CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三人の子育て中の母親より
11月のママかんフリーカフェ (11/21) さっとん
夏の出来事(4) (10/12) 誠英高校 福祉科1年
教育実習を終えて (07/22) nasa(いしんママ)
教育実習を終えて (07/17) くぼっ
世界自閉症デーの次の日、4月3日夜にブルーな時間を過ごしましょう、 (04/04) かすみn*
きょうだいへのまなざしpart3 (02/16) 岡村
ぴぽっとサークル (02/07) さっとん
きょうだいへのまなざしpart3 (01/28) 植木
きょうだいへのまなざしpart3 (01/25) さっとん
今月のママかんフリーカフェの報告 (01/19)
自閉症児を育てる
ママたちの会 ママかん

「ママかん」とは、ママかんふぁれんすの略で、自閉症の子どもを育てるママたちの集いと学びの場づくりを目的としています。
専門家(藤田久美先生 山口県立大学)と自閉症児のお母さんとの素敵な出会いから、平成15年ママかんが発足しました。元気でパワフルなママたちばかり!そんなママたちのパワーを地域で活かし、自閉症について地域の人たちに正しく理解してもらえることのきっかけにしたいと思って活動しています♪

 

ママかんフリーカフェの紹介♪

ママかんフリーカフェとは、山口県立大学地域交流スペースYuccaで、月一回ママたちが気軽に参加できるフリーカフェを開催しています。子どもの子育てのことや気がかりなことがある方は、藤田先生や先輩ママ(ママかんスタッフ)に気軽に相談してください。また、子どもの理解を共有するためのサポートブックの作成に関する情報コーナーを毎回設けています。お子様連れの場合は学生が託児をします。気軽にご利用ください。

主催:山口県立大学社会福祉学部藤田研究室×ママかん
場所:山口県立大学地域交流スペースYucca
会費:500円(茶菓子・フリードリンク含む)

schedule
<前期> ※木曜日10時半からの開催になります。 4月26日(木)10時半〜12時半 5月17日(木)10時半〜12時半 6月14日(木)10時半〜12時半 7月12日(木)10時半〜12時半 <後期> 火曜日10時から12時です。 1月22日(火)10時〜12時 2月12日(火)10時〜12時

*場所・問い合わせ*
山口県立大学地域交流スペースYucca(ユッカ)
〒753-0011 
山口市宮野下2689-3
TEL:083-934-8011
*担当教員連絡先*
山口県立大学社会福祉学部藤田研究室083-928-4765(TEL・FAX)
kumi@yamaguchi-pu.ac.jp(担当教員:藤田久美)
★ママの参加申し込みは不要ですがお子様連れの場合は事前にご連絡ください。


障がいのある子ども、育ちが気になる子どもを育てるママたちの出会いの場、憩いの場、情報交換の場、安らぎの場として…




3月という1年の節目に思う [2012年03月27日(Tue)]
ブログを読んでくださっているみなさん、本当にお久しぶりです。
記事、今日からまた定期的に復活しますね。

2月から3月にかけて・・・
大学の年度末も本当に大忙しであるが
学生が春休みに入った2月中旬からの研究室は
少し風景を変え、年度末の作業を行う場所となる。
日常の業務に加え、研究のまとめ、書類作成など。
特に、ぷちぼら(学生ボランティアセンター)の
活動は普通の研究室にみられない風景がある。
学生と一緒に高校生向けのパンフを作成したり
イベントの準備、報告書の作成などなど。
春休みというのに、ぷちぼらスタッフたちは
本当によくがんばったと思う。
この子たちと一緒に作成した成果物は、
また改めて紹介したいと思う。

さて、みなさんはどんな3月を過ごしましたか。

ご家族、支援者の方は、お子さんの成長の節目を迎え、
親として、あるいは支援者のとしての節目を感じる
<とき>があったのではないだろうか。
そんな節目を私も共に分かち合うことができた
エピソード等を紹介しながら、1年の節目に
思うこととして記事を書きたいと思う。

3月2日(金)
児童デイサービスあぽろの「あぽろの輪」
におじゃまさせていただいた。
4月からの1年をふりかえって・・。
子どもの成長と自分の成長を語りながらママたちと
いろんな思いを分かち合った。


