CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

京ことばブログ

「京ことば」や「京の暮らし」について、「京ことばの会」のメンバーの方々から学んだこと、そして私自身が気付いたことを、お伝えしていきたいと思います。ひとにやさしいコミュニケーションのエッセンスを探求中♪♪ はてさて「京ことば」にはどんなエッセンスがあるでしょうか。。。


Top
<< 2013年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
京ことばのお話会に行ってきました [2012年10月13日(Sat)]
 長らくのごぶさたをお許しください。3か月ぶりの投稿です。

 9月の終わりに「よろしおすえ京ことば」に行ってきました。 食欲の秋。 京の食に関するお話をうかがいました。

 京都に暮らして、近所のスーパーに行って驚いたのが、京都の伝統野菜コーナーがあることだ。奈良に住んでる時には、普通のスーパーでは見かけないような、京都の伝統野菜が売ってあって、京都らしさを感じたものだ。

 京の伝統野菜は、41品目。賀茂なす、堀川ごぼう、伏見唐辛子といったように地名が付いているのがおもしろい。伝統野菜の中でも、よく店頭に並んでいるものには、ブランド京野菜として「京マーク」シールが張られている。(伝統野菜や京マークについてはこちら
きょと__.JPG 
 会では、実際の伝統野菜を見せていただいた。

 京都で昔から歌われている、野菜(果物)の数え歌も教えていただいた。みなさまはご存知でしょうか? (「あ、耳にしたことがある・・」という方も多いかもしれませんね)

 ♪♪イチジク、にんじん、山椒に、紫蘇、ごぼうに、むかご、ななくさ、はじかみ、くねんぼうに(くねんぼうは柑橘類です)、とうがらし♪♪

 昔から、京都の北の賀茂の農家の女性たちが、大八車に採りたての野菜を乗せて、売られたそうで、「ふりうり(振り売り)」と呼ばれます。今でも、三条や四条大橋で、ときどきこういった風景を見かけます。

 秋の食べ物といえば、まず何を思いつかれますか? 私は、「梨」を食べると、「あぁ、秋だなぁ」と思います。 みなさまにとって実り多い秋となりますように・・・
コメント