CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年04月28日

恐ろしい世の中

● 健康生活の敵は、酒とたばこと言われている。

● 一説に人間は「常に生活にも仕事にも自信を持たなければやっていけない」という。

● 自信のない生活だと、酒と煙草で自分を癒し、気分を発散し、つらいことから逃げることになる。また一説によると、癒されるどころか、バランスを欠く食生活となったり、ストレスを発散するための暴飲暴食で肥満になっているともいわれる。

● もちろん、酒と自分、煙草と自分を、常にどう把握し判断するかによって異なる。


以下は、理屈抜きで私の感じていることを書いてみたい。

● 4月19日のテレビ放送で、医療のデータを示しながら、酒とたばこの愛用者は、そうでない者に比べて9年間寿命を短かくしているとのことだった。

● 酒は、適量は百薬の長と言われている。しかし、競って飲む酒は、酒量が許容範囲を超過し、適量で抑えることができない。

● 医学的には、適量のアルコールは肝臓で解毒されるものの、適量を超えると、二日酔いを起こし、体力を消耗する。

● たばこは、体に100%有害と言われ、今日の死亡率を高めている。たばこは、肺がん、肺機能障害を引き起こすと言われている。

● また酒は、たしなめる程度では、アルコールの作用が血管を広げ、一時的に血圧を下げる作用ある。しかし、煙草は、100%体に悪影響があって、あまり良くない趣向品とされている。

● たばこは周囲に与える影響も大きく、特に幼児に対しては、生育に支障さえ与えると考えられている。

● 不治の病に、糖尿病がある、糖尿病は生活習慣病と言われ、年々患者数が増えている。

● 残念ながら、私も50歳代に糖尿病と診断され、爾来、二十数年、治療に専念することとなった。

● 糖尿病は膵臓機能の低下により起こる。油脂の消化に必要な脾臓からのインスリン分泌が機能しなくなり、血糖値を上げる。血液障害から心臓や脳内に血栓ができ、また臓器障害も発生するんなど、日常生活に取り返しの付かない病気をもたらす。

● 糖尿病は治った患者が少なく、治る病気ではないと言われている。私の糖尿病は、食欲の極みでひたすら食べ続け、気がつけば体重80kgの肥満でメタボとなって発症した。しかし、いまだに分からないのは、糖尿患者の中には太っていない患者がいるが、どうしてだろうか。その理由を聞いてみたい。

● 怖ろしい事に、体内の血流障害が合併症を引き起こし、透析患者となったり、足の切断に至っている患者も少なくない。また、眼底出血は  失明を予儀なく起こす。癌に次ぐ怖ろしい病とも言われている。

● 人間が、医学と無関係に生活することは、無謀である。しかし、食べ物での治療も含め、主婦の料理こそが、家族医療の原点であると伝えたい。

● 以前記した記事に、親父から「怪我と病気は自分で治せ」と言われたことを記したが、そのことを実践できていなかった私は、厳しく反省していると申し上げたい

● 一般雑誌に医学博士が書いた記事によると、「病院は病気を治すところでなく、病気を探す所」「薬は副作用あって、治療剤でない」「医師の家族は、医師が処方した薬を飲まない」「病気の原因のわからない病気は、治療法は見当たらない」という。

● これらの記事は、常識では理解に苦しむ。また、私の希薄な医学の知識でも、到底納得できない。
患者は、限りなく病院の医師を信頼し、病気を理解し、完治することを期待して通院する。
事実はどうであれ、医者の信頼を覆すような情報が横行するのは何故だろう。
私の疑念は払しょくできない。

orange.jpg


◇のぶお
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック