CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
九州経済圏における交通及び観光の振興と近代化を図るための事業を行い、もって地域経済の均衡ある発展に寄与し、あわせて民生の安定に資することを目的として、調査研究事業、施設整備事業、その他広報啓発等事業を柱に活動しています。

« お知らせ | Main | フォーラム »

<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

九州運輸振興センターさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ktrc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ktrc/index2_0.xml
2017(平成29)年度懸賞論文募集のお知らせ [2017年05月12日(Fri)]
九州圏の交通・観光の発展につながる研究論文を募集します

〜九州内外の大学等の学生・院生からの応募を待っています〜


 (公財)九州運輸振興センターは、日本財団の支援と助成を受け、九州圏における交通運輸・
 観光事業の発展及び地域経済社会の活性化に寄与することを目的に、以下の内容で「懸賞論
 文」を募集致します。
  なお、本懸賞論文募集は、2013年に開始し、過去4年とも多くの応募があり、各年ともに最
 優秀賞1編、優秀賞2編〈一昨年度は1編〉を選定、表彰式を行いました。

 ○募集の趣旨
   本研究論文は、次世代を担う方たちの叡智を通じて、新たな切り口を発掘し、九州圏など
  (九州7県及び山口県)における交通・観光産業の一層の発展と地域社会の活性化に寄与す
  るために実施するものです。
 
 ○テーマ等
   上記趣旨に沿ったもので、交通・観光に関するもので、「積極的でユニークな提案・提
  言」を求めます。

 ○応募資格
   大学等(短期大学を含む。)の学生及び院生で、締切日における年齢が満35歳未満の方と
  します。なお、応募資格を有する方による共同執筆も可能になっております。

 ○応募方法
   応募は、当センターが指定した様式により作成された論文と当該論文のPDFを電子メール
  で送信して下さい。
   なお、応募方法の詳細等につきましては、当センターホームページ「懸賞論文募集」内の
  「2017(平成29)年度(公財)九州運輸振興センター懸賞論文募集要項」をご覧下さい。

 ○応募締切
   2017年10月31日必着

 ○応募の取扱い
   最優秀論文1編、優秀論文若干編を決定いたします。
   審査は、当センターに設置した懸賞論文審査委員会(竹島和幸会長、大学の先生4名、九州
  運輸局観光部長の計6名の審査員で構成)で厳正に審査致します。
   なお、最優秀論文は当センターホームページ及び当センター機関誌「九州うんゆジャーナ
  ル」に、優秀論文は同ホームページ(九州運輸ジャーナルには要旨のみ。)に掲載するとと
  もに論文内容に関係する地方自治体、関係業界団体等へ送付し、行政施策や業界活動等の参
  考にして頂くことにしています。

 ○表彰
   最優秀論文賞 副賞10万円(1編)
   優秀論文賞  副賞 5万円(若干編)

 ○問合せ等
   問合せは、(公財)九州運輸振興センター TEL 092−451−0469(師岡・西井)へ又は
  当センターホームページの「お問合わせフォーム」からお願いします。   

Posted by 九州運輸振興センター at 16:52 | 懸賞論文 | この記事のURL

平成28年度懸賞論文の最優秀賞・優秀賞の授賞式を行いました[2017年03月03日(Fri)]
平成28年度懸賞論文受賞者について(報告)


 本年度の募集には、昨年度と同数の九州及び関東の大学・大学院から9編(バス関係2編、バス・鉄道関係1編、物流関係2編、航空関係1編、観光関係3編)の応募がありました。応募論文につきましては、当センターに設置した学識経験者4名、行政1名、当センター会長の6名からなる懸賞論文審査委員会において、厳正に審査した結果、以下の通り最優秀賞1編と優秀賞2編を決定いたしました。

最優秀賞受賞者   福岡大学大学院 工学研究科 田中啓介様、西原大樹様、藤美沙子様
          テーマ:福岡市における都心循環BRTの走行空間に関する研究
                       
優秀賞受賞者    佐賀大学大学院 工学系研究科 月川 駿様、張 露月様、石 陽様
                  地域デザイン研究科 吉永翔平様
          テーマ:福岡市における新しい公共交通指向型開発の提案
                〜目的地集約型都市構造を目指して〜

