CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«りんごろうそく | Main | 手毬づくり体験会に参加しました»
子どもと過ごす冬休み [2019年01月08日(Tue)]
あけましておめでとうございます。
本年が皆さまにとって、よき年となりますようにお祈り申し上げます

みなさまはどのような冬休みを過ごされましたでしょうか?
我が家は、毎年、冬休みの大半を京田辺で過ごします。
5年生の娘は、夏休みには、川やプールへと連日のように出かけますが、冬休みは打って変わって、家の中でほっこりと過ごします。
クリスマスまでは、お友達や家族へのクリスマスカードやプレゼントを作ったり、ツリーの飾りつけを作ったり。そして、クリスマスが終わると、カレンダー作りが始まります。1年生の時に「自分の絵のカレンダーを作ってみたい!」と言ったのがきっかけですが、この時は数枚の絵を描いただけで完成しませんでした。2年生になって、再びチャレンジすると、なんとか12枚の絵を描けるようになりました。その後、3、4年生と、徐々に、娘の担当箇所が増えていきましたが、暦の部分を書いたり装丁したりなど、作業の大半は私がしていました。
そして、5回目となった今回、いつ、手伝ってと言われるかと思っていると、「ママ、見て!」いつの間にか娘が一人で仕上げたカレンダーを見せに来ました。
季節にちなんだ12枚の絵は、自分の好きな動物や季節の風物を描いた、これまで同様のあどけないものに交じって、植物学や郷土学などの授業で学んだものを再現した、手の込んだ絵もあり、様々な意味で成長を感じました。

どこへ出かけるでもなく、派手な出来事もない日々ですが、クリスマスキャロルや学校で習った歌をいっしょに口ずさみながら、子どもと共に過ごす時間は、私にとって何よりのクリスマスプレゼントでした。
C.T

1月ブログ写真.JPG

Posted by 京田辺シュタイナー at 21:40 | 生活 | この記事のURL