CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三人の子育て中の母親より
11月のママかんフリーカフェ (11/21) さっとん
夏の出来事(4) (10/12) 誠英高校 福祉科1年
教育実習を終えて (07/22) nasa(いしんママ)
教育実習を終えて (07/17) くぼっ
世界自閉症デーの次の日、4月3日夜にブルーな時間を過ごしましょう、 (04/04) かすみn*
きょうだいへのまなざしpart3 (02/16) 岡村
ぴぽっとサークル (02/07) さっとん
きょうだいへのまなざしpart3 (01/28) 植木
きょうだいへのまなざしpart3 (01/25) さっとん
今月のママかんフリーカフェの報告 (01/19)
自閉症児を育てる
ママたちの会 ママかん

「ママかん」とは、ママかんふぁれんすの略で、自閉症の子どもを育てるママたちの集いと学びの場づくりを目的としています。
専門家(藤田久美先生 山口県立大学)と自閉症児のお母さんとの素敵な出会いから、平成15年ママかんが発足しました。元気でパワフルなママたちばかり!そんなママたちのパワーを地域で活かし、自閉症について地域の人たちに正しく理解してもらえることのきっかけにしたいと思って活動しています♪

 

ママかんフリーカフェの紹介♪

ママかんフリーカフェとは、山口県立大学地域交流スペースYuccaで、月一回ママたちが気軽に参加できるフリーカフェを開催しています。子どもの子育てのことや気がかりなことがある方は、藤田先生や先輩ママ(ママかんスタッフ)に気軽に相談してください。また、子どもの理解を共有するためのサポートブックの作成に関する情報コーナーを毎回設けています。お子様連れの場合は学生が託児をします。気軽にご利用ください。

主催:山口県立大学社会福祉学部藤田研究室×ママかん
場所:山口県立大学地域交流スペースYucca
会費:500円(茶菓子・フリードリンク含む)

schedule
<前期> ※木曜日10時半からの開催になります。 4月26日(木)10時半〜12時半 5月17日(木)10時半〜12時半 6月14日(木)10時半〜12時半 7月12日(木)10時半〜12時半 <後期> 火曜日10時から12時です。 1月22日(火)10時〜12時 2月12日(火)10時〜12時

*場所・問い合わせ*
山口県立大学地域交流スペースYucca(ユッカ)
〒753-0011 
山口市宮野下2689-3
TEL:083-934-8011
*担当教員連絡先*
山口県立大学社会福祉学部藤田研究室083-928-4765(TEL・FAX)
kumi@yamaguchi-pu.ac.jp(担当教員:藤田久美)
★ママの参加申し込みは不要ですがお子様連れの場合は事前にご連絡ください。


障がいのある子ども、育ちが気になる子どもを育てるママたちの出会いの場、憩いの場、情報交換の場、安らぎの場として…




自閉症支援に関する研修会(あくしゅの活動) [2011年10月31日(Mon)]
10月28日(金)19時〜21時自閉症研修協議会あくしゅ(通称;あくしゅ)
主催の 研修会「ファーストステップセミナー」を県立大学で開催した。


今回は、実践報告として

・「幼児期の自閉症の子どもへの支援」
・「家族の立場から」
・「余暇支援」

の3つの報告。

「幼児期の支援」の報告では、子どもの興味・関心にあわせて
遊びの幅を拡げていくための支援についてお話していただいた。
1対1の臨床の場で支援していらっしゃる中で、
自閉症の子どもの障害特性や発達の特性、発達の状況を
把握しながら、子どもの発達の芽生えを引き出しながら、
「できた」「おもしろい」「やってみたい」・・など、
子どもの思いや気持ちに寄り添いながら丁寧に支援
されている様子がうかがえる報告だった。
発表された先生の優しいお人柄と自閉症の
子どもたちを愛していらっしゃることが伝わってきて
心があたたかくなった。

「家族の立場から」」は、自閉症児を育てるパパから
切実な家族の思い・願いが伝えられた。
パパの口からは、自閉症の診断を受けたママの状態を
「中途障害」と表現され、ママの苦しみや葛藤について
パパの立場から語られた。
彼の発表を聴きながら、自閉症児のパパとして
どうどうと素敵に生きている姿、そして、子ども(本人)
きょうだい児、妻(ママ)に対する愛がひしひしと伝わってきて・・
笑顔が優しくてやわらかい雰囲気のパパだけど、
自閉症のパパとして、そして、家族の代弁者として
生きていく覚悟みたいなものを感じたのは私だけでは
ないだろう。
もっとたくさんの家族の方に聴いていただきたい
発表だった。

そして、最後の報告。
ママかんともくみけんとも連携している
「余暇くらぶ くれよん」のゆうたママの発表だった。
ゆうたママたちが、ママという立場だけではなく
地域社会に生きる人として、自閉症の子どもを育てる
母として、仲間と共に立ち上げた余暇支援の場・・。
約3年間の活動がつまった報告だった。
子どもたちの笑顔、ママの笑顔、
学生ボランティアの笑顔、支援者の笑顔が
たくさん描かれた写真やDVDが紹介された。
ママたちは、母親という役割ではなく、ボランティアや
支援者と共に、具体的な活動を通して、
自閉症の理解と支援の輪を拡げる仲間として
地域の中で社会的役割を果たしている。
3年間のあゆみの中で着実にそうなっていることを感じた。
今年度から、「余暇くらぶくれよん」は、あくしゅ
の事業の一つとなっている。
こうして、実践を報告していく作業が、自閉症支援における
余暇支援活動の普及・啓発につながるのだと思う。
うちわの発表でなぜか私までドキドキしてしまったが
ゆうたママの発表は本当に素敵だった。
ママにしか伝えられない言葉・・。
その語りが参加者の心を強く揺れ動かす。

会の全体を通して、会場にいる参加者全員の気持ちが重なり合う
瞬間を何度か感じた。
司会進行をしいてた私にはその空気を受けとめることができた。
あたたかくて優しい空気だった。

会の最後の時間に、質問や感想を述べていただいた。

参加していた学生からの感想。
報告を聴いて感動したことや、自分が「余暇くらぶくれよん」の
活動にボランティアで参加したときの子どもたちと過ごした
思い出が語られた。

そして・・
「私もきょうだい児なんですけど、自閉症や障害のある子どもたちを育てる
家族の支援が充実すればいいなと思います。今日はみなさんの発表を
聴けて本当によかったです」
と語ってくれた。

このときは胸があつくなった。

この会場に来られた方は、支援者、家族、学生・・
立場は違うもののそれぞれがなんらかの思いを
持って集まってくださっている。

研究会の企画・実施を行っている私たちの会
山口自閉症研修協議会あくしゅでは
そんな思いを共有できるような会の運営を目指していきたい。

平成11年3月に立ちあげて活動してきた「あくしゅの会」時代
からその思いの原点は変わらない。

平成24年2月4日(日)は、あくしゅ主催で
シンポジウムを行う予定だ。

詳しい企画が決まったら
このブログでもお知らせしたいと思う。

ふじた くみ
Posted by くみけん at 15:08
この記事のURL
http://blog.canpan.info/kumikumi/archive/24
コメントする
コメント
プロフィール

くみけんさんの画像
くみけん とは?

山口県立大学社会福祉学部障害児教育究室の略です★
研究室の先生は藤田久美先生で、先生は、障害児を含む保育・教育の方法について福祉教育の観点からの探求や、自閉症や発達障害の診断前後の子どもと家族への支援の在り方について研究を進めておられます。
ゼミでは4年生4人、3年生3人で楽しく学習しています♪ゼミで学習していることは、障害のある子どもと家族の支援について理解を深め、支援者(福祉や教育の専門家など)の役割と課題を考察し、援助方法や教育方法について学んでいます。また、自閉症・発達障害児を育てる家族(特に母親)とのかかわり体験や母親支援の運営(ママかんフリーCafé)の体験から、障害児の家族支援を行う上での支援者の役割や支援システムについて学び、考察しています。日頃は、ゼミのみんなでママかんカフェのお手伝いやボランティア活動などに参加しています♪
アットホームなくみけんにぜひ足を運んでみませんか?お待ちしています(^^)



リンク集
http://blog.canpan.info/kumikumi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kumikumi/index2_0.xml