          駒澤大学 経済学部 小松拓也様、阿波賀直人様
          テーマ:天草地域のブランディング化と観光による地域活性化

 また、平成29年3月1日(水)に福岡市のホテルにおいて、授賞式を行いました。
授賞式では、竹島会長から主催者挨拶を行った後、最優秀賞受賞者である福岡大学大学院工学研究科の田中啓介様、西原大樹様、藤美沙子様へ、優秀賞受賞者の佐賀大学大学院工学系研究科の月川駿様、張露月様、石陽様、地域デザイン研究科の吉永翔平様及び駒澤大学経済学部の小松拓也様、阿波賀直人様へ、今回の受賞を讃え、賞状と副賞が手渡されました。
 
IMG_1696.jpg

IMG_1701.jpg

IMG_1704.jpg

 続いて、受賞者を代表して、最優秀賞受賞者の西原様から謝辞があり、その後、竹島会長を囲んで記念写真撮影を行い、また、会長と各受賞者との懇談が行われました。

IMG_1714.jpg


 なお、この3編については、当センターホームページの「懸賞論文募集」→「2016年度懸賞論文審査結果」からご覧になれます。

Posted by 九州運輸振興センター at 20:42 | 懸賞論文 | この記事のURL

2016(平成28)年度懸賞論文募集のお知らせ[2016年05月30日(Mon)]
2016(平成28)年度懸賞論文を募集します

〜九州・山口の交通運輸・観光の発展に貢献〜

 
 (公財)九州運輸振興センターは、日本財団の支援と助成を受け、九州圏における交通運輸・観光事業の発展及び地域経済社会の活性化に寄与することを目的に、以下の内容で「懸賞論文」を募集いたします。
 本懸賞論文募集は、2013年に開始し、過去3年とも多くの応募があり、昨年度は最優秀賞1編、優秀賞1編を選定、授賞式を行いました。
 審査は、当センターに設置した懸賞論文審査委員会(当センター会長、大学の先生4名、九州運輸局観光部長の6名の審査員で構成)で、厳正に審査いたします。

○ 募集の趣旨
 本研究論文は、次世代を担う方たちの叡智を通じて、新たな切り口を発掘し、九州圏など(九
 州7県及び山口県)における交通運輸・観光産業の一層の発展と地域社会の活性化に寄与する
 ために実施するものです。

○ テーマ
 上記趣旨に沿ったもので、交通運輸・観光に関するもので、「積極的でユニークな提案・提
 言」を求めます。

○ 応募資格
 学生及び院生で、締切日における年齢が満35歳未満の方とします。なお、応募資格を有する方
 による共同執筆も可能になっております。

○ 応募の取扱い
 最優秀論文1編、優秀論文若干編を決定いたします。
 なお、最優秀論文は、当センターホームページ及び機関誌「九州うんゆジャーナル」に掲載い
 たします。

○ 表彰
 最優秀論文賞 賞状及び副賞10万円(1編)
 優秀論文賞  賞状及び副賞 5万円(若干編)

○ 応募締切
 2016(平成28)年10月31日必着

○ 応募方法
 応募は、MS−WORDにより作成された原稿及び当該原稿のPDFを電子メールで送信して
 下さい。
 なお、本懸賞論文の詳細な「募集要項」等につきましては、当センターホームページの「懸賞
 論文募集」
をご覧下さい。

○ 問合せ等
 問合せは、(公財)九州運輸振興センター TEL 092−451−0469 (師岡・西井)へ又は当
 センターホームページの「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。

Posted by 九州運輸振興センター at 11:46 | 懸賞論文 | この記事のURL

平成27年度懸賞論文の最優秀賞・優秀賞の授賞式を行いました。[2016年02月24日(Wed)]
平成27年度懸賞論文受賞者について(報告)


 本年度の募集には、九州及び関東の大学から10編(観光関係5編、鉄道関係2編、航空関係2編、バス関係1編)の応募がありました。応募論文につきましては、当センターに設置した学識経験者4名、行政1名、当センター会長の6名からなる懸賞論文審査委員会において、厳正に審査した結果、以下の通り最優秀賞1編と優秀賞1編を決定いたしました。


  最優秀賞受賞者   九州産業大学 商学部商学科 田原滉一朗様、野瀬将司様
            テーマ:地方都市における公共交通のあり方
                〜地方自治体はどのように地域住民の移動の足を守るか〜
         
