。

前回同様、今回も、シルバー懇カフェ実行委員会の皆さんが、設営準備から終了まで目を配ってくださったおかげで、70人ものシニアの皆さんが混乱する事もなく、全体の流れがスムーズで素敵なイベントとなりました。今回、2回目の出演を依頼してくださいまして、本当にありがとうございました!(^^)!また、お会いできますことを楽しみにしております黒ハート

27020401.jpg
27020402.jpg
「京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団」27年2月9日付けうたごえ新聞で掲載されました[2015年02月17日(Tue)]
270209utagoeshinbun.jpgご訪問ありがとうございます<(_ _)>

さて、「京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団」の記事が、平成27年2月9日付けのうたごえ新聞第2410号で掲載されました。

うたごえ新聞社 「今週のうたごえ新聞」
http://utagoe.gr.jp/journal/blog2/
1/21(水)伏見きょういく基地〜冬のうたごえ喫茶〜に出演しました[2015年02月06日(Fri)]
ご訪問ありがとうございます<(_ _)>
気が付いたらもう2月雪
この頃は、1週間が走り去っていくような忙しない毎日、そんな印象です(=_=)

kyouikukiti.jpg270121.jpgさて、1/21(水)京都市伏見いきいき市民活動センター家にあります、高齢者ふれあいサロン「伏見きょういく基地」で、冬のうたごえ喫茶が開催されましたるんるん

「きょういく基地」は、昨年7月12日(土)にオープニングイベントが開催され、私たちの団体は午後の部の「うたごえ喫茶」を体験していただくコーナーに出演させていただきましたカラオケ

この日のアンケートで、参加の皆さんから大好評の感想をいただいたことを受け、翌月8月27日(水)に「夏のうたごえ喫茶」が開催され、シニアと大学生が集うという、私たちもあまり経験のない交流の場に出演させていただきました晴れ
今回は、今年度3回目の出演で「冬のうたごえ喫茶」です。

この日もさむ〜い一日雪
そんな日に、ご近所のシニアの方、龍谷大学政策学部〜Ryu-SEI GAP〜のメンバーの皆さん、合わせて20名ほどが集まってくださいましたグッド(上向き矢印)

伏見いきいき市民活動センターさんfacebook曰く「 夏に大好評で、冬がまちどおしいという声のたくさんあったイベントです。」

今回はリクエスト大会音楽
事前に、参加希望者の方から歌いたい歌を聞いておいてもらって、その歌を当日みんなで歌っちゃおうという内容でした。

リクエストがあった歌の中には、シニアの人がこの歌をリクエスト(・・)?というような
歌もありました。
「〇〇くん、これ歌って欲しいなあ。
〇〇くんたちに歌って欲しいから、リクエストしといたのよ」
なるほど(^−^)ひらめき

27012102.jpg大学生もシニアの皆さんからのリクエスト、「世界に一つだけの花」を熱唱!
男性2人は少し照れくさそうに、周りはヤンヤヤンヤの大拍手ですグッド(上向き矢印)

大学生の女性二人にも、シニアからリクエストが来ました(^^)
「〇〇ちゃん、これこれ!歌声聴きたいわ〜」
「う〜ん、じゃあ、「花は咲く」と「涙そうそう」を前で歌います。」
マイクの前で歌うのは慣れているけれど、歌謡曲を生伴奏で歌うのは、あんまり慣れていないのかもしれません。
少し戸惑いながら、でもその澄んだ声はどんどん大きくなり、素敵な歌声になりましたぴかぴか(新しい)

シニアの方も、もちろん、自分たちの世代の歌をリクエストして、存分に歌ってくださいましたかわいい
リクエストがあった歌を歌っていると、大学生たちは目をぱちぱち目させて聴いたこともない歌の歌詞を追っかけたり、歌っているシニアさんの顔を見たりしていました。

この会場のうたごえ喫茶の大きな特徴は、シニアの方が歌をリクエストしてくださる時に「大学生も知っているような歌で」と言って、気遣いながらされることです。

27012103.jpg一見、気を遣わなきゃいけないから大変だよね、と思われるかも知れませんが、異世代が共に集う場には、こういった気遣いがあってこそだと思います。

