CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉


「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」

 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。



「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
!-style NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー


知ってもらう 9 [2019年10月15日(Tue)]

大阪の、ある社会福祉法人が、
インスタグラムを
広報活動に取り入れたところ、
“ 映え ” 状況が起こり
人材確保などに活路を見出している、
という記事を 目にしました。


「 インスタグラムで 映える福祉 
 人材確保に新たな活路 」
 ( 2019年08月27日付け:福祉新聞 )

インスタグラムで “ 映え ” ているのは
大阪府に本部がある
社会福祉法人 晋栄福祉会さん。

介護施設と保育施設を
大阪、兵庫、奈良で 運営されています。

就職フェアなどで
興味を持ってくれた学生たちが、
施設訪問をしなくても
SNSを通じて
手軽に 職場の雰囲気など
現場を知ってもらう機会を増やそうと、
昨年から ツイッターやインスタグラムなどの
SNSを始められ、
各施設のホームページも 刷新。
その成果は
各施設で 現れている、とありました。

その中でも、とくに
各施設の若手職員が
施設の行事や日常生活、
共に働くこととなるひとたちの
プロフィールを 紹介したり、
施設周辺の観光やグルメスポットなどを投稿した
インスタグラムは、
新規採用者の約8割が チェックし、
新規採用者の3割が
ウェブサイト経由でエントリーした、とありました。

そして、施設利用者の家族からも
施設での様子が見られることで安心 という声や
普段見られない
職員さんたちの素顔を知ることで
親近感や信頼感が生まれた という声も。

一方で、プライバシーの保護には
細心の注意を 払っており、
利用者たちの写真が 悪用されないように
期間を設けて 削除している、とありました。



プライバシーの保護は
言うまでもなく大切なことですが、
それを 強調し過ぎるがあまり
「 福祉現場の発信 」が 遅れていることについて、
現場の、とくに若手職員の中に
歯がゆく思っているひともいると思います。

「 言われないから、やらなくていいか 」と、
発信の重要性に
“ 蓋 ” を しているひとも
いるのではないでしょうか。


SNSでの発信は、
福祉の仕事に就きたいと
思っているひとへのアピール だけでなく、
さまざまな立場のひとたちに
「 知ってもらう 」ことにも つながります。

それは、高齢のひとについても
障がいのあるひとについても 同じかと。

各利用者さんから
写真掲載などの同意書は、
一年単位で 取り付けておけば
SNSでの発信も頻繁にできます、し。

新たな福祉の発信を考えることは、
これからの福祉にとって
「 外せない 」ことだ思います。


最後に。
SNSの更新を 長く怠ると、
その発信力は グンと 落ちてしまいます。

更新が滞り、放置に近い状態のSNSは、
逆効果もあり得ます。

これは、現在ホームページを持つ
すべての 福祉事業所や福祉施設について
言えることです。

見ているひとに、どう向いてもらうか。
見ているひとを、どうひきつけるか。

SNSの発信には、
大きな要素が たくさん含まれています。






*社会福祉法人 晋栄福祉会
大阪府門真市北島町12番20号
http://www.chidori.or.jp/

















多様性  [2019年10月08日(Tue)]

数年前から
多様性、という言葉を
よく 耳にするようになりました。

ひとびとの個性を重んじ
順位を付けないことを すばらしいこととし、
自分の長所を伸ばして
自身の幸せを追い求めていこう
という流れが 増長しているように見える 昨今。

多様性、という言葉が
“ 市民権 ” を得ることにより、
これまで あきらめてきたことを
あきらめなくてよくなったり、
主張できる、主張していいんだ、という思いを
これまで 抱けなかったひとに
光が 当たったり、と
明るい未来を想像させる
意義を持つようにも 見えます。


光が 当たる。
でも、強い光が 当たると、
影が できます。

多様性、という言葉を使うと同じくして、
ひとと比べる、
平均値が気になる
ひとたちの存在も 際立ってきます。

多様性、という言葉を使う “ 裏 ” に
それらは 存在する、と。


多様性、という言葉を使うことで、
ひとは そもそも
他者や世間の平均からの “ ちがい ” でしか
自分というものを 感知できない
弱さがある、ということに
あらためて気付かされました。

「 多様性という言葉を使う 」ことは
「 自身の存在価値を問い続ける感覚を強めている」
のかもしれない、と。

多様性、という言葉を使うことで、
「 自分で自分の価値や意義を見いださなければならない」
という “ 影 ” が生まれている、と。

その “ 影 ” は、
わたしたちに
今までにない気付きと
今までを超える社会の在り方を 問うています。

もしかして
多様性、という言葉は、
「 多用してはいけない言葉 」かも しれません。

多様性、という言葉を
多用することで、逆に
生きづらさを感じるひとが 増えるかもしれないと
思えてきました。














奇蹟的羊  [2019年10月02日(Wed)]

ちょうど2年前に開催された
京都府長岡京市にある あらぐささんの
フェルト作品展『 奇蹟的羊 』 が、
今年も 開催されます。



DSC_3519.JPG
 


     〜  奇蹟的羊( きせきてきひつじ ) 〜

 会 期:2019年10月5日(土)〜 10日(木)
        初日は 11時〜17時まで 
        以降は 10時〜17時まで

 場 所:障害福祉センターあらぐさ 地域交流室あおば
      京都府長岡京市井ノ内広海道42−3
     (JR長岡京駅または阪急長岡天神駅下車、
      阪急バス・長岡第二中学校前下車、
      北へ徒歩約8分)
     【 入場無料 】

 主 催:社会福祉法人 あらぐさ福祉会
     障害福祉センターあらぐさ




羊毛フェルトをカラフルに染め、
それを使ってつくった
バッグや巾着、ストラップ、カップフォルダーをはじめ、
土染めと藍染めの作品や
瓶にドライフラワーとオイルを入れた
ハーバリウムなどを
展示販売されます。

平日の10時45分からは
フェルトづくり体験のワークショップも
開催されるそうです( 所要時間は45分 )。

そして、作品展初日の5日には、
地域住民の皆さんとの交流イベントも
合わせて 開催されます。



障がいが重くても
地域で育ち、暮らしたいと願う
親御さんたちが立ち上げた事業所さんの
地域とともにという活動が
根付く姿が
そこにあります。

地道、という言葉を
使うひとが減るなかで、
地道、という言葉を
使いたがらないひとがいるなかで、
大きな声で言います。

「 地道、の成せる業は すごいんだから 」。

お近くのひとは
ぜひ、立ち寄ってみてください。




*社会福祉法人 あらぐさ福祉会
障害福祉センターあらぐさ
長岡京市井ノ内広海道42−3
Tel:075(953)9212
http://www.aragusa-fukushi.jp/














対話  [2019年09月26日(Thu)]

障がいのあるひとや高齢のひとと
携わる仕事をするひとびとが話す言葉で、
以前より
気になっていることがあります。

「 声をかけてください、声をかけました 」。

言わんとする意について、
気づいているひとも 多いと思います。

「 声ではなく、言葉をかける 」です。

そのひとが理解できる言葉で伝える、ということです。

そこには、
言葉の理解が難しいひとには
視覚支援も伴い伝える、ということも含まれます。


今 言ったようなことは、どれも
一対一で 行われますよね。

そうです。実は それらは
「 会話 」ではなく「 対話 」になるのです。


「 会話 」と「 対話 」。
類似する言葉のように見えますが、
各々の言葉が持つ意味は
全くもって ちがいます。

「 会話 」には
複数のひとたちが話し合う という意味があり、
「 対話 」には
一対一で 目の前にいる相手と話す
という意味があります。

つまり、目の前の
支援が必要なひとに話しをする場合、
それは いつも
「 対話 」になっているはずです。


一つひとつの
支援にかかわる言葉かけは「 対話 」。

そう考えてみると、
一つひとつの支援が
自然と 丁寧になると思います。

一つひとつの 積み重ねが
その一つひとつの 意識が
少し変わることで、
支援が必要なひとの生活の質の向上にも
つながります。

必要な場面で、「 会話 」ではなく「 対話 」を。

難しいことではない と思います。
意志があれば。















困っていることは 何ですか  [2019年09月20日(Fri)]


個別支援計画の面談時などに とくに
たずねられることがあります。

「 困っていることは 何ですか 」と。

困っていることは何ですか、と言われても
すぐに答えるほどの
困っていることがなかったり、
困っていることが
明確に説明できるほどわかっていなかったり、のひとが
実は 多くいると思います。

「 困っていることは何ですか 」と
聞く立場のひとびとは、
明確な返答がないと
そのひとが「 困っていない感覚 」になるのは
分からなくもありません。

でも、「 困っている 」としても、
ひとに言うほどでもない、
迷惑をかけたくない、
ひとに言うなんて恥ずかしい、
自分が何とかしなければ、
という思いから 言えなかったり。