  優秀賞受賞者    西南学院大学 商学部商学科 坂本琴子様 
            テーマ:災害から学ぶ福岡のローカル線

 また、平成28年2月15日(月)に福岡市において、授賞式を行いました。
 授賞式では、田中会長から主催者挨拶を行った後、最優秀賞受賞者である九州産業大学の田原滉一朗様、野瀬将司様、優秀賞受賞者の西南学院大学の坂本琴子様へ、今回の受賞を讃え、賞状と副賞が手渡されました。
IMG_0282.jpg
 

IMG_0288.jpg

 続いて、受賞者を代表して、最優秀賞受賞者の田原様から謝辞があり、その後、田中会長を囲んで記念写真撮影を行い、また、会長と各受賞者との懇談が行われました。

IMG_0301.jpg


 なお、この2編については、当センターホームページの「懸賞論文募集」→「2015年度懸賞論文審査結果」からご覧になれます。

Posted by 九州運輸振興センター at 14:15 | 懸賞論文 | この記事のURL

2015年度懸賞論文の募集について[2015年05月27日(Wed)]
2015年度懸賞論文を募集します

〜九州・山口の交通運輸・観光の発展に貢献〜


(公財)九州運輸振興センターは、日本財団の支援と助成を受け、九州圏における交通運輸・観光事業の発展及び地域経済社会の活性化に寄与することを目的に、以下の内容で「懸賞論文」を募集いたします。

 本懸賞論文募集は、2013年に開始し、過去2年とも多くの応募があり、各年ともに最優秀賞1編、優秀賞2編を選定、授賞式を行いました。
 審査は、当センターに設置した懸賞論文審査委員会(田中浩二会長、大学の先生4名、九州運輸局企画観光部長の6名の審査員で構成)で、厳正に審査いたします。

○募集の趣旨
 本研究論文は、次世代を担う方たちの叡智を通じて、新たな切り口を発掘し、九州圏など(九州7県及び山口県)における交通運輸・観光産業の一層の発展と地域社会の活性化に寄与するために実施するものです。

○テーマ
 上記趣旨に沿ったもので、交通運輸・観光に関するもので、「積極的でユニークな提案・提言」を求めます。
○応募資格
 学生及び院生で、締切日における年齢が満35歳未満の方とします。なお、応募資格を有する方による共同執筆も可能になっております。

○応募の取扱い
 最優秀論文1編、優秀論文若干編を決定いたします。
 なお、最優秀論文は、当センターホームページ及び機関誌「九州うんゆジャーナル」に掲載いたします。

○表彰
 最優秀論文賞 副賞10万円(1編)
 優秀論文賞  副賞 5万円(若干編)

○応募締切
 2015年10月31日必着

○応募方法
 応募は、MS−WORDにより作成された原稿及び当該原稿のPDFを電子メール(アドレスは募集要項を参照)で送信して下さい。

○問合せ等
 問合せは、公益財団法人 九州運輸振興センター TEL 092−451−0469 (師岡・西井)へ又は当センターホームページの「お問い合わせ」フォームからお願いいたします。
 なお、本懸賞論文の詳細な「募集要項」等については、当センターホームページの「懸賞論文募集」をご覧下さい。

Posted by 九州運輸振興センター at 10:02 | 懸賞論文 | この記事のURL

懸賞論文の最優秀賞者・優秀賞者の授賞式を行いました[2015年02月10日(Tue)]
懸賞論文の最優秀賞者・優秀賞者の授賞式を行いました


 (公財)九州運輸振興センターでは、日本財団の支援と助成を受け、大学等における交通経済及び観光に関する研究を促進するとともにその研究成果を交通運輸・観光産業に活かすことにより九州圏内の交通運輸・観光並びに地域社会の活性化に寄与することを目的として、昨年度(平成25年度)から懸賞論文の募集を実施しています。

 本年度の募集には、昨年度と同数の九州及び関東の大学から8編(鉄道関係1編、観光関係7編)の応募がありました。応募のあった論文は、当センターに設置した学識経験者4名、行政1名、当センター会長の6名からなる懸賞論文審査委員会において、厳正に審査した結果、最優秀賞1編と優秀賞2編を決定し、平成27年2月9日(月)に福岡市において、授賞式を行いました。

