CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« その他 | Main
器楽部のこと [2018年12月01日(Sat)]
 11年生の息子は、9年生までは野球部でしたが引退後(野球部は9年生まで)、10年生から器楽部に入りチェロを担当しています。オーケストラで弾く経験はほとんどなかったのですが、いつのまにか低音部を支える楽しさに目覚め、充実した放課後を過ごしています。

 秋には、一年に一度の学内向けの定期演奏会がありました。楽しんでもらいたいという想いが伝わってくる、暖かで居心地のよい演奏会で、小さな子どももあきずにリズムに合わせて音楽を楽しんでいました。

 定期演奏会は12年生の引退の節目でもあり、息子たち11年生は下級生を教える立場になりました。2学期後期から始まる6年生の体験入部も11年生がリードをとって進めます。毎晩帰宅すると翌日の準備のために、楽譜や五線譜を机に広げます。
 「音階を弾くだけじゃおもしろくないから、簡単に合わせられる曲を用意しておくんだ」
と、楽器経験が少ない下級生でも楽しく体験できるために工夫しています。

 冬の終わりに部内演奏会もあるので、後輩のためのソロ曲も見繕っています。部内演奏会は、定期演奏会とは違い全員で弾くのではなく、ソロや、くじ引きで決まったメンバーとのアンサンブル、自主的な演奏など、さまざまな取り組みの成果を披露する機会となります。
 「これはAちゃんだったら弾けるだろうけれどつまらないかもしれない」「Bちゃんが好きそうなメロディーだけれど難しすぎ」
など、下級生の好みや性格、力量を考え、チャレンジの気持ちで取り組むことができる曲を考えているようです。

 そのほかにも学校内の行事で弾く曲も練習しています。練習する曲目は多く、経験や性格様々な子たちが楽しく演奏できるよう、場をとりまとめてゆくのは大変そうですが、「教えるのも結構ためになるんだよ」と前向きに頑張っています。

 定期演奏会のときの12年生の挨拶で「器楽部で音楽が大好きになった」という言葉がありました。12年生の先輩の引退からひと月たちますが、『音楽が好き』という気持ちは先輩から受け継がれ、日々の中で育っていると感じます。

T.S.
Posted by 京田辺シュタイナー at 16:03 | クラブ活動 | この記事のURL
京田辺市民総体にて [2018年06月27日(Wed)]
 6月の初めに京田辺市民総合体育大会が行われ、本校の野球部も参加しました。9年生の長男は野球部に所属しているので、私も球場に足を運びました。年間を通して近隣の中学校や本校野球部OBとの練習試合はあるものの、公式戦は市民総体だけなので、この日は野球部の保護者だけでなく、違うクラブに所属する同級生や、野球部OBの先輩、そしてまだクラブに入っていない後輩達など、たくさんの人が応援に来てくれました。

 去年の試合では、緊張してあまり声が出ていなかったり、体の動きもぎこちなかったりした9年生ですが、今年は中学3年生の年で、野球部では一番先輩ということもあり、落ち着いて試合をしているように見えました。9年生のキャッチャーの男の子は、8年生がピッチャーの時に「ランナー見てね〜!」と声をかけるなど、後輩を気遣う余裕もできたんだな、と成長を感じられました。また、クラブに入って初めての試合となった7年生は、試合には出られなかった子が多かったのですが、ボールを審判に渡したり、バッターが塁に出る際に置いて行ったバットを拾う、といった仕事を嬉しそうにしていたのが印象的でした。

 残念ながら試合には負けてしまいましたが、子ども達の頑張る姿や普段と違う一面が見られて良かったな、と思いました。

                        n.m.
IMG_0667.jpg


Posted by 京田辺シュタイナー at 17:07 | クラブ活動 | この記事のURL
バレーボール部 [2018年04月14日(Sat)]
10年生の娘はバレーボール部に入っています。
普段の練習場所は校庭の端にある屋外のバレーコート。1面のコートを男子と女子で譲り合いながら使っています。
照明が無いので、日没が早い冬場は、練習の前に延長コードを使ってフェンスにライトを取り付け、練習が終わるとそれを取り外して片づけるのだとか。

