CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三人の子育て中の母親より
11月のママかんフリーカフェ (11/21) さっとん
夏の出来事(4) (10/12) 誠英高校 福祉科1年
教育実習を終えて (07/22) nasa(いしんママ)
教育実習を終えて (07/17) くぼっ
世界自閉症デーの次の日、4月3日夜にブルーな時間を過ごしましょう、 (04/04) かすみn*
きょうだいへのまなざしpart3 (02/16) 岡村
ぴぽっとサークル (02/07) さっとん
きょうだいへのまなざしpart3 (01/28) 植木
きょうだいへのまなざしpart3 (01/25) さっとん
今月のママかんフリーカフェの報告 (01/19)
自閉症児を育てる
ママたちの会 ママかん

「ママかん」とは、ママかんふぁれんすの略で、自閉症の子どもを育てるママたちの集いと学びの場づくりを目的としています。
専門家(藤田久美先生 山口県立大学)と自閉症児のお母さんとの素敵な出会いから、平成15年ママかんが発足しました。元気でパワフルなママたちばかり!そんなママたちのパワーを地域で活かし、自閉症について地域の人たちに正しく理解してもらえることのきっかけにしたいと思って活動しています♪

 

ママかんフリーカフェの紹介♪

ママかんフリーカフェとは、山口県立大学地域交流スペースYuccaで、月一回ママたちが気軽に参加できるフリーカフェを開催しています。子どもの子育てのことや気がかりなことがある方は、藤田先生や先輩ママ(ママかんスタッフ)に気軽に相談してください。また、子どもの理解を共有するためのサポートブックの作成に関する情報コーナーを毎回設けています。お子様連れの場合は学生が託児をします。気軽にご利用ください。

主催:山口県立大学社会福祉学部藤田研究室×ママかん
場所:山口県立大学地域交流スペースYucca
会費:500円(茶菓子・フリードリンク含む)

schedule
<前期> ※木曜日10時半からの開催になります。 4月26日(木)10時半〜12時半 5月17日(木)10時半〜12時半 6月14日(木)10時半〜12時半 7月12日(木)10時半〜12時半 <後期> 火曜日10時から12時です。 1月22日(火)10時〜12時 2月12日(火)10時〜12時

*場所・問い合わせ*
山口県立大学地域交流スペースYucca(ユッカ)
〒753-0011 
山口市宮野下2689-3
TEL:083-934-8011
*担当教員連絡先*
山口県立大学社会福祉学部藤田研究室083-928-4765(TEL・FAX)
kumi@yamaguchi-pu.ac.jp(担当教員:藤田久美)
★ママの参加申し込みは不要ですがお子様連れの場合は事前にご連絡ください。


障がいのある子ども、育ちが気になる子どもを育てるママたちの出会いの場、憩いの場、情報交換の場、安らぎの場として…




特別支援学校での教育実習を終えて [2012年10月25日(Thu)]

こんにちは^^
くみけんのしゅりです!

久しぶりの更新です(*^_^*)
今回は、特別支援学校での教育実習と
10月のママかんが終わったので
その記事を書きたいと思います☆


9月25日〜10月9日まで山口総合支援学校で
教育実習をさせていただきました。
私は小学部のあるクラスで
実習をさせていただきました。

ひとことで言うと…
子どもたちにも指導者の先生方にも恵まれ
多くの学びを得ることができた実習でした。

少し、実習を振り返っていきたいと思います^^


教育実習に行く前は、高校の実習の時と同様、
不安な気持ちでいっぱいでした。

「子どもたちと関われるかな」とか、
「授業できるかな」とか…。

でも、そんな不安な気持ちも子どもたちとの
素敵な出会いで吹き飛びました!

