CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
九州経済圏における交通及び観光の振興と近代化を図るための事業を行い、もって地域経済の均衡ある発展に寄与し、あわせて民生の安定に資することを目的として、調査研究事業、施設整備事業、その他広報啓発等事業を柱に活動しています。

« フォーラム | Main | 機関誌 »

<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

九州運輸振興センターさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ktrc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ktrc/index2_0.xml
バリアフリー講習会in博多港の実施について[2016年11月30日(Wed)]
旅客船乗組員等のみを対象としたバリアフリー教室

〜鹿児島に続き博多でも開催〜


 (公財)九州運輸振興センターでは、日本財団の支援と助成を受け、11月17日(木) 、福岡市博多埠頭フェリーターミナルにおいて、九州運輸局との共催による「バリアフリー講習会in博多港」を開催しました。
 
 旅客船業界を対象にしたバリアフリー講習会等は、一昨年、当センターが鹿児島港において初めて開催し、昨年も連続して鹿児島港で開催しました。
 本年は、会場を博多港に変え、福岡地区旅客船協会、(公社)福岡県介護福祉士会、(公財)エコロジー・モビリティ財団(通称エコモ財団)等の協力を得て、直接、旅客と接触の機会の多い旅客船乗組員などを対象に実施しました。
 
 講習は座学と実技に分けて実施しましたが、座学ではエコモ財団の高橋徹氏からバリアフリーの必要性、バリアフリー法等バリアフリー制度の説明と旅客船におけるバリアフリーの基準や高齢者・障害者への接遇・介助に当たっての心構えなどの講義が行われるとともに、障害者の日常等を知ってもらう為に、高橋氏と障害者の生活と権利を守る福岡県連絡協議会の石松周会長との直接対話方式により、公共交通機関の利用を始め日常の行動などを紹介して頂き、いかに障害者の行動が大変であるかなど、生の声で聞いて頂きました。

IMG_1218.JPG

 実習は(公社)福岡県介護福祉士会による、車いす体験、高齢者疑似体験のため器具を使用して、待合所の椅子等の障害物がある中での通行、階段、エレベーターの利用、また、受付窓口での乗船名簿への記載など、高齢者や障害者と同様な立場での疑似体験をして頂きました。

IMG_1259.JPG

IMG_1264.JPG

 当日は44名の参加者がありましたが、参加者からは「高齢者や障害者の大変さが身に染みてわかりました。高齢者や障害者に対する考えを改めて自分自身考えていかないといけないと思いました。自分自身をまずバリアフリーにしていきたい。」、「今回の教室を通じて今後のバリアフリーに対する意識を高く持つことができた。さらに、疑似体験を行ったことで障害者がどのような気持ちなのかやどのようにしたら安心してもらえるかなどがわかり、とても良い大変貴重な体験になった。」など本教室に参加したことが今後の業務に大変役に立つものであったとの趣旨の声が多く聞かれました。

IMG_1308.JPG

 当センターでは、今後も九州運輸局等と連携したバリアフリー教室を九州各地で継続的に実施することにより、旅客船における一層のソフト面のバリアフリーの進展に寄与したいと考えています。

Posted by 九州運輸振興センター at 19:03 | バリアフリー | この記事のURL

鹿児島港発着フェリーのバリアフリー展を開催[2015年08月26日(Wed)]
鹿児島港発着フェリーのバリアフリーパネル展を開催

〜取り組んでいます船のバリアフリー化〜


 (公財)九州運輸振興センターでは、8月10日〜21日までの間、鹿児島市の桜島フェリーターミナル内で、鹿児島港を発着するフェリーのバリアフリー設備等を紹介したパネル展を開催いたしました。
 同展は、日本財団の支援と助成を受け、国土交通省九州運輸局鹿児島運輸支局並びに(公財)交通エコロジー・モビリティ財団(略称:エコモ財団)との連携により、昨年に引き続き開かれたもので、各フェリー船社の最新のバリアフリー設備などを紹介したパネル8点とエコモ財団のパネル2点を展示しました。

P1040151.jpg


P1040148.jpg

 鹿児島県では、本土と離島や奄美地域とを結ぶフェリー定期航路や錦江湾連絡航路は「海の国道」として重要な海上公共交通機関となっていますが、近年、利用者の高齢化等に対応した船舶のバリアフリー設備の整備や航路関係者等のバリアフリーに対する意識の向上など強く求められていることから、その一環として、昨年から各フェリー船社のバリアフリーへの取り組み状況等について広く紹介するとともに、関係者等へのバリアフリーについての啓発活動を図っています。
 
P1040149.jpg

 なお、パネル展に引き続き、11月7日(土)には、鹿児島市内においてフェリー乗組員等関係者を対象としたバリアフリー教室を開催することとしています。

Posted by 九州運輸振興センター at 10:43 | バリアフリー | この記事のURL

バリアフリー教室in鹿児島の開催報告[2014年11月20日(Thu)]
九州で初! 旅客船乗組員等のみを対象としたバリアフリー教室を開催


 (公財)九州運輸振興センターは、日本財団のアドバイスと支援を受け、平成26年11月15日(土) 、鹿児島市の鹿児島新港旅客フェリーターミナルにおいて、九州運輸局、鹿児島市との三者共催による「バリアフリー教室 in 鹿児島」を開催しました。
 