お互いの存在を何となく気遣いながら、ひとつの空間、居場所を快適に作り上げるのは、家庭でもそうであり、今や3世代同居が少なくなった日本でも、昔からあった光景ではないでしょうか。

きょういく基地のうたごえ喫茶の場は、異世代がお互いを何となく気遣いながら、その事を楽しめる、とても素敵な居場所です黒ハート

今年度3回も出演させていただきました、京都市伏見いきいき市民活動センターの皆様、
シニアの皆さんと一緒に歌ってくださいました龍谷大学Ryu-SEI GAP(政策学部 公共施設の運営を通じた地域課題解決プログラム)の皆様、
またお会いできますことを楽しみにしております。
どうもありがとうございました<(_ _)>
1/19(月)「久世いきセンまつり」に出演しました[2015年01月27日(Tue)]
ご訪問ありがとうございます<(_ _)>

さて、1/19(月)京都市南区にあります「京都市久世いきいき市民活動センター」で、「久世いきセンまつり」が開催されましたるんるん

2612015minami.jpg私たちは、第1部(午前の部)の「みんなで楽しく歌を歌いましょう」に出演させていただきました。午前中は、センターの近くにあります、京都市久世保育所の子どもたちが参加するプログラムでした音楽
http://www.kuze-ikisen.com/schedule/index.html

「久世いきセンまつり」は、平成26年12月15日付けの、京都市市民しんぶん南区版のお知らせコーナーでも募集がされていたそうです。
(市民しんぶん南区版の紙面は、一部加工してブログに掲載しております)

27011906.jpg久世いきセンまつりは、10:30から始まり、最初にマジックショーがあり、その後、子どもたちの歌の発表がありました。子どもたちは、マジックショーを食い入るように見ており、次々と繰り広げられるマジックに大興奮をしていましたグッド(上向き矢印)



27011905.jpg自分たちの発表の時間になると、さっき大興奮していた子どもたちがスッと横一列に並び、保育所の先生の伴奏で歌を歌ってくれましたかわいい

見に来ておられた親御さんや関係者の皆さんが、ニコニコしながら写真を撮っておられましたカメラ


27011902.jpg私たちの出演は、10:50〜11:30の40分間でした時計

今回の出演は、ソングリーダーYちゃん、鍵盤ハーモニカOさん、ギター&カホンAさん、キーボードU、カメラ担当Mちゃんの計5名で担当しましたひらめき

まず、子どもたちのなじみのある歌をメドレーで歌いました。
知っている歌が多く、私たちの声より子どもたちの声が大きくなるほど、とっても元気な声で歌ってくれました。Oさん、Aさん、Uが担当しました。

27011903.jpg次は、うた語り「ソメコとオニ」演劇
OさんとAさんが行う、紙芝居でもなく、絵本でもなく、楽器と声だけの「うた語り」本
横で見ていると、子どもたちがお話しにぐぐっと入り込んでいく様子がよく分かりました。



27011901.jpg次は、手遊びとゲームのコーナーアートYちゃんとUが担当しました。
手遊びを交えた2曲は、歌を知らない子どもたちでもすぐ覚えられ、歌を2回繰り返すと、すぐ歌えるようになっていました黒ハート



27011907.jpgゲームコーナーでは、座りっぱなしでウズウズしていた、子どもたちがいよいよ立ち上がりました。
「きゃ〜exclamation×2」「勝ったあ〜exclamation×2
子どもたちの大歓声が起こるなか、ゲームを2回行いました。

最後まで残った子どもたちにはキラキラのメダルをぴかぴか(新しい)
全員の子どもたちにも、Yちゃん手作りの色とりどりのメダルをプレゼントしました。
残念ながらこの会に来られなかった子どもたちにも、プレゼントで差し上げました。

子どもたちと過ごした1時間半でしたが、楽しくて、賑やかで、こういう時間を過ごせることは平和だからだなあと改めて感じる1日でした(*^_^*)

京都市久世いきいき市民活動センターの関係者の皆様、本当にお世話になり、ありがとうございました。
1/17(土)京都市下京区で「うたごえカフェなごみ」が開催されました[2015年01月20日(Tue)]
270117.jpgご訪問ありがとうございます<(_ _)>