目の前にいるこのひとに
言っても 解決しないだろう と思ったり。

このような思いのひとびとがいることに気付いている
「 目の前にいるひと 」も、
いるのではないでしょうか。


「 目の前にいるひと 」さん、
困っていることを話されると 面倒ですか。


それまでに 困っていることを言った時
流されたことがあったり、
困っていることがあっても
この目の前にいるひとに言っても
わかってもらえないだろうな と
困っているひとが 一度でも思うと
「 もう、話しても 仕方がないかな 」と
思ってしまいます。

目の前にいるひとが、
困っていることを
どうやって探り、
困っていることを
話してもらうにはどうすればよいか、を
考え 行動に移すことが
支援につながる と意識しているなら、
面倒 という感覚にはならないはずです。

面倒どころか、
困っていることを引きだすことは
日頃の支援につながり、
困っているひとにも
目の前にいるひとにも
プラスになることが たくさんあるのに。


「 このひとなら 話してみようかな 」。
そう思えるひとが、目の前に居れば。

このひとなら、
「 ちょっと迷惑をかけても大丈夫かな 」
「 このひとなら受け止めてくれるかな 」と思えるひとが、
皆さんの周りには いますか。


そして、思います。
「 困っていることは 何ですか 」という質問が、
面談などの特別な場所で
投げかけられない社会が広がりますように、と。















知る権利  [2019年09月14日(Sat)]


生きるために必要なこと、それは何でしょうか。

言葉にすると 難しく感じますが、
そう考えざるを得ない状況に直面することが
今の日本では
増えたように思えてなりません。

わたしがそれを考えた時に
まず思い浮かべたこと、それは
「 知る努力 」です。


日々の暮らしのなかで、
知りたいこと
知らなければならないことは
待っていても
向こうから やってきません。

申請しないと得られない 支援。
その 申請できるという情報すら
必要なひとに届いていないと思うひとが
たくさんいるのに、
その状況は 変わりません。

いくら
「 知る権利 」を 叫んでも、
「 知る努力 」が なければ成り立たない。

「 知る努力 」を 伴わないと
「 知る権利 」は 成立しない と思うのです。


国民一人ひとりが
「 知る努力 」を可能にできないことは、
国も自治体も
社会を構成するひとたちも
わかっていると思います。

「 知ることができない 」ままにすることが、
結局、社会が国が
「 停滞すること 」につながっていると
これまで以上に 思えてなりません。


支援、支援と言いたくはありませんが、
必要なことだと思います、
「 知る努力 」についての支援 が。


障がいのあるひとや高齢のひとへ
「 知る努力 」の支援。

今日から
皆さん一人ひとりに
できることがあると思います。

小さなことでも、
必要なことを 伝えてあげてください。

それが、そのひとの
「 知る権利 」を 支えることになります。
















映画『 ひいくんのあるく町 』  [2019年09月08日(Sun)]

ひと通りの少なくなった商店街を
毎日歩き回る
知的に障がいのある男性の暮らしを追いながら、
地方の現実、そして
そこに暮らすひとびとの温かさを描いた
『 ひいくんのあるく町 』という
ドキュメンタリー映画があります。






山梨県南部にある 和紙と花火のまち、市川大門。
ごく平凡な田舎のまちを歩き回り、
町のひとびとから
「ひいくん」と 呼ばれている男性は、
いつも まちの誰かの手伝いをして
自然に 温かく受け入れられています。

まちの商店街は
人通りも少なくなり、
シャッターが目立つようになってきて、
ひいくんが通う
電気屋の店主も 病気で倒れ、店を閉めることに。

写真を撮ることが趣味だった店主の
膨大な数の 写真ライブラリーには、
このまちのあたりまえだった日常の風景が
しっかりと 記録されていました。

まちを歩き、ひとと出会うことで
出会ったひとの 記憶に残り、
まちを撮った写真によって
まちの 記録が残り。

「 まちと ひとと ひと 」。

ここには、
ふつうのひとびとの姿が 在るだけ。
ひいくんの生きる時間が 在るだけ。

それは 皆さんの
一人ひとりに それがあるのと同じように。


監督の 青柳拓さんは、
日本映画大学第3期生(2016年)卒業製作作品として
このドキュメンタリー映画を撮られました。
デビュー作となる 本作品には、
自身が生まれ育ったまちの
今と昔が 映し出されています。


特別ではなく、
まちに生きる
ひとりのひととして存在するひいくん。

障がいのあるひと、というくくりではなく
まちの商店街から見える世界が、
それぞれの心に
思いを投げかけています。
さまざまな分野で
その思いが活かされる
ドキュメンタリー映画。

