CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ご訪問ありがとうございます。京都市内の音楽ボランティアグループ「京都ピアノとうたの音楽ひろば」です。子どもから高齢者のすべての世代の皆さまを対象に、音楽を通じて音楽に触れることの楽しみや、趣味への生きがいを感じていただけるような活動を行えればと思っております。
プロフィール

京都ピアノとうたの音楽ひろばさんの画像
<< 2014年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
http://blog.canpan.info/kyotoongakuhiroba/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kyotoongakuhiroba/index2_0.xml
10/18(土)&11/15(土)「うたごえカフェなごみ」が開催されました[2014年12月19日(Fri)]
261115.jpgご訪問ありがとうございます(●^o^●)

さて、京都市下京区七条大宮の、京都水族館の近くにある喫茶店&居酒屋「キッチンNagomi」さんで、毎月第3土曜日の夜に開催している「うたごえカフェなごみ」バースデー

かわいい10月は10/18(土)
かわいい11月は11/15(土)に開催いたしましたるんるん

会場の「キッチンNagomi」さんは、東日本大震災広域避難者支援団体のNPO法人和が運営するカフェ&居酒屋ですビール
「うたごえカフェ」の参加費を無料にしておりますので、その分、キッチンNagomiさんのお料理や飲み物を、たくさん飲んで食べていただければ嬉しく思いますバー

261115nagomi10-1.jpgるんるん11/15(土)は、歌がとっても大好きなご夫婦、手遊びがすごくお上手な女性の方、いつもの常連さんたちが来て下さり、昭和の歌謡曲、童謡、唱歌と、途切れることなく、たくさんリクエストをしてくださいましたカラオケ
終了時間の21時を過ぎても、まだまだ歌い足りず、気が付くと22時まで延長してみんなで歌い交わしました。

カウンターには、宮崎県からと、お隣の国の中国から来られた観光客お二人連れが2組いらっしゃいました喫茶店
「わあ、この歌!!ほらほら、懐かしいよね〜(*^_^*) 歌集をお借りしてもいいですか?」
「どうぞ(^^)」
「宮崎の歌で〇〇〇〇ってご存知ですか?」
「どんな歌ですか(??)」

ソングリーダーのMちゃんが、観光客の方たちも会話に巻き込んで、いつものように「うたごえカフェなごみ」は進行していきます。

宮崎県からお越しになった観光客のお二人にも、せっかくここに来ていただいた記念にと、当団体のチラシをお渡ししました。その中には、京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団に対する協力支援金のお願いのチラシと封筒も添付しておりました。

お食事を済ませお帰りになる時「あの、これ、良かったら使ってください。」と支援金の入った封筒を渡してくださいました。
「ご住所、お名前を教えてください。お礼状をお送りしたいので是非!!」と言うと、
「名乗るほどでもありませんので(*^_^*)」と言って、お店を後にされました。

観光客の方にまで温かい支援をいただいたおかげで、仙台行きの支援金が集まり、5人の避難者の皆さんの仙台までの往復の交通費になりましたぴかぴか(新しい)
「宮崎県から来てくださったお二人へ
京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団に対しまして、協力支援金をいただき、本当にありがとうございました。感激しました黒ハート

261115nagomi5-1.jpgこの日は、2階で10人ほどの親子連れがお食事に来ておられましたレストラン
このグループがご予約をされた時に、キッチンNagomiさんから「この日は1階でうたごえカフェというイベントをしているので、音がうるさいかもしれません」とお話しをされたところ、
「僕たちも聴かせていただいたり、参加させていただいてもいいですか?楽しみにしていますexclamation×2

うたごえカフェが始まると、二階から数人の子どもたちが歌いに降りてきました。
これも、キッチンNagomiならではの「うたごえカフェ」の一風景ですひらめき

「子どもたちは、おおシャンゼリゼが好きなんですよ!」
「へえ〜?そんな難しい歌をよく知っていますね?」
「やきいもグーチーパー知ってるかあ?」
「それなら分かるっ!踊れるで〜ヽ(^。^)ノ」

子どもたちやお父さん、お母さんが、うたごえカフェ休憩中に1階に下りて来て、リクエストをしてくださり、4,5曲みんなで歌いました。
「あ〜本当に楽しかったです!!子どもたちも楽しそうに歌って踊って、来て良かったです。ありがとうございました。」

261220.jpg12月の「うたごえカフェなごみ」

日時 26年12月20日(土)18:30〜21:00*時間延長あり

場所 キッチンNagomi
(市バス 七条大宮・京都水族館前下車徒歩5分。七条大宮北西角交差点を歩道沿いに200m西へ。わんにゃんランド七条大宮店、レコード屋さんの間にあるお店です。)

内容 歌謡曲、童謡、唱歌など、所定の歌集からリクエストをしてもらい、キーボードとギターの生伴奏でみんなで一緒に歌います。気分は生カラオケカラオケもちろん、マイク片手にお一人で歌うのもOKです。

参加費 無料(必ずワンオーダー以上をお願いしております。)
11/6(木)&11/29(土)「11月のうたごえカフェオリーブ山」が開催されました[2014年12月18日(Thu)]
26111501.jpgご訪問ありがとうございます<(_ _)>

さて、京都市北区で、11月の「うたごえカフェオリーブ山」が開催されましたリボン

11/15付けの「市民しんぶん北区版」に、11月と12月の「うたごえカフェオリーブ山」の予定を掲載してくださいましたるんるん

かわいい11/6(木)の回に初めて来てくださった方は8人exclamation×2
かわいい11/29(土)の回は10人exclamation×2

261106.jpg2回ほど来てくださった方が、今回は友だちを連れて来てくださったりグッド(上向き矢印)

他でうたごえ喫茶をされている方たちが、歌いに来てくださったりグッド(上向き矢印)

北区つながるワークショップで同じ班になった方たちが来てくださったりグッド(上向き矢印)

本当にありがたいことに、「うたごえカフェオリーブ山」に参加してくださる方がどんどん増えてきております黒ハート

26112904.jpg会場のインテリアで癒される方、音響の良さを喜ばれる方、楽器そのものの質の良さにうなる方、参加人数に対して適度に余裕のある広さをありがたいとおっしゃる方、そしてオーナーの穏やかなご主人と明るい奥様とのお話を楽しみにされている方。

IMG_0277_1.jpg色んな理由があろうかと思いますが、
「うたごえカフェオリーブ山」は、非常にリピーター率が高い会場となっていますぴかぴか(新しい)

「一人で歌うのではなくて、みんなで歌うから楽しいんです。」(元宝塚歌劇団におられた方)

「いつもピアノに一番近いところに座って、先生のピアノ伴奏を聴くために来ています。自分も先生のようにもっと上手く即興で伴奏がしたいので、ここで勉強しています。」(元小学校の先生)

「主人の転勤で京都に来ましたが、何となく居心地が悪いようなよそ者のような感じがしていました。ここの場に来させていただいてから、京都に居場所が出来たような気がします。」(左京区のNさん)

2612olive.jpg12月の「うたごえカフェオリーブ山」〜うたごえクリスマス〜

日時 平成26年12月20日(土)12:30〜15:00
場所 オリーブ山
(北大路新町北西角交差点を100m上がる、向かいにお風呂屋さん、北隣に八百屋さん)
地下鉄北大路駅・市バス北大路バスターミナル下車西へ歩いて10分弱
市バス北大路新町、堀川北大路下車歩いて5分程度

参加費 500円(お菓子、飲み物持ち込み自由)
内容 いつものように、皆様からいただいたリクエスト曲をたくさんみんなで歌っていきますexclamation×2

*開始時間がいつもより30分早めです。
11/23(日)京都府立植物園で「あすKYOフェスタ」が開催されました[2014年12月16日(Tue)]
261123asukyo1.jpgご訪問ありがとうございます<(_ _)>

さて、11/23(日)京都市左京区の京都府立植物園で「あすKYOフェスタ」が開催されましたかわいい

「あすKYOフェスタ」は、明日の京都づくり府民会議の主催で行われた京都府のイベントですぴかぴか(新しい)

私たちの団体は、京都府避難者支援プラットフォームの一員として、「東日本⇔京都つながりカフェ」のブースで、「みんなで歌おう!うたごえカフェ〜京都と東北を結ぶみんなのステージ〜」を担当させていただきましたるんるん

261123asukyo2.jpg私たちが行う「うたごえカフェ」は、朝・昼・午後の計3回のステージを行い、

これ以外にも、避難者支援の主旨に賛同してくださった7つの音楽グループに出演いただいて、うたごえカフェの中で演奏をしていただきました。

PB230017.JPGPB230070.JPGPB230027.JPGPB230078.JPG
「みんなで歌おう!うたごえカフェ」は、毎回30分〜40分のステージで、植物園にお集まりの皆さんに歌集本の中からリクエストをいただいて、みんな一緒に歌うというものですひらめき

11月下旬というのに、半袖でも汗ばむほどの最高のお天気晴れ

私たちのブースの横には、美しく紅葉したもみじの木。その何と美しい色exclamation×2

かわいいもみじの木の写真を撮りながら、見てくださる方たち
かわいい子どもたちと、おじいちゃんやおばあちゃんと、一家全員で座って聴いてくださる方たち
かわいい飲食ブースでケーキを食べながら聴いてくださる方たち

うたごえカフェのブース周辺に集まる人数は、お昼間から午後にかけて、ものすごい人数で増えていきましたグッド(上向き矢印)
あまりに増えたため、観客用の椅子が足りなくなり、他のブースから持ってくるという、嬉しいハプニングもありました。

今回のうたごえカフェには、以下の団体がボランティアで参加してくださいました。
・沙羅双樹
・まり&しげ
・紙芝居(東さん&明智さん)
・女声コーラスむぎ笛
・仁和地域包括支援センターオカリナサークル ルピナス
・Nazuki
・アンサンブルアルバ

「みんなで歌おう!うたごえカフェ」終了後は、
中央舞台で、フィナーレとして「世界がひとつの家族のように」の演奏を、この歌の広め隊の皆さんや避難者支援プラットフォームの皆さんと一緒に行いました。
当団体のメンバーが指揮、ピアノ・ギター伴奏、ボーカルを担当いたしました。

*YOUTUBEの画像は演奏者が記録したものであり、中央舞台からやや左寄りに画像が固定されています。舞台全体を写したものではありませんのでご承知おきください。



京都人権啓発推進会議ホームページ「世界がひとつの家族のように」
http://www.jinendo.co.jp/sekaigahitotsunokazoku/

京都府ホームページ「平成26年度あすKYOフェスタ開催結果について」
http://www.pref.kyoto.jp/asu-fuminkaigi/asukyo.html
「京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団」がうたごえ新聞に掲載されました[2014年12月12日(Fri)]
20141215utagoe2.jpg
ご訪問ありがとうございます<(_ _)>

今日の京都市内は、より一層底冷えがする寒い1日になりました。

さて、去る11/24(月・祝)宮城県仙台市で開催された「日本のうたごえ祭典INみやぎ」について、12月15日付けの週刊うたごえ新聞に掲載されていましたペン

261215utagoe1.jpg261124photo.jpg






新聞の4ページ、5ページには「合唱発表会、オリジナルコンサートの総評」が掲載されており、

私たち「京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団」が出場した「交流の部U」の総評では、私たちの事が写真入りで掲載されていましたるんるん

また、うたごえ新聞ホームページでは、カラー写真も掲載されていました映画

交流の部は、順位はありませんが、審査委員の講評をしていただけます。
審査委員の講評をご紹介します。


京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団 
「花は咲く」

10367586_556532364491861_8360789376266562980_n.jpg「京都と東北が気持ちをひとつにして歌うこの演奏は、決して上手ではないのに、とつとつとして声がつながっていて、感動物です。
気持ちがつながれば、うたにきちんと反映される、ということを改めて思いました。涙が出ました。
これがうたごえ運動の真ずいと思います。すばらしい。」
(斎藤清巳さん)