 近年、身体に障害のある者や高齢者者が、日常生活や社会生活がスムーズにできるような社会を目指すバリアフリーへの取り組みが、九州を始め全国各地で行われています。
 このような中、鹿児島県内の交通機関等においてもその取り組みは積極的に行われていますが、これまでバリアフリー教室などのソフト面での取り組みは、鉄道、バス、タクシーなど陸上交通に関わるものが多く、旅客船に関するものは少ない状況にありました。

 また、鹿児島県は、離島、半島などが多く、県民にとってこれらの地域に就航する旅客船は極めて重要な交通手段の一つであり、鹿児島県民を始めとして高齢者等の交通弱者を含む多くの人が利用しています。加えて、今後、離島を始め高齢化の進展が急速に進むことも見込まれています。
 このため、鹿児島県においては、今後もなお一層の旅客船に関するバリアフリー推進活動を進めていくことが求められています。その柱の一つにソフト面のバリアフリー、いわゆる心のバリアフリーの推進があり、事業者を始め関係者が積極的に取り組む必要があります。
 本教室は、このようなことを踏まえ、直接、旅客と接触の機会の多い旅客船乗組員などを対象に、バリアフリーに関する基本的な知識・技能などを習得するための研修として実施し、旅客船におけるより一層のバリアフリーの推進を図るとともにこれら乗組員等が実際の業務に活かしてもらうことを目的に開催したものです。

IMG_1458.jpg

 教室は、午前を座学とし、九州運輸局消費者行政・情報課宮嵜住男課長から、バリアフリー法の解説と、(公財)交通エコロジー・モビリティ財団の岩佐徳太郎部長から接遇・介助の必要性と意義などについて講義が行われ、午後は、実習として、鹿児島県社会福祉協議会により、車いす体験・高齢者疑似体験・介助体験が行われました。
 なお、今回の教室は、研修効果をより高めるために座学と実技を同時に実施するとともに、会場をターミナル、ボーデングブリッジ、フェリーを実際に使用し、通常の業務に近い状態で実施しました。また、九州においては旅客船乗組員等のみを対象のバリアフリー教室は、今回が初めてであり、かつ、多くの関係者が連携、協力して実施した内容の濃い教室となりました。

IMG_1504.jpg


IMG_1516.jpg
 
 参加者からは、「非常に勉強になった。今回参加していない乗組員などの関係者には是非とも受けてもらいたい」、「これまで車椅子を押すことがあったが、自分が実際に体験したら思った以上にスピード感があり怖い思いをしたので、このこのような経験を活かし、今後はその人の立場・気持ちを理解して対応することを心がけたい」などの声が聞かれました。
 また、特別に参加して頂いた障害者の生活と権利を守る会の所崎治代会長からは「初めて船関係の教室に参加させて頂いた。これまで船に乗って旅行することなかったが、参加者の熱心な取組を見て船の旅行をしたくなった。」などの感想を頂きました。

Posted by 九州運輸振興センター at 18:54 | バリアフリー | この記事のURL

船舶のバリアフリー施設を紹介するパネル展を実施[2014年09月02日(Tue)]
カーフェリーのバリアフリー設備を紹介!

〜桜島フェリーターミナルでパネル展を開催〜


 (公財)九州運輸振興センターは、日本財団の支援と助成を受け、また、九州運輸局鹿児島運輸支局と連携し、鹿児島市桜島フェリーターミナルで鹿児島県内のフェリー船内に設備されているバリアフリー設備等を紹介し、船舶のバリアフリーの啓発活動を行いました。
 
 近年、交通機関におけるバリアフリー施設の整備や交通輸送に携わる関係者のバリアフリーに対する意識は、交通バリアフリー法の制定などにより大きく改善、改革が図られていますが、まだまだ十分とは言い難い状況にあり、行政や交通事業者等の関係者は市民の身近にあるバスや電車などの公共交通機関を使用したバリアフリー教室やパネル展を開催するなどにより、関係者等への啓発増進が図られています。
 しかしながら、船舶においては、バス・タクシー等の交通機関に比べて、このような研修やパネル展が開催されることが少ない状況にあり、船舶に関するバリアフリーについてなお一層活発な啓発活動を実施することが求められており、当センターでは、行政や業界団体と連携し、その啓発活動を実施することに致しました。
 その一環として、今回、九州では初めてとなる「船舶のバリアフリー施設を紹介するパネル展」を実施したものです。

P1030622.jpg


P1030620.jpg

 パネル展は、8月19日(火)から8月29日(金)までの11日間、桜島フェリーターミナルにおいて、同フェリーや鹿児島〜沖縄航路に就航するフェリーの最新のバリアフリー設備など8点と(公財)交通エコロジー・モビリティ財団のパネル2点を展示しました。
 展示場所の桜島フェリーターミナルは、年間500万人以上が利用するわが国最大の乗降客数を誇り、また、夏場には納涼観光船で多くの市民が集まるターミナルであり、多くの方にパネルを見て頂き、旅客船のバリアフリーへの取り組みなどの理解を深めて頂くことができました。

P1030624 (2).jpg
 
 なお、本年11月15日(土)には、旅客船運航者の視点からバリアフリーへの理解増進を図るため、鹿児島新港新ターミナルにおいて、離島航路に就航するフェリーの乗組員や運航担当者を対象にバリアフリー教室(座学、実技)を開催することにしています。

Posted by 九州運輸振興センター at 14:13 | バリアフリー | この記事のURL