CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年08月 | Main | 2019年10月»
木で物を作る [2019年09月21日(Sat)]
 最近、3年生の息子が木で物を作ることにはまっています。
最初は、「木で机を作る!」と言って枝を拾ってきていたのですが、さすがに枝だけでは机を作るのは難しいということで、父親も巻き込んで、板を買ってもらい、のこぎりで切って、ネジで止め…と、にわか大工さんになって楽しんで作っていました。出来上がった机はキャンプにも持っていって、調理台として活躍。それからも図書館で本を借りてきて、「何が作れるか?」と探したり、「家を作りたい!」と、家の床から天井を測っては、設計図らしきものを作ったりして、夢は広がっているようです。
 ちょうど3年生のメインレッスンでは、世界の風土の違いによる様々な家のあり方を学んで、それから実際に「家づくり」をしていくことになっています。「今日は山の上にある水(湖か池?)の上に家を作っているところがあるって聞いた(学んだ)」などなど、世界のユニークな家の授業も興味津々です。そして、実際の家づくりもとても楽しみにしていて、お友達と一緒に「地下に秘密の部屋を作りたい」などと話しているようです。
 また今回、毎年校庭に建てている‘家’とは別に、農場の一角を借りて、森の木や草、土などの材料で、のこぎりや鎌、スコップ、縄を使い、原始的で簡単な家を作る‘プレ家づくり’も行われるとの事で、張り切っています。
(そういえば、子どもの頃ってこのような秘密基地を作ってみたくなりますよね。)
 これからもしばらくは、木で物を作ったり、学校での家づくりを楽しむ日々が続きそうです。

                     n.m.
Posted by 京田辺シュタイナー at 19:09 | 授業 | この記事のURL
ミニプロ 8年生の夏休み [2019年09月11日(Wed)]
8年生の娘はこの夏、ミニプロ(※)に取り組みました。

4月から何をするか決めはじめ、GWの宿題はミニプロの計画を立てることでした。
娘はやりたいなと思うものはたくさんあったようですが、迷った末に7年生の夏休みの宿題の自由研究でやった「お話をつくる」を発展させた「本をつくる」に決めました。
お話をつくることはもちろん、製本の仕方を調べ、試行錯誤の日々でした。

娘はお話を書くのが好きで、これまでにもいくつか書いています。
いつもは「お話はもう頭の中にある」と言っていたのですが今回は少し難しかったようです。
いくつも書き始めては違う…というのを繰り返し、行き詰まっていました。
ある日「お母さん、お話が来た!」と言って机に向かう日が続きました。
お話が完成しても終わりではありません。
誤字脱字、言い回し、登場人物のつながり…何度も見直しては修正していました。
1ページに何文字書くかを計算し、余白や挿絵のスペースを考えたり…なんとか清書にこぎつけました。
そこで、やっと製本です。
お話を書きながら製本の試作も繰り返していました。
思うようにはいかず何冊もの本にならないノートができました。
夏の終わりにようやく本が完成しました。
娘らしいほのぼのとしてユーモアもあるお話にクスっと笑い、心からほっとしました。

10月にミニプロ発表会があります。
さて娘のミニプロ発表どのようになりますか…。
娘にとって8年生の夏休みは「ミニプロの夏」になりました。

SN*

※「ミニプロ」とは
初・中等部を卒業する8年生が、自分の好きなことを選んで取り組むプロジェクトです。
取り組み方はクラスによって異なります。
Posted by 京田辺シュタイナー at 01:08 | 授業 | この記事のURL