2017年9月に 東京・ポレポレ東中野で
劇場公開されてから、
名古屋、長野、大阪、広島、横浜、
そして、今夏は京都で 劇場上映されましたが、
より多くのひとに 観てほしい映画です。


全国の ミニシアターに 関わるひとへ。
ドキュメンタリー映画『 ひいくんのあるく町 』に
目を向けてください。

全国各地で劇場公開をしてほしい、と 願います。








*ドキュメンタリー映画『 ひいくんのあるく町 』
公式サイト
http://hikun.mizukuchiya.net/

監督:青柳拓
プロデューサー・録音:植田朱里
副プロデューサー:熊澤海透
撮影:山野目光政
録音:福田陽
編集:朝野未沙稀
題字:渡井秀彦(ひいくん)
アドバイザー:安岡卓治、島田隆一、
       山内大堂、辻井潔
製作:日本映画大学
配給:水口屋フイルム
2017年製作 / 日本 / 上映時間47分

※「映文連アワード2017」
(映文連=公益社団法人製造文化製作者連盟)
優秀作品賞(準グランプリ)受賞。



*日本映画大学
https://www.eiga.ac.jp/index.html

*日本映画大学 
地域連携 特設サイト
https://www.eiga.ac.jp/special/chiiki/













10年目 [2019年09月02日(Mon)]


2010年9月から 拙ブログをはじめて、
10年目となりました。

「 はじめます、今日から。
つたえます、日々感じることを。
つなぎます、いろいろな人との出会いを。
・・・つづけます。願いへと、より近づくように。 」
と、はじめの一歩 で 記してから、
世の中は
大きく激しく変わりました。

わたしが 小学生の頃
学校で はじめて見た
ダウン症候群の子たちのことを記した
遠い記憶 から、
障がいのある子たちが
学校で 学ぶことについて
地域格差は なくなっておらず
希望しても
地域の学校へ通えない事案が まだあります。

「 知り得ないものがあることを知る 」。

これが 学びの原点であるなら、
今在る
小学校中学校高等学校大学で知り得たことで
自分の基を作り上げたらなら、
それは、
これから必要とされている社会と
真逆のことをつくる
礎になるのでは、と。

そして、
自分の 大切に思っていることを
他者に届けたいと思った時、
その大切に思っていることを
そのまま語っても 他者には届かない。
届けたい他者が大切に思っているものと
響き合わさなければ
伝わらないのでは、と。

自分の思いを伝えたいとき、
言葉を選んだり
どう語ろうかを考えますが、
それだけでは
届かないことが あまりにも多く。

「 言葉を探す 」。

わたしには まだまだ
言葉を探す時間が必要だと
痛感しています。


10年目に入り、思います。

「 つづけます、一歩一歩。
つたえます、日々感じることを。
つなぎます、いろいろなひととの出会いを。
障がいのあるひとびとの暮らしが、
よりよくなるように。 」と。













命の選択 18 [2019年08月27日(Tue)]


先々月、拙ブログ 命の選択 17
新型出生前検査について、
日本産科婦人科学会が主導している体制に
厚生労働省が 重い腰をあげ、
検討会を設置、議論する旨を記しました。

そのような中で、
着床前検査について
対象条件を大幅に緩和し拡大する計画案を
日本産科婦人科学会が 発表しました。


「 着床前検査 大幅に拡大 」
( 2019年8月4日付け:読売新聞 )


日本産科婦人科学会(日産婦)は、
受精卵の染色体を調べて
異常がないものを選ぶ
着床前スクリーニングの臨床研究について、
対象条件を大幅に緩和する計画案を まとめました。

着床前スクリーニングは
流産の予防が目的としていますが、
これまでの “ 研究 ” では
検査人数が少なかったために効果が確認できなかったとし
検査対象を増やして
データを集めることが狙い、と ありました。

科学的根拠もなく
命の選別が広がることを
倫理的な問題で懸念する関係者がたくさんいる中、
新たな条件は
年齢制限をなくして
@ 体外受精を2回以上失敗
A 原因を問わず流産2回以上
B 流産や体外受精の経験を問わず夫婦どちらかに染色体異常
の、「 いずれかに当てはまる人 」としており、
3000人以上を集める計画、と ありました。