3月9日(金)
山口県発達障害者支援センター「ママグループカウンセリング」の日。
中学進学や高校進学をむかえた子どもの<節目>に向き合うママたちの
思いを共有し、小学校の支援学級に通うわが子の成長やママ自身の
気持ちの変化について共有することができた。
そんな先輩ママたちの話に耳を傾けていた幼児期の子どもさんを
育てるママは、子育てに困惑していることや幼稚園に通うわが子を
どうしても他の子どもと比較してしまう自分を責めながら語られた。
小学校の支援学級に通う子どもさんを育てるママから、
「私もそうだったよ・・」と涙をためながら、言葉にならない
思いが送られた。

彼女らの子育ての<節目>は、喜びやうれしさだけではなく
困惑や焦燥感、先の見えぬ不安との戦いの過程でもある。

だから、支援者として、私たちは、子育ての節目節目で
家族の気持ちを整理することや、何が不安なのか、困惑していることは
何か、ママたちの様々な感情を明確化していくお手伝いが
必要だということにも気づかされる。
そして、その中で、一歩でも、半歩でも、前に進んだことや
あるいは、進めなかったことでも、肯定的に受け止めることが
できるように、家族に寄り添うことが必要なのだろう。

高校卒業という大きな節目を迎えたママとパパからの報告があった。
特別支援学校高等部を卒業したママから・・
「高等部、卒業しました。卒業式も立派にできました。・・・・」
小さいころ泣いてばかりいたママのことを思い出した。
18歳になるまでよく育てたね。がんばったね。
生きていてくれてありがとう。
これからも応援しています。

あるパパからもメールがきた
「4月から社会人になります。就職も無事できました。
これからも見守ってください」と。
うれしい報告だ。これから先の不安もあるかもしれないが、
18年間もがんばったんだもの。これまで以上の苦労はもうないよ。

子どもを通じてこれまで出会ってきた多くの仲間や支援者もいる。

障害のあるお子さんを育てる家族が口をそろえていう言葉。
「この子のおかげで普通の子育てでは得られない仲間ができた」と。

子どもを育てる人が誰もが感じる子育ての節目・・

でも、発達に課題があったり、障害があったりする子どもを育てる家族の場合、
その「節目」は質的に異なるといえるかもしれない。

きっと、支援者もそれぞれの持ち場でこの「節目」を感じつつ、
支援に携わらせていただいた子どもと家族に思いを馳せ、
心を動かしていることだろう。
そんな「節目」に、自分自身の「支援のあり方」に思考を深め、
静かに省察することも大切だと思う。
あるいは、支援者仲間との語り合いの中で、新たな気づきを与えられることも
あるだろう。

3月終わりを迎えるこの節目に、私も、1年間を、一人でふりかえってみよう。
出会うことができた子どもたちや家族の顔を思い浮かべつつ・・。
そして、支援者仲間や私の周りにいる学生たちと共にふりかえりたいと思う。


                   ふじた くみ







Posted by くみけん at 03:44
この記事のURL
http://blog.canpan.info/kumikumi/archive/47
コメントする
コメント
プロフィール

くみけんさんの画像
くみけん とは?

山口県立大学社会福祉学部障害児教育究室の略です★
研究室の先生は藤田久美先生で、先生は、障害児を含む保育・教育の方法について福祉教育の観点からの探求や、自閉症や発達障害の診断前後の子どもと家族への支援の在り方について研究を進めておられます。
ゼミでは4年生4人、3年生3人で楽しく学習しています♪ゼミで学習していることは、障害のある子どもと家族の支援について理解を深め、支援者(福祉や教育の専門家など)の役割と課題を考察し、援助方法や教育方法について学んでいます。また、自閉症・発達障害児を育てる家族(特に母親)とのかかわり体験や母親支援の運営(ママかんフリーCafé)の体験から、障害児の家族支援を行う上での支援者の役割や支援システムについて学び、考察しています。日頃は、ゼミのみんなでママかんカフェのお手伝いやボランティア活動などに参加しています♪
アットホームなくみけんにぜひ足を運んでみませんか?お待ちしています(^^)



リンク集
http://blog.canpan.info/kumikumi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kumikumi/index2_0.xml