10426543_553089758159596_842547375899061021_n.jpg「まっすぐな歌声が、しみじみと心に沁みわたりました。
被災者の思いを表し、心を1つにするのに「花は咲く」という歌が大きな力を持った。
そのことを大切にして、歌い続け、
そして、行動に移していかなければならないと心にきざみました。感動して涙があふれました。

思いを風化させない!!そう思いながら日々活動している人はたくさんいます。
でもいくらなっても充分ではないでしょう。
もっともっと皆で力を合わせていきたい。」
(金田まり子さん)


11596_553089718159600_5606338285315872358_n.jpg「すばらしい歌声でした。
笑顔で戻られる日が一日も早く来ますよう、京都はじめ関西、全国に歌で発信し続けて下さい。『まだ震災復興は終わっていない』と。」
(前田千枝子さん)



10556280_553089754826263_31733000386694526_n.jpg「ギターが入るだけで、伴奏と言うものが色彩かになりますね。
子どもからおじいちゃんまでたくさんの人が集まる、というところが好きです。
一つの家族や、街と同じですね。
小学生でしょうか、3人の元気な声も聞きたかったです。
家庭には子どもの声もあった方が、辛いことがあっても明るさが見えるでしょう。
緊張してしまったり、悲しくなったりもしていたのかもしれませんね。
ステージに立てただけでも自信を持っていいですよね。」
(倉島研さん)


26062203.jpg「京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団」に対しまして、
京都府内外の多くの皆様方からご支援・ご援助を賜りました。
関わってくださいましたすべての皆さまに、厚く御礼申し上げます。

10367805_553089858159586_6441579907879995074_n.jpg604163_556541061157658_4985661608820968161_n.jpgFullSizeRender(1).jpg一般社団法人みんなの手の西山祐子さんをはじめIさんやHくんやみんなのカフェのスタッフの皆さん、
一般社団法人名取復興支援協会のOさん、
名取市小塚原北自治会の19名の皆さん、
東日本大震災後京都に避難して、初めて仙台に帰られたOさんと仙台在住の娘さんのKさん、
同じく初めて仙台に帰りご主人やお母さんと久しぶりに再会したRさんご家族、
被災後京都に避難して26年4月に福島に帰還なさったYさんご家族、Eさんご家族


260831.jpg26062202.jpg26030604.jpg京都府避難者支援プラットフォームのHさん、Mさんをはじめ構成員の皆さん、NPO法人京都一歩の会のMさん、
合唱団ぱれっとの皆さん、京都ひまわり合唱団の皆さん、
みんなのカフェ英語クラブの皆さん、花パソタッチバンドの皆さん

261103otya2.JPG私たちの事を素敵な記事にしてくださいました、京都新聞社のHさん、うたごえ新聞社さん、

協力支援金をくださった100人を超える皆さん
クラウドファンディングREADY FOR?で支援の申し出をしてくださった皆さん
facebookで「いいね!」をしてくださったり、記事をシェアしてくださった皆さん
ツイッターでリツイートをしてくださった皆さん

DSCN0863.JPG支えてくださった皆さんは、私たち「京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団」の大切な仲間であり、京都と東北を結んでいるお一人です。

東日本大震災を風化させないよう、私たちは、今後も「花は咲く」を歌い届けてまいります。
今後とも、ご支援・ご援助をよろしくお願い申し上げます。

京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団 
京都ピアノとうたの音楽ひろば 代表 上平 知子

10/25(土)&11/29(土)「こどもうたごえカフェ」が開催されました[2014年12月11日(Thu)]
261129mamako.jpgご訪問ありがとうございます<(_ _)>

さて、10/25(土)&11/29(土)京都市下京区の京都水族館近くにある喫茶店「キッチンNagomi」さんで、こども向けのうたごえカフェ「こどもうたごえカフェ」を開催しましたるんるん

「こどもうたごえカフェ」は、キッチンNagomiのスタッフさんで、避難ママさんが主催の「ママとコドモタチのためのママコサロン」と共催で、毎月最終土曜日に行っていますかわいい

261025kodomo.jpg
10/25(土)は、京都市内で活動する地域の合唱団「京都ひまわり合唱団」の有志の皆さんに来ていただいて、「ぞうれっしゃがやってきた」の紙芝居をしていただきましたアート

