CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三人の子育て中の母親より
11月のママかんフリーカフェ (11/21) さっとん
夏の出来事(4) (10/12) 誠英高校 福祉科1年
教育実習を終えて (07/22) nasa(いしんママ)
教育実習を終えて (07/17) くぼっ
世界自閉症デーの次の日、4月3日夜にブルーな時間を過ごしましょう、 (04/04) かすみn*
きょうだいへのまなざしpart3 (02/16) 岡村
ぴぽっとサークル (02/07) さっとん
きょうだいへのまなざしpart3 (01/28) 植木
きょうだいへのまなざしpart3 (01/25) さっとん
今月のママかんフリーカフェの報告 (01/19)
自閉症児を育てる
ママたちの会 ママかん

「ママかん」とは、ママかんふぁれんすの略で、自閉症の子どもを育てるママたちの集いと学びの場づくりを目的としています。
専門家(藤田久美先生 山口県立大学)と自閉症児のお母さんとの素敵な出会いから、平成15年ママかんが発足しました。元気でパワフルなママたちばかり!そんなママたちのパワーを地域で活かし、自閉症について地域の人たちに正しく理解してもらえることのきっかけにしたいと思って活動しています♪

 

ママかんフリーカフェの紹介♪

ママかんフリーカフェとは、山口県立大学地域交流スペースYuccaで、月一回ママたちが気軽に参加できるフリーカフェを開催しています。子どもの子育てのことや気がかりなことがある方は、藤田先生や先輩ママ(ママかんスタッフ)に気軽に相談してください。また、子どもの理解を共有するためのサポートブックの作成に関する情報コーナーを毎回設けています。お子様連れの場合は学生が託児をします。気軽にご利用ください。

主催:山口県立大学社会福祉学部藤田研究室×ママかん
場所:山口県立大学地域交流スペースYucca
会費:500円(茶菓子・フリードリンク含む)

schedule
<前期> ※木曜日10時半からの開催になります。 4月26日(木)10時半〜12時半 5月17日(木)10時半〜12時半 6月14日(木)10時半〜12時半 7月12日(木)10時半〜12時半 <後期> 火曜日10時から12時です。 1月22日(火)10時〜12時 2月12日(火)10時〜12時

*場所・問い合わせ*
山口県立大学地域交流スペースYucca(ユッカ)
〒753-0011 
山口市宮野下2689-3
TEL:083-934-8011
*担当教員連絡先*
山口県立大学社会福祉学部藤田研究室083-928-4765(TEL・FAX)
kumi@yamaguchi-pu.ac.jp(担当教員:藤田久美)
★ママの参加申し込みは不要ですがお子様連れの場合は事前にご連絡ください。


障がいのある子ども、育ちが気になる子どもを育てるママたちの出会いの場、憩いの場、情報交換の場、安らぎの場として…




あくしゅシンポジウム報告〜part1<山口自閉症研修協議会あくしゅ>のこと〜 [2012年02月06日(Mon)]
暦の上では春を迎えたということだが
今日も寒い一日だった。

さて、今日は、昨日行った「山口自閉症研修協議会あくしゅ」の
シンポジウムの報告〜part1〜として記事を書こうと思う。


「山口自閉症研修協議会あくしゅ(以下、あくしゅ)」は
4つの会が発展的統合として新たにスタートした会である。

歴史の古いものから・・
まず、「山口県自閉症研究協議会」は昭和50年代に発足。
毎年、定例会として、研究大会を開催したり、山口大学で
定期的に支援者やご家族が集まって、話題提供や研究発表などの
研究会の企画・実施などが行われていた。
私も20年近く前、学校現場で自閉症の子どもさんとの
出会いがあり、その時から、この研究会にお世話になってきた一人である。


そして、「あくしゅの会」。
平成11年3月に発足し、山口市を中心に、障害児支援とボランティア
育成の活動を行ってきた。あくしゅの会を発足し、一人のボランティア
として、地域の中で子どもさんや家族に出会ってきた。そして、
たくさんの支援者やボランティア仲間と共に、こんなのあったらいいね・・
といった声を出し合いながら、託児活動、余暇支援等いろんな企画をしてきた。


次に、「山口TEACCH研究会」。
あくしゅの会の発足の翌年、平成12年に、自閉症の支援に携わって
おられた教員が発足した会。実は、この先生・・、私が自閉症の
子どもさんにはじめて教育現場で出会ったときのクラス担任。
尊敬していて、大好きな先生。自閉症の子どものことを本気で
考えた先生。この先生に出会ってなかったら、きっと、今
このような活動はしていないだろう。
この先生の想いと行動力で、山口で<TEACCHプログラム>に
ついて学ぶ機会が教員、家族、支援者に与えられてきた。
さきほど紹介したあくしゅの会は、多い時は年10回行われてい
山口TEACCH研究会に参加するご家族のために、子どもたちの
託児活動を運営してきた。TEACCH研究会と連携することで
パワーアップした活動を展開できたし、たくさん学ぶことができた。
そして、一番、歴史の古い、「山口県自閉症研究協議会」の研究大会
においても、山口TEACCH研究会が共催となり、あくしゅの会で
託児を担い・・と次第に、連携・協同した実践を行ってきたのである。