6年生の後半でクラブの体験入部が始まったとき、娘がそんなことをたんたんと当たり前のように話しているのを聞いて、心の中でびっくり。「みんなよくやってるなぁ」と感心しました。
でも、昔バレーボール部だった夫曰く「すべり込み(スライディングレシーブ)の練習はできんやろな」。
さすがにそれは痛いだろうね。そういえば、コートの石拾いをしたと言ってたこともあったような・・・。

そんなバレーボール部にとって、長期休みは屋内でたっぷり練習できる貴重な時間。体育館を借りたり、他校に練習試合に行ったり、この春休みもよく出かけていました。
12年生の引退試合となる大会も目前です。いろいろハンデはありつつも、結構楽しそうにやってるバレーボール部の子どもたち。応援しているからね。頑張って!

n*h


Posted by 京田辺シュタイナー at 14:03 | クラブ活動 | この記事のURL
体験入部 [2016年01月10日(Sun)]
新年明けましておめでとうございます。
京田辺シュタイナー学校も1月7日から3学期が始まりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 京田辺シュタイナー学校では、7年生(中学1年生)から放課後のクラブ活動が始まります。
それに先立って6年生の11月から「体験入部」として、各クラブ活動に1時間だけ参加する機会が、設けられています。
6年生の息子も、待ちに待った「体験入部」に張り切って参加しています。

 本校には、野球部・バレー部・バスケ部・器楽部とテニス同好会があります。
息子は、最初から野球部に入りたいと言っていたのですが、担任の先生から各クラブに最低2回ずつは体験しに行くようにとお話があったそうで、他のクラブにも参加してみていました。

 まず最初はやっぱり野球部。
「楽しかった〜!」とニコニコしながら帰ってきました。
次にバレー部に。帰ってきた息子に「どうだった?」と尋ねると「楽しかった!」
次の器楽部は?「意外と楽しかった〜!」
では、バスケ部は?「うん、楽しかった!」
(テニス同好会は学校外で土・日に活動しているので参加しませんでした)結局全部楽しかったようです。

 担任の先生から「クラブ活動は、上の学年の先輩とより深く関われる機会でもあり、それが子ども達にとって、とても良い経験になっているようです」とお話がありましたが、息子の様子を見ていても、先輩方に教えてもらったり、話をする事で、世界がまた少し広がったような感じがします。
これから、同級生だけでなく、様々な学年の子どもとの関わりを通して、学ぶことも増えていくのだろうなと思いました。

                     n.m.
Posted by 京田辺シュタイナー at 10:58 | クラブ活動 | この記事のURL
野球部のこと [2014年09月20日(Sat)]

兄「キャッチボールする?」
妹「いいよ」

10年生の息子と8年生の娘はグローブとボールを持って、近所の公園(キャッチボールをすることが出来る公園です。)に自転車で走って行きました。
時には、家の前でバットの素振り、またある時は早起きをしてランニング。
兄妹二人はそろって野球部に入っています。そう本校の野球部には女子部員もいるのです。
家での二人は、決して猛烈な練習ぶりとは言えませんが、いかにも野球を楽しんでいる様子。試合の時に歌うべく、仲間一人一人の応援歌を作ったり、時おりラジオの野球放送を聴きながらスコアつけの練習をしたりもします。

駐車場兼用の小さなグラウンドしかない本校ですから、練習環境に恵まれているとは言えません。学校で出来るのは守備練習に限られていますし、毎日練習出来る訳でもありません。
それだけに、市のグラウンドを使わせて頂いて練習出来る時は喜びもひとしおです。

部の構成メンバーは現在7年生から10年生までで、24人。不思議なくらい上級生と下級生が仲良くやっています。
今年から野球部の指導を引き受けて下さったK監督は年度当初にこんなことを言って下さいました。
「私は中学時代から大学まで長く野球をやって来ました。でも、この学校の子どもたちくらい楽しそうに野球の練習をする子どもたちを見たことがありません。」
うれしいメッセージでした。

さぁ、スポーツの秋。おにぎり握っておいてあげるから、練習がんばって帰っておいで!

 k/k


野球.JPG
Posted by 京田辺シュタイナー at 07:00 | クラブ活動 | この記事のURL