261129kodomo1.jpg11/29(土)は、子どもたちが自ら椅子を運んできて、椅子を並べ、座って落ち着いて歌える態勢にしてくれる所からスタートしました(子どもたちも成長したなあ〜(^^))

久しぶりに来てくれたKKちゃん姉妹が成長して、背も高くなっていました!(^^)!
「Kちゃんも、Kちゃんも、ほんまに大きなったなあ〜黒ハート

すず、タンバリン、たいこ、小さなフライパン、それぞれが鳴り物を持っています。

子どもたちが「せんせ〜このうた歌いたい!」とリクエストをしてくれて、
まずは、リクエスト曲を皆んなで一気に歌いましたグッド(上向き矢印)

「Kちゃんのリクエストばっかりでずるい(+_+)」
「は〜い!じゃんけ〜ん」
ソングリーダーのAさんの優しい声が響いています。
「せんせ〜、次はこれにしよう!」
(歌を歌っている時は、写真を撮る暇が無く、その場面の画像がありません(/_;))

261129kodomo5.jpg次は、絵本本に、カルタに、折り紙。
Aさんや保育士さんの周りに、子どもたちが集まってきます。

折り紙の周りには、いくつもの手裏剣が出来ていました。
「せんせ〜こうやって飛ばすんやで(^−^)」
「あっそうなんやひらめき(知らなかった(+_+))」

261129kodomo2.jpgこの日は、ママたちは外でポージングをして歩き方のワークショップに参加されていたので、

京都市北区で一時預かりをされている「はいびすかすKIDS」の保育士さんが来てくださって、子どもたちの見守りをしていてくれましたぴかぴか(新しい)

261129kodomo6.jpg
261129kodomo4.jpg紙芝居はUが担当。お話ししているうちに、Uが笑い転げる一幕もあり。
そんな面白い紙芝居だったのかしら・・(^_^;)

次回、キッチンNagomiさんでの、12月、1月のママコサロンはありません。
(他の会場で開催されている場合がありますので、キッチンNagomiさんにお問い合わせください)

まるで自分の子どものような、このカワイイ子どもたちに次に会えるのは、2月雪ですexclamation×2
11/9(日)仁和福祉団体連合会のふれあい会食会で「うたごえカフェ」が開催されました[2014年12月04日(Thu)]
0.jpgご訪問ありがとうございます<(_ _)>

さて、11/9(日)京都市上京区にあります京都市立仁和小学校ビルの多目的ホールで、

仁和福祉団体連合会主催による「ふれあい会食会」が開催され、演目として私たちの団体が「うたごえカフェ」をさせていただきましたかわいい

IMG_0630[1].JPG会場はまるで体育館のような大きなホールです。校舎の隣に大きな体育館がありました。

音響もしっかり整備され、たくさんのマイクセットと、グランドピアノもある素敵なホールでするんるん

今回は、70歳以上のシニアを対象とした会食会レストランとのことで、来賓の方や、事務局の方々を含めると70名以上の方がおいでになっていました。

「うたごえカフェ」の前には、仁和小学校ウィンドアンサンブル部の演奏るんるんや交通安全車(セダン)のお話がありましたexclamation

今回の担当は、ソングリーダーのU、ピアノのSさん、ギターのIさんという、いつもとは少し違った、ある意味初顔合わせの「うたごえカフェ」になりましたぴかぴか(新しい)

「うたごえカフェ」では、事務局の方々が事前に出席者からリクエストを聞いてくださっていたので、その曲を中心に、40分間ほど、みんなで一緒に楽しく歌いましたグッド(上向き矢印)

マイクを持って行くと、自分でマイクを持って歌ってくださる方やカラオケ、その歌についての思い出話などを語って下さる方もいらっしゃいました。

また、リクエストも次々としてくださり、ソングリーダーが人の輪の中に入っていくだけでなく、事務局の方がマイクを持って会場ビルを回って、シニアの皆さんにマイクを向けてくださるなど、色々配慮してくださいました。