これは、体外受精を受けるひとの
相当多くのひとに
対象が広がることを意味し、
「 このような形で 命の選別が進んでいいのか 」と
疑問の声が出ている、と。


これまでの “ 研究 ” に
科学的根拠がないとわかっているのに
より拡大する ということは、
科学的、そして倫理的にも
大きな問題となることは 明らかです。
なのに、なぜ、
ここまでして 命の選別を急ぐのでしょうか。

着床前検査は
流産を防ぐことが目的で、
そこから 出産率の向上を期待していると
日産婦は 言っていますが、
それだけで
このような “ 研究 ” を
推し進めてよいのでしょうか。



出産する母体の命。
生まれてくる子の命。

どちらも 大切で 尊いものです。

生命倫理について
議論が進んでいない状態で、
「 “ 研究 ” という名の “ 命の選択 ” 」を
これ以上 進めてはいけない、と 強く思います。















福祉  [2019年08月21日(Wed)]

先日、このような記事を目にしました。


「 介護利用記録をDB化
  厚労省、自立支援へ分析 」
 ( 2019年8月18日付け:読売新聞 )


介護サービス利用者の
健康状態やケアの内容を 収集し 分析する
データサービス(DB)の運用を、
厚生労働省が
2020年から始める方針を決めた とありました。

サービスの質の向上や
職員の負担軽減につなげ、
介護需要の高まりに対応することが狙い と。

2020年度から
本格的に運用するデータベースは
「CHASE」と言い、
身体介護や生活援助などの介護記録、
食事の摂取量や服薬状態、認知症の状況、
ケアマネジャーらが評価した利用者の状態など、
将来的には
鬱の発生の有無や睡眠時間、
転倒回数、難聴、視力低下なども 項目に加え、
入力された情報は 匿名で処理するとありました。

厚生労働省は、
データベースを運用することから
利用者へのケア方法の研究や
科学的根拠に基づく介護の実践に広げる考えだ と。



そもそも、厚生労働省がいう「 福祉・介護 」分野は、
「 障がい福祉 」
「 生活保護・福祉一般 」
「 介護・高齢者福祉 」の3つに 分かれています。

それぞれの
対象となるひとがちがうことから
分けられていますが、
一人ひとりの意思を尊重した暮らしができるように
行う政策であることに 変わりはありません。

しかし、すでに
「 介護・高齢者福祉 」においては、
介護のエビデンス構築に向けて
要介護認定情報や介護保険レセプトを格納する
介護保険データベース(通称・介護DB)や、
通所や訪問リハビリ事業所からの
リハビリ計画書などの情報を格納する
データベース(通称・VISIT)という
2つのデータベースを 稼働させています。

高齢者福祉と障がい福祉とでは
データという点で
その内容に異なりがあるとは思いますが、
「 障がい福祉 」においても
必要とされる情報をデータベース化することにより
長く続く支援に役立つことは
たくさんあります。

そう感じているひとは、たくさんいると思います。

支援の現場に行きつくまでの
障がいのあるひとが生まれてからそれまでの
病歴や療育履歴、学歴などの情報は、
障がいのあるひとの親が、
とくに 母親が、
その場その場で
話していくしかないのが現状です。

50歳代の障がいのあるひとが
入所施設に入る際に、
80歳代のその母親が
子の生まれた時からの病歴や成育歴、
必要な支援についてを
一から書かないといけない という話は
今も まさに ある話です。

インターネット化されても
個人の情報となると
バリアで囲む時代ではありますが、
今 述べた
「 障がいのあるひとが生まれてからの
病歴や成育歴、学歴、福祉事業所や福祉施設での
支援歴を、一人ひとり データとして残す 」ことは、
とても重要なことだと思います。

障がいのあるひとの自立を考えた時にも、
「 障がいのあるひとが生まれてからの
病歴や成育歴、学歴、福祉事業所や福祉施設での
支援歴を、一人ひとり データとして残す 」ことは、
必要なことの一つだと思います。


いつまでも 親は生きていません。

目の前にいる
支援が必要なひとが
必要な支援を受けることができるためには、
「 障がいのあるひとが生まれてからの
病歴や成育歴、学歴、福祉事業所や福祉施設での
支援歴を、一人ひとり データとして残す 」ことは
重要なことです。

今、良ければそれでいい、という考えは
福祉には、あってはならない。

「 先の見通しが立つ 」ことができて はじめて、
「 福祉 」ではないでしょうか。

「 障がいのあるひとが生まれてからの
病歴や成育歴、学歴、福祉事業所や福祉施設での
支援歴を、一人ひとり データとして残す 」ことも、
「 支援 」ではないでしょうか。
















| 次へ
プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml