CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
東日本大震災チャリティーライブ〜想い 運ぶ 音色♪〜開催(6月22日・24日) [2011年06月21日(Tue)]
東日本大震災チャリティーライブ
  〜想い 運ぶ 音色♪〜

「ここ神戸で何かできることはないか?」と考えた学生たちが企画したチャリティーライブです。ジャグリングあり、合唱あり、よさこいあり、軽音あり、チンドン屋あり、落語あり、アカペラありの、神戸大学文化系サークルのここでしか見られないコラボレーションで被災地に想いを運びます。
またライブの冒頭では、神戸大学生による現地活動報告会も開催されます。
なお、チケットの利益は被災地NGO恊働センター、神戸大学基金を通じて被災地での支援活動に充てさせていただきます。

【日時】
6月22日(水)18時〜20時(17時30分開場)
6月24日(金)17時〜20時(16時30分開場)
※途中入場・途中退場可

【場所】神戸大学国際文化学部D300大講義室(K棟北側)
阪神御影、JR六甲道、阪急六甲市バス16系統乗車→神大国際文化学部前下車

【出演団体】
☆22日(水)
ボランティア活動報告(発達科学部ぼらばん)
ジャグリング六甲
ブルーグラス「ダイヤモンドファーム」
山美鼓(よさこいサークル)

☆24日(金)
ボランティア報告会(神戸大学学生ボランティア支援室)
軽音楽部U
軽音楽部JAZZ「向かい風」
神大モダンドンチキ
神戸大学落語研究会
ガーナガーナ「アルテマ」第13回ハモネプリーグ優勝

※出演団体は予告なしに変更することがあります。

【展示】
震災情報コーナー「学生が見た被災地」

【チケット】学生:300円 一般:1000円(両日有効)
※前売り券はボランティア支援室にてお買い求めいただけます。

【問い合わせ】ボランティア支援室svs@port.kobe-u.ac.jp
【主催】神戸大学学生311救援ネットワーク
【共催】神戸大学学生ボランティア支援室
Posted by 311net at 13:11 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
神戸大学学生による「東日本大震災学生調査」報告会 [2011年05月17日(Tue)]
■ 趣旨と内容
神戸大学都市安全研究センターでは、東日本大震災にかんする学内公募調査プロジェクトの一つとして、4月28日から5月3日にかけて、当センター・北後明彦教授(安全都市づくり研究分野)と工学研究科・近藤民代准教授(住環境計画分野)の両研究室による被災地合同調査を行いました。この調査チームに参加した学生たちによる、報告会を下記の通り開催します。学校・園における被害の明暗を分けた避難行動の実態や、世界的な規模を誇った田老町の防潮堤崩壊に関する技術的考察、あまり知られていない津波火災の実態、岩手県の避難所におけるきわめて多様性に富んだ実態とその課題など、各人の専門分野から見た被災地の「今」を伝える内容となっています。多数のご参加をお待ちしています。

■ 日時 2011年5月24日(火)13:00〜16:30
■ 会場 神戸大学工学研究科創造工学スタジオ(C3-101室)
■ 対象 一般、及び防災関係の研究者・学生など東日本大震災に関心をお持ちの方
■ 申込 不要・定員60名


■ 主なプログラム(予定)
・ピニェイロ・アベウ(工学研究科)「保育園・小中学校の避難行動、その課題と教訓」
・近藤克郎(国際協力研究科)「岩手県田老町における防潮堤の効果と今後 技術的考察」
・池之内裕子(国際協力研究科)「岩手県山田町田の浜地区における津波火災」
・大内真樹(国際協力研究科)「岩手県山田町・大槌町における避難所の現状と課題」
・稲田拓也(工学研究科)
・高橋伸明(工学研究科)
・白木週一(工学部)
・森雅美(工学部)
などを予定




■ 主催  神戸大学都市安全研究センター北後研究室/工学研究科建築学専攻近藤研究室
■ 問合せ先
神戸大学都市安全研究センター学生ボランティア支援室(林)
TEL: 078-803-6256 /FAX: 078-803-6028
woods@xug.biglobe.ne .jp(.jpの前の半角スペースを削除してください)

Posted by 林 大造 at 12:57 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
【4月19日〜22日】ひょうごボランタリープラザのボランティアバス参加者募集【4月16日中の申込必須】 [2011年04月15日(Fri)]
ひょうごボランタリープラザの東日本大震災ボランティアバスのお知らせです。
同プラザが第3回目のボランティアバスの参加者を募集しています。4月19日(火)〜22日(金)の間、宮城県石巻市内の学校、同県東松島市内で家具等の搬出、泥だし等を行います。
申込は4月16日(土)9:30〜17:00。募集人員(60名)に達するまでです。先着順・電話受付のみ。078-360-6300・6301・6302まで。
詳細は、以下のブログをご参照ください。
http://ameblo.jp/hyogo-vplaza/entry-10861309728.html

【公欠申請について】
なお平日中の活動ですので神戸大学生のみなさんは公欠申請をご利用下さい。東日本大震災のボランティア活動では、1学期中通算2週間の公欠が認められます(各学部の判断で認められない場合もあります)。
ただ間の無いことですので、明日このボランティアバスに申込む予定にしている方は、本日15日中の早い時間帯に学生ボランティア支援室に来てご相談下さい。
本日中にお越しいただけない方は、メール(svs@port.kobe-u.ac.jp)でご相談下さい。
通常、手続きには4営業日かかるので、今回は各学部において公欠が確実に認められるかどうか分かりませんが、必ず手続きは行って下さい。

※書式をプリントアウトし、必要事項を記入し、保護者・指導教員などの了承を電話などで得た後にお越しいただければ手続きは早く済みます。

活動計画書・公欠願

活動報告書

事務手続き要項
Posted by 林 大造 at 11:52 | ボランティア情報 | この記事のURL | コメント(0)
【4月12日(火)】東日本大震災・学生ボランティア活動説明会 [2011年04月11日(Mon)]
神戸大学学生ボランティア支援室では、今回の震災について「何かしたい」と考えている学生のみなさんを対象に、 現地や後方でのボランティア活動に関する説明会を開催します。今回の大震災についてのボランティア活動に興味のある方は、ぜひお越しください。

日時: 2011年4月12日 (火) 17:30〜19:30
場所: 神戸大学国際文化学部M202教室
対象: 今回の大震災についてのボランティア活動に興味のある学生
 (新入生・上回生ともに。大学院生含む)

内容:
・現在、ゴールデンウィークを利用しての被災地へのボランティアバス派遣などを検討しています。説明会でより具体的な内容を説明します。【締め切りました】
・神戸大学としても被災地などでの学生ボランティア活動支援策をいくつか検討しています。その内容も説明します。
・神戸にいながらできる取組についても、いくつかご紹介します。
なお内容に興味あって、説明会に来ることのできない方は、神戸大学学生ボランティア支援室までご相談下さい。
【問い合わせ】
神戸大学学生ボランティア支援室
相談窓口:平日11:00から18:00までオープン
電話: 078-803-6256 E-mail: svs@port.kobe-u.ac.jp
支援室サイト: http://www.org.kobe-u.ac.jp/svsc/
311救援ネット: http://blog.canpan.info/ku311net/
Posted by 林 大造 at 16:31 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
岩手県遠野市での活動参加者募集(4月5日〜) [2011年04月02日(Sat)]
被災地NGO恊働センターから東北への派遣についてのお知らせです。

下記のとおり、岩手県遠野市での活動に参加される方を募集いたします。
恊働センターは遠野市で、遠野市や市社協、青年会議所、地元NPOとともに「遠野まごころネット」を組織しています。遠野をボランティアの拠点として沿岸部の支援にあたっていきます。

●日程:
4月5日(火)〜1週間程度

●同行者:
被災地NGO恊働センタースタッフ1名(女性)、ボランティア1名(男性)

●行程:
5日午前6時、被災地NGO恊働センターに集合し、車で現地へ。
5日は山形県内に宿泊し、6日中に遠野市に到着予定。
帰りは電車かバスを利用。
帰りの日程は応相談。

●募集人数:2名

希望される方は下記連絡先までお申込み下さい。

連絡先:被災地NGO恊働センター 
  E-mail ngo@pure.ne.jp
  TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702
  〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
  URL   http://www.pure.ne.jp/~ngo/
第2回兵庫県災害ボランティアの募集(4月6日〜9日、4月3日に申込必要) [2011年04月02日(Sat)]
■ひょうごボランタリープラザでは、関西広域連合・兵庫県宮城県北部沿岸市町支援本部の石巻支援本部からの要請により、4月21日(予定)の始業式に向けて石巻市内の小中高校でのボランティア支援活動を行うこととしました。

■前回(3月28日〜31日)に続き、2回目のボランティアバス派遣となります。

■申込は4月3日(日)の9:30〜17:00(募集人員に達するまで)までに、ひょうごボランタリープラザまで右の電話番号までお願いします。(078)360-6300・6301・6302
 先着順・電話受付のみ・グループでの申込みは1度に2名まで定員70名。希望者多数のため、前回参加者は申込できません。

■詳細は、ボランタリープラザの下記のサイトをご覧ください。
http://ameblo.jp/hyogo-vplaza/entry-10847946275.html

■参加者希望者は直接ひょうごボランタリープラザまでお問い合わせください。

■なお、学生のみなさんが参加する場合は、神戸大学学生ボランティア支援室(svs@port.kobe-u.ac.jp)にも参加の旨をご一報下さるようお願いいたします。
※長時間のバス移動後、車中泊が続くので過酷な派遣となります。各自の体調をにらんで、慎重に判断ください。

神戸大学学生ボランティア支援室 藤室玲治
ひょうごボランタリープラザが現地へのボランティアバス派遣(28〜31日、26日中申込必要) [2011年03月26日(Sat)]
■ひょうごボランタリープラザが、3月28日(月)〜31日(木)の日程でボランティアバスを、宮城県松島町などに派遣します。申込は26日中に行う必要があるようです。

■詳細は、ボランタリープラザの下記のサイトをご覧ください。
http://ameblo.jp/hyogo-vplaza/theme-10034626600.html

■参加者希望者は直接ひょうごボランタリープラザまでお問い合わせください。

■なお、学生のみなさんが参加する場合は、神戸大学学生ボランティア支援室(svs@port.kobe-u.ac.jp)にも参加の旨をご一報下さるようお願いいたします。

※長時間のバス移動後、車中泊が続くので過酷な派遣となります。各自の体調をにらんで、慎重に判断ください。

※福島の原子力発電所事故によるの被爆の問題について、宮城県松島町におけるリスクは明らかではありません。その点も十分にご理解の上、ご検討下さい。
現地でのボランティア活動参加を考えているみなさまへ [2011年03月25日(Fri)]
東北自動車の車両規制が全面解除され、一般車両でも緊急通行車両標章なしで高速道路通行ができるようになりました。神戸大学の学生みなさんの中にも、この週末に被災現地に赴いて、ボランティア活動に参加しようというご希望の方もおられるのではないかと思います。
ただ現段階では、福島県の原子炉の問題、またガソリン入手などの補給の問題、さらに現地の受け入れ体制の問題などから、学生ボランティア支援室としては現地での学生単独でのボランティア活動については自粛をお願いしています。
なお、現地での活動を検討されている学生のみなさんは、神戸大学学生ボランティア支援室(svs@port.kobe-u.ac.jp)に必ず事前にご相談下さい。

神戸大学学生ボランティア支援室
この週末にボランティア活動参加を考えているみなさまへ [2011年03月25日(Fri)]
政府の「震災ボランティア連携室長」に就任した湯浅誠氏が、ボランティアベースで運営されているサイト「たすけあいジャパン」に以下を寄稿しています。現地での活動を検討されている学生のみなさんは、必ず内容をご確認下さい。

学生ボランティア支援室


内閣官房震災ボランティア連携室 連携プロジェクト 3.11救援情報サイト
助け合いジャパン「この週末にボランティア活動参加を考えているみなさまへ」
http://www.tasukeaijapan.jp/message/index02.html
Posted by 林 大造 at 17:58 | サイト情報 | この記事のURL | コメント(0)
減災リポートマップ [2011年03月24日(Thu)]
東日本大震災減災リポートマップがウェザーニュース社から公開されています。

被害情報4万件が地図上に記録されています。

http://weathernews.jp/tohoku_quake2011/map/
Posted by 林 大造 at 12:10 | サイト情報 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