うたを歌った後は、参加者の皆さんは美味しい食事とおやつをいただく会食会となり、私たち3人もいただくことになりました。
小学校の調理室でお作りになったという、お味噌汁がお母さんの味のように優しく温かくて、美味しかったです。
どうもごちそうさまでしたかわいい

10367586_556532364491861_8360789376266562980_n.jpgまた、会場で、京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団の協力支援金のお願いをしたところ、多くの参加者の方から、支援金をいただきました<(_ _)>

チラシに封筒を付けて配り、内容をご説明した後、会食会になりましたが、
控室で食事をいただいていると、事務局の皆さんが次から次へと賛同金の入った封筒を持って来てくださいました。
皆様の心あたたまるお気持ちにとても感激いたしました。
本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)

今回のイベントは、京都市仁和地域包括支援センターさんで先に開催した「ぼちぼち秋の音楽会」でのうたごえカフェの際に、仁和福祉団体連合会会長のUさんが出演依頼のためにおいでくださって、実現したものですひらめき

Uさんをはじめ関係者の皆様、どうもお世話になりました。
また、皆様にお会いできる日を楽しみにしております。
11/5(水)紫竹児童館で「ピアノとうたの音楽ひろば」が開催されました[2014年12月02日(Tue)]
ご訪問ありがとうございます<(_ _)>

今日の京都市内は一気に冷え込みました雪
暖房の温度設定を上げよういい気分(温泉)とつい手が出て、カイロを開け、着ている物を2枚増やしブティック
それでも「あ〜さむあせあせ(飛び散る汗)」というような、そんな一日でしたバッド(下向き矢印)
もう一度言わせてくださいね。「あ〜さむあせあせ(飛び散る汗)

26110501.jpgさて、京都市内がまだ温かかった11/5(水)、京都市北区にあります京都市紫竹児童館で、「ピアノとうたの音楽ひろば」のイベントをさせていただきました。

京都市紫竹児童館は、平成10(1998)年04月01日に設置された児童館で、学童クラブ、母親クラブ、幼児クラブ、あそびの広場、わくわくキッズなどの事業を行っておられます家

今回は、紫竹地域女性会が、今年度、新たに行う「子育て支援事業」の一環として、その第1回イベントで当団体に依頼いただいたものです。

26110503.jpg乳幼児の保護者の皆さんには、事前にチラシや児童館だよりが手渡されていたそうで、興味を持ってくださった親子が当日参加されるという流れになっていました。

「お母さんたちが元気になれるプログラムをるんるん
これが、このイベント「ピアノとうたの音楽ひろば」のコンセプトでしたひらめき

子育て支援事業となると、どうしても、子どもたち向けのものが多くなるように思うのですが、
お母さんたちが元気でいることで、子どもたちの笑顔がさらに増す、と思っていますかわいい

26110504.JPGあくまでも私たちの主観ですが、子どもたちは、日々、お父さん、お母さんの顔色を伺いながら、ご機嫌を肌で感じながら、毎日を生活しているように思います。

お父さん、お母さんがストレスを感じたり、元気がないと、それを感受性豊かな子どもたちがそのまま受け止め伝染し、子どもたちの毎日の生活に影響が出るのではないか、と感じています。

今回のイベントは、お母さんを元気にすること、ストレスを発散してもらうことに着目したイベントにしたい、と思いましたるんるん

このイベントを行う前に、そのような自分の思いを児童館の職員さんにお話ししたところ、
「そういった事を目的にしたイベントにして欲しかったんです。お話を聞いて安心しました。」
と、喜びのお返事をいただきました。

26110502.jpg当初の参加見込みは10組の親子の参加でしたが、ふたをあけてみると17組の親子が参加してくださいましたグッド(上向き矢印)

地域女性会の担当さんでシニア世代の方たちが3人見守りに入って下さり、「ピアノとうたの音楽ひろば」がスタートしましたぴかぴか(新しい)
まずは、女性会の皆さんも知っている歌からスタートですexclamation×2

今回、一緒にソングリーダーを担当してくれたのはYちゃん。
元保育士で、ご自身も2歳半の子どもを持つお母さんです。

この日、子どもさんは幼稚園デビューをしたという記念すべき日に、Yちゃんはソングリーダーデビューをしました黒ハート

「子どもが出来てから一回もカラオケカラオケに行けなかったけど、今日はマイクを持って歌えて、ストレス発散になったわ。
久しぶりに子どもたちを目の前にめっちゃ緊張したけど、あ〜楽しかった。
Tちゃん、こんな機会を与えてくれてありがとう〜exclamation×2

ソングリーダーのYちゃんは、「ハナミズキ」や「世界にひとつだけの花」など、歌謡曲のソングリーダーを担当しましたかわいい

また、後半は、自身の子育て体験や、保育士として経験をお話をしてくれたり、子どもたちとお母さんたちに手遊びを教えて、楽しませてくれましたリボン
イベントが終わった後も、お母さんたちが個人的にYちゃんに質問するなど、新たな交流が生まれていましたぴかぴか(新しい)

このような機会を与えてくださいました、紫竹地域女性会のSさんをはじめご担当の皆様、
楽器、音響、設営などご協力いただきました、京都市紫竹児童館のM館長をはじめ職員の皆様、
本当にお世話になり、どうもありがとうございました。
11/24全国合唱発表会参加者の声「仙台市内は震災前と全然変わっていないように思いました」[2014年12月01日(Mon)]
image4.jpg 震災から3年9か月。

震災後初めて、「京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団」で「花は咲く」を歌うために、故郷である仙台市に帰った、中学生のAさんに感想を聞きました。

「仙台市内は、震災後初めて帰りましたが、震災前と全然変わっていないように思いました。

仙台の自宅は、父が先に帰って、半壊した自宅の掃除などをしてくれていました。
24日の合唱発表会当日は、母と弟と歌い、父と祖母が見に来てくれました。

祖父母は福島に居ますが、線量が高いので、福島では会うことができず、
家族は別の場所で会うことがほとんどです。

24日は、歌い終わり、翌日が学校だったので、すぐ新幹線に乗り、
24日の20時ごろに京都に着きました。」

Aさんが感じた「仙台市内は変わっていなかった」というのは、自分自身も感じたことです。
本当に震災があったのだろうか、仙台市内を見ているとそんな風に感じました。


10/31からREADY FOR?のサイトで始まったプロジェクト
「故郷を離れた今だからこそ、仙台で「花は咲く」を歌いたい」は、震災後京都に避難をし、一度も故郷に帰っていない方々に帰省していただくきっかけとなりました。
今後も、京都府内で、東日本大震災を風化させないためにも、私たちは「花は咲く」を歌い届ける活動を行っていきます。

https://readyfor.jp/projects/minnanocafeharmony

12月1日現在、READY FOR?の寄付は、10名の皆様から、78,000円の支援を約束いただいております。
また、協力支援金は、100名を超える皆様から、103,586円の支援をいただいております。
多くの皆さまのご支援に、心から感謝申し上げます。

11596_553089718159600_5606338285315872358_n.jpgしかしながら、避難者さんの交通費や参加費を負担するには、もう少し寄付や協力支援金が足りません。

皆様のお力を是非貸してください。
どうぞよろしくお願いいたします。

京都ピアノとうたの音楽ひろば 代表 上平知子
10/18(土)&10/29(水)「うたごえカフェオリーブ山」が開催されました[2014年11月30日(Sun)]
2610olive.jpgご訪問ありがとうございます<(_ _)>

まだまだ、10月のイベントは盛りだくさん。遅くなりましたが、備忘録も兼ねて、どんどん紹介させていただきます(*^^)v


かわいい10/18(土)は24名
かわいい10/29(水)は27名。
20人〜30人の人数での開催は、全員からのリクエストにお応えでき、会場も行き来が狭くなく、窮屈さを感じさせない空間になっています。

英語の歌が多い10/29(水)のうたごえカフェでは、英語の歌のソングリーダーOさんと、英語の発音や意味を教えてくださるオリーブ山のオーナーTさんの、漫才のような掛け合いが、会場の笑いを誘っていましたるんるん

2610olive.jpg童謡、唱歌、歌謡曲、英語の歌など、全員のリクエストが全部歌えるよう、ソングリーダーのMちゃんが時計を見ながら、段取り良く進行していきます。

途中に休憩タイムいい気分(温泉)をはさみ、お客さんが協力してお茶を配ってくださり、その後は、当団体のメンバーの歌をお聴きいただくのがいつもの流れになっています音楽

2610olive2.jpg29日は、京都市北区役所「北区民まちづくり提案事業」担当のSさんが来てくださいました。

北区役所のSさんが「うたごえカフェ」においでになった感想を寄せてくださいました。

「参加者のみなさんが本当に楽しんでおられるのを拝見して、楽しい気分になりま
した。私もひさしぶりに歌を歌うということをしたような気がします。せっかくあんなすばらしい場があるので、できるだけたくさんの方に、「うたごえカフェ」について知ってもらいたいと思いました。また、広報等お手伝いさせてください。」

北区民まちづくり提案支援事業ロゴ(カラ―).jpg「うたごえカフェオリーブ山」は、平成26年度北区民まちづくり提案事業として採択されています。

平成26年7月29日、採択が決定され、8月13日には北区役所で認定式が行われました。

「うたごえカフェオリーブ山」は採択された24の事業のうち、1番最初に認定されたものとして、認定式でトップで認定書を受け取りました。

その模様が、市民しんぶん北区民版や北区役所HPで掲載されています。

京都市北区役所「北区民まちづくり提案事業の活動紹介」http://www.city.kyoto.lg.jp/kita/page/0000174819.html

京都市北区長の日記 8月14日http://www.city.kyoto.lg.jp/kita/page/0000171292.html

私たちの事業は、毎回参加者からいただく参加費で補えない経費部分、今年度に新たに事業拡充をした1回分の開催費だけを、今回、北区民まちづくり提案事業として申請しております。

京都市民、北区民の皆さんの貴重な税金を投入していただいて行っている事業です。
身の引き締まる思いで、今後も「うたごえカフェオリーブ山」事業を行っていきたいと思っています。
皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。
10/30(木)「久御山町障がい者の集い」に出演しました[2014年11月28日(Fri)]
IMG_429001.jpgIMG_429501.jpgご訪問ありがとうございます(*^^)v

遅くなりましたが、10月の出演分を備忘録として次々UPしています。久御山社協さん、遅くなってすみません。


10/30(木)久世郡久御山町役場コンベンションホールビルで、「障がい者の集い」が開催されましたるんるん

この集いは、(社福)久御山町社会福祉協議会が主催するもので、

会場には、作業所に通所なさっている方々や、地域の障がいを持つ方々、要約筆記さん、職員さん、支援者の方々など、約80人程が集まっておられました。



26103003.jpg私たちは、和音くみやま作業所の皆さんの発表の後に「みんなで歌おう!うたごえカフェ」を行いました。

午前中には、応援合戦や玉入れ、パン食い競争など運動会が行われており、選手宣誓も最初に行っておられたそうです手(パー)

考えてみると、久御山町役場の5階で運動会が出来るなんて、驚くべきことかもしれませんグッド(上向き矢印)

うたごえカフェは、概ね40分ほど行い、参加いただいた皆さまからリクエストをいただいて、みんなで歌いましたかわいい

IMG_429901.jpg最初は、席で見ているだけの人たちも、時間が経つにつれてリクエストが出てきましたひらめき

舞台の真ん中でマイクを握って歌う方カラオケ

自分の席で振りをしながら歌う方カラオケ

せっせせっせと、歌詞や私たちが話していることを書いてくださっていた要約筆記さんペン
支援者の方々も、障がいのある皆さんを見守りながら、一緒に歌い交わすステージになりましたexclamation×2

26103002.jpg26103001.jpg「障がい者の集い」は、広報くみやま10月号で事前に広報がなされ、参加募集がされたそうです。

終了後、久御山社協さんから、DVDと写真をいただき、画像を見てみると、どれも素晴らしい写真でした。

(社福)久御山町社会福祉協議会のN常務理事、Oさん、職員の皆さま、私たちをご紹介くださった久御山町老人クラブ連合会のWさん、関係者の皆様に御礼申し上げます。
どうもありがとうございました<(_ _)>
| 次へ