子どもたちは本当にきらきらしていて
まっすぐで一生懸命で…
ずっと見つめていると愛おしくなるような。

しかし、そんな中でも、
子どもたちと関わっていくうちにあらゆる場面で、
「こんな時は、どのように支援すればよいのだろう…」
と悩み、戸惑うこともありました。
言葉かけや情報の提示の仕方、態度など…。

自分の支援の仕方がその子に合っていないと
かえって混乱させてしまうことも実感しました。


そんな2週間の実習を終えてひとつわかったこと。

それは、子どもが自分で考え判断して
気持ちの整理をつけて納得して次の行動に移れるよう、
支援する側は、その「きっかけ」をつくることが
大切なのではないかということです。

子どもに対して、
「ああしなさい、こうしなさい」と
ただ押し付けるような伝え方では
子どもが主体的に考え行動する機会を
奪ってしまうのではないかと思います。

そうではなくて、
子どもが自分で考え行動できるような
「きっかけ」をつくること…。

その「きっかけ」はきっと
子どもたちによって様々で、
言葉かけだったりスケジュールカードの提示だったり
一人ひとりに合ったいろいろな方法が
あると思います。

「今はそれがしたいんだね」
「頑張って取り組んでいるね」と
今のその子の気持ちに寄り添いつつ
「次はこんな楽しい活動があるよ」と
次の行動に移れるようなきっかけをつくり、
「どうかな…」と
見守り、待つことが大切なのかなと、
子どもたちと関わる中で思いました。


将来は、子どもたち一人ひとりに
寄り添いながら、
一人ひとりが一歩を踏み出すそのときに
そっと背中を押せるような
支援者であり教師になりたいと思います。


本当にあっという間に
終わってしまった2週間でした。

研究授業は子どもたちと一緒に
図工の学習を行いました。

緊張したし、課題もたくさん見つかったけど
子どもたちと一緒に楽しく
授業をすることができました。

悩んだり落ち込んだりすることもあったけど
そんなときほど、子どもたちの笑顔に
支えられていました。

子どもたちといるときが
一番自分らしくいられたような気がします。


毎日、素敵な笑顔で私に接してくれた子どもたち
毎日、熱心に指導をしてくださった先生方、
本当にありがとうございました。


この実習で学んだことを糧に
これからも頑張ります(^O^)


そういえば…以前の記事に
コメントをいただいていたようなのですが
気づかずすみません(>_<)

この場で返させていただきます。

誠英高校の生徒さん
コメントありがとうございます!
生徒の子からコメントをもらうなんて…
びっくりです^^
励ましの言葉、ありがとう。
これからも頑張るね(*^_^*)
みんなもそれぞれの進路に向けて頑張ってね。
ずっと応援しています。

いっちゃんのママ
コメントありがとうございます!
わ〜いっちゃんのママだ〜(*^_^*)と
思いながら読ませていただきました♡笑
つらい分は後からいいことで返ってくる…
本当にそうですね^^
私もつらいこともあったけど、
その中で得ることができた人との出会いや経験は
一生の宝物だと思っています。
これからも末長くよろしくお願いします(^O^)♪

コメントを下さった方々、ありがとうございました^^


ではでは、また次の記事で(*^_^*)

しゅり
Posted by くみけん at 13:02
この記事のURL
http://blog.canpan.info/kumikumi/archive/75
コメントする
コメント
プロフィール

くみけんさんの画像
くみけん とは?

山口県立大学社会福祉学部障害児教育究室の略です★
研究室の先生は藤田久美先生で、先生は、障害児を含む保育・教育の方法について福祉教育の観点からの探求や、自閉症や発達障害の診断前後の子どもと家族への支援の在り方について研究を進めておられます。
ゼミでは4年生4人、3年生3人で楽しく学習しています♪ゼミで学習していることは、障害のある子どもと家族の支援について理解を深め、支援者(福祉や教育の専門家など)の役割と課題を考察し、援助方法や教育方法について学んでいます。また、自閉症・発達障害児を育てる家族(特に母親)とのかかわり体験や母親支援の運営(ママかんフリーCafé)の体験から、障害児の家族支援を行う上での支援者の役割や支援システムについて学び、考察しています。日頃は、ゼミのみんなでママかんカフェのお手伝いやボランティア活動などに参加しています♪
アットホームなくみけんにぜひ足を運んでみませんか?お待ちしています(^^)



リンク集
http://blog.canpan.info/kumikumi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kumikumi/index2_0.xml