CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年06月21日

原因の判らない病は治療法が難しい(その3・完)

右向き三角112.良く噛む、腹八分が健康に良いとされている。一口30回、消化の良くない物は50回以上噛むことで、唾液の分泌を促し、異液や胆汁の分泌を促し消化を良くする。胃腸障害の多くは、食事時間の影響であり、ポリープ・癌の原因になるとも言われている。また、良く噛む事で、血糖値を下げ食欲を抑制し、食べすぎ防止にも効果がある。

右向き三角113.食べ物の新鮮なものには、シラクル・エザイムが多く含まれる。動物の健康は、直接餌を食むことで得られているのは、その所以である。動物から教えられる健康法である。

右向き三角114.ペット医は、病気のペットを治療するためには、加工品のペットフードをやめさせ、玄米に海苔をブレンドして与え病気から開放している。ペットには保険が無いので、ペットの治療に人々は真剣である。

右向き三角115.動物から学ぶ健康法はまさしく自然の摂理で、医師も患者も自然からの健康食を学び、健康法を学ぶことを勧めます。

右向き三角116.「健康てんでこ」とは、健康を守る基本は自分自身。薬・医者とは「手当」であり、「延命処置で治すことは出来ない」と判断すべきことかと思い、書き続けました。(完)


hose.jpg


◇ のぶお
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/850578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック