CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«校舎が出来るまでの思い出〜両方の翼を広げたい・その2〜 | Main | 優しい上級生が大好き!»
12回目の誕生会 [2018年10月03日(Wed)]

「これ、Cちゃんが作ってくれた、誕生日のアルバムやねん。」

娘が見せてくれたのは、12年生の娘の誕生日を祝って、Cちゃんが贈ってくれたお祝いのアルバム。クラス全員一人一人の手をほぼ実物大の写真に撮り、そこにお祝いメッセージが書かれ1冊のアルバムにまとめられています。なんて素敵なプレゼント!
娘はにこにこ笑いながら「すごくうれしい!」と幸せそうでした。

娘達は高等部生になってから、くじ引きで自分が担当する相手を決めて、クラスメートの誕生日を祝い合ってきました。今年、娘の誕生日を担当してくれたのがCちゃんだったのです。

さて9月。娘の口からときおり聞こえてくるのはT君の誕生日のこと。娘はTくんのお祝いの係りになりました。
「T君の誕生日のアルバムどんな風にしようかなぁ。」
「Tくんの誕生日のおやつ何にしよう?」
Cちゃんに素敵なアルバムをいただいた娘は、こんどは自分がTくんに良い感じのアルバムを贈りたいと思っているようです。
小さいころは先生が開いて下さった誕生会。今は当然のように自分たちで同級生の誕生日を祝っています。

 娘は、クラスメート全員に、Tくんへのお祝いメッセージをカードに書いてもらいました。担当の先生からのカードもあります。ひとつとして同じカードはありません。文字もイラストも、メッセージも実にさまざま。
 娘はアルバムに細工をして「手紙を待つ少年に届く手紙」というストーリーを持たせ、完成させたようです。
一方娘が作ることにしたおやつは「ヘルシーレーズンバー」という焼き菓子でした。オーブンから焼き菓子の良い匂いが漂っていました。ひとつ味見をさせてもらいました。香ばしくどっしりした風味です。

今朝、娘はT君へのアルバムと26人分(クラスメートと担当の先生の分)のおやつを持って登校しました。
T君の12回目の誕生会はどんなだったのかな?
これまで娘たちがクラスメートや先生方とともに互いの誕生を祝ってこられたことを感謝しつつ。 
k/k
Posted by 京田辺シュタイナー at 13:08 | 生活 | この記事のURL