CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

京ことばブログ

「京ことば」や「京の暮らし」について、「京ことばの会」のメンバーの方々から学んだこと、そして私自身が気付いたことを、お伝えしていきたいと思います。ひとにやさしいコミュニケーションのエッセンスを探求中♪♪ はてさて「京ことば」にはどんなエッセンスがあるでしょうか。。。


Top
<< 2013年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
祇園祭 [2012年07月17日(Tue)]
 京都の夏といえば、祇園祭。宵山や山鉾巡行がテレビで取り上げられることが多いので、数日のお祭りかと思いきや、祇園祭は7月1日に始まり一か月続く祭事である。
__.JPG
 宵山に行ってきました。予習もなくなんとなく出かけたので、お祭りの雰囲気を味わった(&人込みにもまれた?!)だけとなってしまって反省・・・ 来年は、出かける前に、山や鉾の種類や歴史についてきちんと学んでから出かけよう。山鉾だけでなく、宵山の期間中には、山鉾町内の旧家や老舗が屏風や掛け軸など秘蔵の美術品を公開しているところもあるので、来年はぜひ見学したいと思う。

 ちなみに「後の祭り」ということばは、祇園祭が由来だという説がある。祇園祭のハイライトである山鉾巡行・神幸祭神輿渡御が終わり、この後の祭りは見学するような大きな行事もなく、見に行っても意味がないことから、手遅れの意味になったという説。また、祇園祭は1966年(昭和41年)まで「前祭」(7月17日)と「後祭」(7月24日)の2回に分けて山鉾巡行を行っていた経緯があり、「前祭」では絢爛豪華な鉾が多数巡行するのに対し、「後祭」は小規模であることから、このことばが言われるようになったという説もあるそうだ。

 京都祇園祭りボランティアのHPです。http://www.gionmatsuri.jp/
コメント