CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三人の子育て中の母親より
11月のママかんフリーカフェ (11/21) さっとん
夏の出来事(4) (10/12) 誠英高校 福祉科1年
教育実習を終えて (07/22) nasa(いしんママ)
教育実習を終えて (07/17) くぼっ
世界自閉症デーの次の日、4月3日夜にブルーな時間を過ごしましょう、 (04/04) かすみn*
きょうだいへのまなざしpart3 (02/16) 岡村
ぴぽっとサークル (02/07) さっとん
きょうだいへのまなざしpart3 (01/28) 植木
きょうだいへのまなざしpart3 (01/25) さっとん
今月のママかんフリーカフェの報告 (01/19)
自閉症児を育てる
ママたちの会 ママかん

「ママかん」とは、ママかんふぁれんすの略で、自閉症の子どもを育てるママたちの集いと学びの場づくりを目的としています。
専門家(藤田久美先生 山口県立大学)と自閉症児のお母さんとの素敵な出会いから、平成15年ママかんが発足しました。元気でパワフルなママたちばかり!そんなママたちのパワーを地域で活かし、自閉症について地域の人たちに正しく理解してもらえることのきっかけにしたいと思って活動しています♪

 

ママかんフリーカフェの紹介♪

ママかんフリーカフェとは、山口県立大学地域交流スペースYuccaで、月一回ママたちが気軽に参加できるフリーカフェを開催しています。子どもの子育てのことや気がかりなことがある方は、藤田先生や先輩ママ(ママかんスタッフ)に気軽に相談してください。また、子どもの理解を共有するためのサポートブックの作成に関する情報コーナーを毎回設けています。お子様連れの場合は学生が託児をします。気軽にご利用ください。

主催:山口県立大学社会福祉学部藤田研究室×ママかん
場所:山口県立大学地域交流スペースYucca
会費:500円(茶菓子・フリードリンク含む)

schedule
<前期> ※木曜日10時半からの開催になります。 4月26日(木)10時半〜12時半 5月17日(木)10時半〜12時半 6月14日(木)10時半〜12時半 7月12日(木)10時半〜12時半 <後期> 火曜日10時から12時です。 1月22日(火)10時〜12時 2月12日(火)10時〜12時

*場所・問い合わせ*
山口県立大学地域交流スペースYucca(ユッカ)
〒753-0011 
山口市宮野下2689-3
TEL:083-934-8011
*担当教員連絡先*
山口県立大学社会福祉学部藤田研究室083-928-4765(TEL・FAX)
kumi@yamaguchi-pu.ac.jp(担当教員:藤田久美)
★ママの参加申し込みは不要ですがお子様連れの場合は事前にご連絡ください。


障がいのある子ども、育ちが気になる子どもを育てるママたちの出会いの場、憩いの場、情報交換の場、安らぎの場として…




障害児の余暇支援ボランティア活動報告(山口市自立支援協議会にて) [2012年01月30日(Mon)]
1月もあと2日・・。
まだまだ寒い日が続きそうな予感。

大学では、先週から後期のまとめの時期、
そして、今日が今年度の最後の授業。
これからも、補講、試験、レポート提出など、
学生たちもなんとなく落ちつなかい日が
続く。

そんな中、先週金曜日に、くみけんとぷちぼらの
学生が山口市地域自立支援協議会定例会にて
「障害児の余暇支援ボランティア活動」について
発表したので、今日はその様子を報告しよう。

まず、山口市地域自立支援協議会とは・・

設置要綱には、「障害者自立支援法(平成17年法律第123号)
第77条第1項の規定を踏まえ、山口市地域自立支援協議会の
設置及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。」と前置きがあり、

「障害者が地域で自立した生活を営むことができるよう、相談支援の
適正な実施と障害福祉サービスの円滑な利用を図るため、地域の
関係者によるネットワークの構築を推進し、協議する機関として、
山口市地域自立支援協議会(以下「協議会」という。)を設置する。」

組織としては(1)総合部会 (2)企画運営委員会
(3)相談支援部会 (4)生活支援部会 (5)就労支援部会
がある。

詳しくはこちらのHPに。http://www.city.yamaguchi.lg.jp/dannai/soshiki/soumu/soumu/bunsho/yokokanri/yokodata/0733yoko.pdf#search=('山口市地域自立支援協議会)