最後に
「余暇くらぶくれよん」。
自閉症の子どもを育てるママたちが立ち上げた余暇支援の活動。
ママたちは、TEACCH研究会で学び、あくしゅの会の託児を利用し、
特別支援学校や小学校の特別支援学級、医療・福祉サービスを
利用し、その中で、専門家やボランティアとの素敵な出会いがあり・・
<支えてもらっているばかりではだめだ、私たちも何かしよう>と
この会を平成20年に発足した。
想いをカタチにするのは本当に大変なことだと思う。
でも、彼女たち(母親たち)は前にすすんだ。その具体的な
実践から学ぶことは大きい。
家族の力を社会に活かす・・そんな新たなサービスの開拓が
山口でもできるのではないか??そんな可能性を
感じることができる活動でもある。
この活動を専門家やボランティアが支えていくことで
また素敵なつながりができていった。

ここ10年の間、この4つの団体は、つながりあいながら、学び合いながら
ゆるやかに人と人とのネットワークをつくってきたのだと思う。
まだまだ伝えたいエピソードなどある。尊敬する人、家族の思いもある。
特に、歴史の古い「山口県自閉症研究協議会」を長い間、運営してこられた
医師、大学教員、家族、支援者の方々の功績だ。
偉大なる先輩方が形にしてこられたことや思いを大切に活動を受け継ぎ、
今の時代に求められていることを、私たちの実践や家族の声、子どもたちの
姿から学びながら考えていこう。

子どもたちと家族がつなげてくれたご縁に感謝することを
忘れずに・・。

今年度は、4つの団体が行ってきた企画を統合したわけなので
研修会も支援者向け、保護者向けと毎月のように行ってきたり・・
そして、自閉症児の余暇支援のあり方を検討するために
スタッフでもある自閉症児の家族を中心に
余暇活動や夏祭りの企画・運営を行ったり・・。

そして、昨日のシンポジウムの企画・運営・・。

会の運営に携わっているスタッフは、仕事しながら、
子育てしながらの活動。
事務局を担ってくれている岡村さん(相談支援事業ぴぽっと)をはじめ、
この会にかかわってくれているみんなは
地域の一人の<ボランティア>として
一生懸命、この会の活動を支えてくれている。
その行動を支えているものは、私たち(スタッフ)一人ひとりの自閉症支援に
対するそれぞれの<思い>。
その<思い>を語りはじめたら、とまらないくらいである(12月の会議+忘年会の
ときもそうだった・・・・)

これからも、これまで山口で創られてきた自閉症の人への支援
を大切に、未来に向けて、また素敵なつながりを拡げていこう。
具体的には、いろんな研修会の企画・運営を行っていくことだ。
「山口自閉症研修協議会あくしゅ」
詳しくは、山口市民活動支援センターさぽらんての広報誌に
紹介していだたいているのでそちらも見ていただきたい。
事務局の岡村さんが取材を受けているので、岡村さんの
<思い>も知ることができるかもしれない。
さぽらんてホームページ  http://www.saporant.jp/

昨日の研修会は
「ライフステージごとの実践から学ぶ自閉症の人たちへの支援」という
テーマだった。シンポジウム形式で行われ、4人の実践報告をもとに、参加者の
みなさんと共に、テーマについて再考するという目的で企画した。

スタッフは、手作りの名札をして会の運営をした。




年度末にもかかわらずたくさんの参加者の方・・。スタッフと合わせたら
100人以上。会に参加したみんなで「自閉症の人への支援」に
ついて一緒に考える時間を創ることができたように思う。
会場も熱気があって、外が寒いことを忘れるくらいだった。
参加された方々もみんなあったかい人ばかり・・(感想を読んでもわかります)。


どんな様子だったかはprat2以降で・・・。

参加者のみなさん
スタッフのみなさん
ありがとうございました。
本当に本当にお疲れ様でした。


     ふじた くみ



Posted by くみけん at 17:53
この記事のURL
http://blog.canpan.info/kumikumi/archive/44
コメントする
コメント
プロフィール

くみけんさんの画像
くみけん とは?

山口県立大学社会福祉学部障害児教育究室の略です★
研究室の先生は藤田久美先生で、先生は、障害児を含む保育・教育の方法について福祉教育の観点からの探求や、自閉症や発達障害の診断前後の子どもと家族への支援の在り方について研究を進めておられます。
ゼミでは4年生4人、3年生3人で楽しく学習しています♪ゼミで学習していることは、障害のある子どもと家族の支援について理解を深め、支援者(福祉や教育の専門家など)の役割と課題を考察し、援助方法や教育方法について学んでいます。また、自閉症・発達障害児を育てる家族(特に母親)とのかかわり体験や母親支援の運営(ママかんフリーCafé)の体験から、障害児の家族支援を行う上での支援者の役割や支援システムについて学び、考察しています。日頃は、ゼミのみんなでママかんカフェのお手伝いやボランティア活動などに参加しています♪
アットホームなくみけんにぜひ足を運んでみませんか?お待ちしています(^^)



リンク集
http://blog.canpan.info/kumikumi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kumikumi/index2_0.xml