さて、1/17(土)京都市下京区の京都水族館近くにある「キッチンNagomi」さんで、毎月第3土曜日夜定例の「うたごえカフェ」を開催いたしました喫茶店

この日は、1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災から20年の節目の日でした。

お客様からの事前の御連絡で「しあわせ運べるように」のリクエストがありましたので、みんなで歌ってみました。

昨年1月のうたごえカフェでもこの歌を歌いましたが、20年の節目を迎えたこの日に、この歌を歌い、改めて色々な事を考えるきっかけになりました。

阪神淡路大震災から20年経っても、まだまだ解決されない問題が多くあることが、新聞などで報道されています。
東日本大震災でも同じようなことが繰り返されないように願っています。

10393765_718886561542668_2235339398777020429_n.jpgうたごえカフェには、兵庫県神戸市で開催された「阪神淡路大震災1.17のつどい」トゥギャザーマンプロジェクトに参加されていた、NPO法人Civil College むすびらきのHさんが来てくださいましたるんるん

透明のアクリル板で出来た「トゥギャザーマン」に、それぞれ被災地への思いを書き、「1.17神戸」「3.11石巻、仙台、福島」へ、未来への希望を、メッセージを届け、展示されるそうです。

この日、うたごえカフェに参加してくださったお客様やキッチンNagomiのスタッフさんと一緒に、トウギャザーマンメッセージを書きましたペン
途中で帰られた方もいらっしゃったので、先に書いていただいたら良かった、しまった!、とちょっぴり後悔しましたあせあせ(飛び散る汗)

2015-01-17 20.34.28.jpg2015-01-17 21.04.04.jpg2015-01-17 20.50.06.jpgお客様の中には、大学のプロジェクト科目で「高齢者と音楽の関係」を研究・実践し、その結果を様々な施設にリーフレットとして配ろうとされている、大学生グループの一人も来てくださいましたかわいい
http://pbs.doshisha.ac.jp/theme/2014/2014_12.html

NPO法人Civil College むすびらき facebook
https://ja-jp.facebook.com/pages/NPO%E6%B3%95%E4%BA%BACivil-College-%E3%82%80%E3%81%99%E3%81%B3%E3%82%89%E3%81%8D/106676679430329

270221.jpg2月のうたごえカフェNagomi

日時 2015.2.21(土)18時30分から21時まで

場所 キッチンNagomi(京都市下京区七条大宮)

会場へのアクセス 市バス七条大宮・京都水族館前下車、徒歩5分、
七条大宮交差点北西角を西へ200m、ワンにゃんランド七条大宮店さんのおとなり

参加費 無料(要ワンオーダー)
1/8(木)京都市伏見区で「みんなのうたごえカフェ」が開催されました[2015年01月12日(Mon)]
270108.jpgご訪問ありがとうございます<(_ _)>

さて、1/8(木)京都市伏見区大手筋にあります、みんなのカフェさんで1月の「みんなのうたごえカフェ」を開催いたしましたるんるん

朝から「みんなのうたごえカフェに参加したい」という問い合わせがいくつか入り、会場に行くのが楽しみでしたかわいい

「3人で行こうと思っているんやけど、場所はどのあたりですか?JRで行けますか?」
「近鉄で行くけど、駅から何分ぐらい?」
「両替町のどのあたり?」

27010803.jpg開始時間の15時が近くなると、次々とうたごえカフェのお客さんが集まってきてくださいました。

常連さんがお友達を連れて来てくださる場合が多く、ちょうど全員が椅子に座れる人数で15時を迎えるのが、不思議な特徴ですひらめき

お客様のなかには、京阪沿線の大阪府枚方市はもとより、兵庫県尼崎市、滋賀県近江八幡市からも「みんなのうたごえカフェ」に来てくださった方がいましたグッド(上向き矢印)遠方からも来てくださり本当に嬉しく思います。

2701080101.jpg「みんなのカフェさんのfacebookを見て来ました演劇

「うたごえ喫茶が好きで、近畿のあちこちのうたごえ喫茶を回っていて、一度ここに来てみたいと思ってやって来ましたexclamation

こんなに若い方が中心になって、歌声喫茶をされているところは他にはなくて驚きました。他はかなり高齢化が進んでいますねあせあせ(飛び散る汗)

「こういうカフェがあるのをうたごえ新聞で見た人がいて、その人に聞いて友だちを誘って3人で滋賀から来たの〜exclamation×2

皆様、遠方から来てくださり、本当にありがとうございます。
もちろん、いつも来てくださる常連の皆様の「みんなのうたごえカフェ」愛黒ハートにも支えられています。

Togetherman1.jpgこの日は、みんなのうたごえカフェに来てくださったお客様に、トウギャザーマンメッセージを書いていただきました。

このプロジェクトは、様々な団体やNPOが連携し行われているもので、 アクリル製の想いをつなげるキャラクター「トゥギャザーマン」に、阪神・淡路大震災20年の想い、または東北への応援メッセージを書いていただき、1・17神戸や3・11東北で皆さんからいただいたメッセージを書いたアクリル製のトウギャザーマンを、被災地で展示する取り組みだそうです。

IMG_0818[1].jpgIMG_0817[1].jpg私たちは、京都府避難者支援プラットフォームで共に活動をしている「NPO法人Civil Collegeむすびらき」さんから、このアクリル製のトウギャザーマンをいただき、今回お客様に記入いただいたものです。

「上を向いて歩こう、神戸・東日本」
「負けるな」
「心を開いて生きよう」
「命よ、人・動物・ふる里 輝け」
「共に生きよう」
「希望を持って」
「心晴れやかに」
「ファイト!負けないで頑張れ」
「心に歌を。明るく元気に」
「平成27年福徳重」
「共に。福島も神戸も願いはひとつ。一人一人の幸福を」
12/24(水)京都市山科区の「洛和デイセンター音羽クリスマス会」に出演しました[2015年01月10日(Sat)]
ご訪問ありがとうございます<(_ _)>

さて、昨年の12/24(水)、京都市山科区にあります「洛和デイセンター音羽クリスマス会」に出演させていただく機会がありましたるんるん

IMG_1433.JPG洛和デイセンター音羽家は、介護や支援が必要な方が、できる限りご自宅で自立した日常生活を送れるよう、体や精神機能の維持回復を図り、生きがいをもって、より生き生きと過ごすためのお手伝いをと、

音楽療法音楽や、デイセンターの庭を利用した園芸かわいいなどを行い、楽しみながら心身の活性化が図れるよう心掛けていらっしゃるそうですひらめき

また、隣の小学校の児童との交流に根ざした活動が行われており、楽しく家庭的な雰囲気のなかで、1日を過ごしていただけるようになっています黒ハート

IMG_1434.JPGさて、今回の「うたごえカフェ」の出演は、ソングリーダーO、ギター伴奏Iが担当いたしましたペン

会場へは、担当者の自宅から車車(セダン)で60分ほどで到着。

会場ではクリスマスグッズクリスマスを用意していただき、雰囲気が盛り上がりましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

ソングリーダーは、サンタ仕様のエプロンを付けて準備万端ですexclamation×2

利用者さんは、70歳代から90歳代までで、男性が3:女性が7の割合でした。
今回は、歌集からリクエストをもらって、皆んなで歌うだけではなく、2曲を同時に歌ってみたりしましたカラオケ
2曲を同時に歌うコーナーでは、利用者さんがものすごく楽しんでおられましたるんるん

IMG_1447.JPG途中には、うた語り「ソメコとオニ」を発表しました。利用者さんのお顔を見ての予想ですが、評判は上々だったように思いますぴかぴか(新しい)

会場ではクリスマスケーキが準備されており、私たちもごちそうになりましたバースデー
美味しかったです!(^^)!

後日、センターのAさんから、御礼のメールをいただきました。

「高齢の利用者の方では、1時間くらいのボランティアの催しであれば、
うとうとされてしまう方も結構多いのですが、バリエーションに富んだ内容で
していただけたので、そんな方も全くおられなかったのには、驚かされましたexclamation×2

 本当に本当に、急な依頼にも関わらず、快く引き受けて下さり、感謝の気持ちで一杯です黒ハート
デイセンターのスペースに限りがあり、中々制約も多かったとは思いますが、
ぜひぜひ、また機会がありましたら、ボランティアに来ていただければと思います。」

洛和デイセンター音羽のAさまをはじめ、職員の皆様、
今回は、同団体に出演を依頼してくださり、本当にありがとうございましたるんるん

「初めてピアノ、お久しぶりピアノ」の習い事支援が始まって1年2か月[2015年01月09日(Fri)]
hazimete03.jpgご訪問ありがとうございます<(_ _)>
新年が過ぎ、年賀状の送付がそろそろ落ち着いてきましたねメール

1昨年前(平成25年)11月からスタートした「初めてピアノ、お久しぶりピアノ」の東日本大震災避難者の大人・子どもさんに対する習い事支援るんるん現在、大人子どもを合わせ17人がピアノを習ってくださっています。
昨年4月に京都から東北に帰還されたご家族が2家族ありましたが、子どもさんの親御さんの口コミ・ご紹介のおかげで、昨年度同様の人数で行えています。

この度、教えている子どもたちから年賀状をいただきました!(^^)!
「ピアノ今年もよろしくおねがいします。」(Aちゃん)
「うまくなったよ」(Bくん)
「ぴあのがんばります」(Cちゃん)
「音楽が側にあるのは豊かでありがたいことです。こどもたちのこと、どうぞよろしくおねがいいたします。」(Bくんのお母さん)

hazimete01.jpg当初からレッスンの時に使っているシールの箱(入れ物)は、レッスン開始からちょうど1年、平成26年11月につぶれてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

箱のふたには、いろんな子どもたちが、休憩中にシールを貼って遊んでいた様子がわかります。

サルが次のサルと手をつなぎ、また次の動物へ・・・同じ子どもたちが貼っているのではないのです。
数珠つなぎのように、次から次へと子どもたちが遊びゴゴロで貼っていったものです犬

hazimete02.jpg習い事支援をしている中で、子どもたちからいただいたプレゼントがいくつかあります。

講師である代表の誕生日の時に、折り紙で花束かわいいを作って「はい、これ。うふふ、花束だよ。」

お顔を作って裏に講師の名前を書いて「ほら、〇〇〇(講師の名前)だよ〜!」

ボンドなどを使って手作りキットを作って「これつくってん、あげるわ。」

hazimete04.jpgスケッチブックに講師の顔をクレヨンで書いて「これ、ぴあののせんせ〜!」

昨年4月に、京都から福島に帰還した子どもさんがお手紙をくれたり。
昨年11月に仙台に「花は咲く」を歌いに行った時に、ご家族と再会したところ、
「せんせい、子どもが先生に手紙を書いて持って来るつもりにしていたんですが、家に忘れてしまって・・・・。」
(それじゃあ、写メに写して見せて欲しいなあ〜。現物は次回再会した時にいただきます(^^))

すべてが、この間習い事支援活動を行ってきた、大切な歴史であり、私たちの宝物です黒ハート

この事業では、東日本大震災避難者の方だけでなく、青少年(13歳から30歳まで)に対する習い事支援も行っておりますペン

「ピアノを習いたいけれど、お月謝を考えると習いたいと親に言いづらい」
「家にピアノがないから練習出来ない」
「毎日が仕事と家の往復で忙しく、毎週1回のレッスンに通えない」

ピアノがあることが当たり前の環境のご家庭もあります。
でも、どこのお宅にもピアノがあるわけではないのです。
ピアノが欲しくても、色んな事情で買えない、買わないご家庭もあろうかと思います。

そういった悩みをお持ちのご家庭や青少年の皆さんに対して、出来るだけそっと寄り添えるように、と思いながら、「初めてピアノ、お久しぶりピアノ」事業をぼちぼちと活動しております。

Youthlogo.jpgなお、この「初めてピアノ、お久しぶりピアノ」事業は、〜青少年の自立・成長を社会全体で支援する〜京都市ユースアクションプラン認証事業として許可されています。
http://ys-kyoto.org/youthactionplan/event/event.php?id=328

hazimete05.jpg昨年12月に「京都市ユースアクションイベントガイド(冬休み号)」が発行され、「初めてピアノ、お久しぶりピアノ」についても掲載してくださっていますメモ

このイベントガイド(冬休み号)は、京都市及び近隣の国立・府立・市立・私立の各中学校、各高等学校、四年制大学・短期大学、青少年活動センター、図書館、子ども支援センター、市施設などに、約25,000部配布されていますかわいい
| 次へ