このような専門家の方々が集う協議会の「生活支援部会」にて
「障害児の余暇支援ボランティア活動」の発表依頼が
社会福祉学部学生ぷちボランティアセンター(ぷちぼら)に依頼され、
1月28日(金)に発表を行った。

ぷちぼらからは、障害児・者施設における学生のボランティア活動の
実際やボランティア活動を通して考察したことをぷちぼらスタッフの
むーみんより発表。





福祉系ボランティアサークル「おたまじゃくしの会」の自閉症児の
余暇支援活動の企画・運営と子どもたちとのかかわりを通して
何を学んでいるかということをしゅりちゃんが発表。




そして、とめこちゃんからは、自閉症のママたちと
専門家が共同して企画・運営している<余暇くらぶ くれよん>
のボランティア活動と思いを報告。





参加された福祉施設職員や相談支援員の方々からは、
「障害のある方々の余暇をどう支えていくか課題であるが
施設でできることも限られている。これからも障害のある人た
ちの豊かな生活を保障するために学生さんたちの力をおかり
していきたい」
という言葉をいただいた。

学生たちは多くの専門家の方々の前で
「すごく緊張しました」と。

3人とも、自分たちが参加している活動を通して
感じていることや考えていることがちゃんと
発表できたと思う。
ブログを読んでくださっているみなさんに
学生たちが発表した内容もぜひお知らせしたいが
パワーポイントを貼りつける方法もわからないので、
また学生が記事を書いてくれるのを待っていて
ほしい。

学生の力は限られているが、彼女たちの
発表を聴いていて、改めて、その力をちゃんと
活用できるコーディネートとかネットワークが
必要であることを強く感じた。

学生時代にボランティアとして活動していた人が
いずれ、福祉や教育の専門家として
地域の中で実践を継続することもある。
専門家にならなくとも、障害児支援活動の
体験はその人の価値観や障害観、支援観
を変容させる可能性を含んでいる。
学生たちのボランティア活動支援の意味について
協議会が行われている身障者センターの会議室
の椅子に座って、考えていると、昔、この場所をよく借りて
活動していたのことを思い出した。
当時は余暇活動なんて専門的な言葉はよく知らなかったけど
とにかく障害のある子もない子も高校生も大人も集まって
同じ時間を過ごした。
そうそう、当時、高校生ボランティアだった
あの男の子は福祉施設の作業療法士、あの女の子は
保育士として障害児保育に携わっている。
消防士になったあの高校生も、今はもう30歳手前??
・・等、思いだしていたらきりがないくらい。

学生の発表にあった言葉・・。
「ボランティアを楽しみながらやっていけるように
無理せず、できることをしていきたい」
さすが、3年生。何度も活動を通して悩み、葛藤してきた
から、言える言葉かもしれない。

私自身も地域に生きる一人の専門家として、
または、一人のおばさんとして、ボランティアという立場
で活動を行ってきた。
できることは本当に限られているけど、
私の周りにいる学生、一緒に活動しているママたちや
障害児者支援に携わる仲間と共に、無理せずやっていこう。


   ふじた くみ
Posted by くみけん at 12:36
この記事のURL
http://blog.canpan.info/kumikumi/archive/42
コメントする
コメント
プロフィール

くみけんさんの画像
くみけん とは?

山口県立大学社会福祉学部障害児教育究室の略です★
研究室の先生は藤田久美先生で、先生は、障害児を含む保育・教育の方法について福祉教育の観点からの探求や、自閉症や発達障害の診断前後の子どもと家族への支援の在り方について研究を進めておられます。
ゼミでは4年生4人、3年生3人で楽しく学習しています♪ゼミで学習していることは、障害のある子どもと家族の支援について理解を深め、支援者(福祉や教育の専門家など)の役割と課題を考察し、援助方法や教育方法について学んでいます。また、自閉症・発達障害児を育てる家族(特に母親)とのかかわり体験や母親支援の運営(ママかんフリーCafé)の体験から、障害児の家族支援を行う上での支援者の役割や支援システムについて学び、考察しています。日頃は、ゼミのみんなでママかんカフェのお手伝いやボランティア活動などに参加しています♪
アットホームなくみけんにぜひ足を運んでみませんか?お待ちしています(^^)



リンク集
http://blog.canpan.info/kumikumi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kumikumi/index2_0.xml