IMG_1937.jpg

 授賞式では、田中会長から主催者挨拶を行った後、最優秀賞受賞者である中村学園大学浅岡ゼミナール(ゼミナール生20名全員の共作)・代表者の馬場建彌氏へ、優秀賞受賞者駒澤大学経済学部代表者の松岡遥氏(他3名の共作)、西南学院大学商学部の古子未来氏・尾崎梨花氏へ、今回の受賞を讃え、賞状と副賞(最優秀賞10万円、優秀賞各5万円)が手渡されました。
 また、受賞者を代表して、最優秀賞受賞者の馬場氏から謝辞の挨拶がありました。その後、田中会長を囲んで記念写真撮影を行い、また、会長と各受賞者との懇談が行われました。

IMG_1951.JPG

 なお、今回、最優秀賞を受賞した中村学園大学浅岡ゼミナールのテーマは「福岡市の観光活性化に関する調査研究 『博多部』の魅力を高めるための考察と提言」であり、本論文では、博多の観光ガイドブックでは博多の魅力としてグルメやショッピングの紹介が多くなっていることから、これに加え、博多部といわれる寺社仏閣が集積している地域に焦点を当て、新たな観光スポットとして、この地域の魅力を引き出すための調査研究を行い、この地域の活性化についての考察と提言を行ったものです。
 優秀賞は、松岡遥氏他3名は「アジア人リピーターによる地域活性化」、古子未来氏・尾崎梨花氏は「ハーモニーランドをよりよくするために」をテーマにした調査研究論文になっています。
なお、この3編については、当センターホームページの「懸賞論文募集」→「懸賞論文審査結果」からご覧になれます。

Posted by 九州運輸振興センター at 17:33 | 懸賞論文 | この記事のURL

2014年度懸賞論文募集のお知らせ[2014年06月23日(Mon)]
2014年度 懸賞論文募集のお知らせ


 (公財)九州運輸振興センターでは、九州圏における交通運輸・観光事業の発展と経済社会の進展に資するため、各種の調査研究事業を行っていますが、調査研究の一環としまして、昨年度より、懸賞「提案・提言」論文の募集事業を実施しており、本年度も引続き実施することに致しました。

 この懸賞「提案・提言」論文の募集事業の趣旨は、次世代を担う方々の叡智を通じて調査、研究の新たな切り口を発掘し、九州圏における交通運輸・観光の一層の発展と地域社会の活性化に寄与しようとするものです。

【テ ー マ】
 上記趣旨に沿ったもので、交通運輸・観光に関するもので、「積極的でユニークな提案・提言」を求めます。

【応募資格】
 学生及び院生で、締切日における年齢が満35歳未満の方とします。なお、応募資格を有する方による共同執筆も可能になっております。

【応募締切】 2014(平成26)年10月31日(金)必着

【表  彰】 最優秀論文賞 副賞10万円(1編)、優秀論文賞 副賞 5万円(若干編)

 なお、懸賞論文の詳しい募集要項につきましては、当センターホームページの「懸賞論文募集」をご確認下さい。

Posted by 九州運輸振興センター at 10:22 | 懸賞論文 | この記事のURL

懸賞論文募集で最優秀賞者・優秀賞者を表彰[2014年05月02日(Fri)]
懸賞論文募集で最優秀賞者・優秀賞者を表彰



(公財)九州運輸振興センターは、日本財団の支援と助成を受け、昨年度(平成25年度)から、懸賞論文の募集を開始しました。

 近年、交通運輸産業を取り巻く環境は、燃料油の高止まりや環境問題への対応、少子高齢化の一層の進展など厳しい状況が続いています。また、わが国の成長産業としてとらえられている交通運輸産業とかかわりの深い観光産業においては、観光立国の実現に向けて官民一体となった取り組みが行われているところです。
 他方、大学や民間の研究機関においては、交通運輸・観光経済(交通運輸産業)等に関する研究等が行われているものの他の産業(製造業、農業等)に比べて活発に行われているとは、また、行われていてもその成果が他の産業と比べ、十分に活かされているとは言い難い状況にあります。

 このため、当センターでは平成25年度から大学や民間の研究機関等における交通経済及び観光に関する研究を促進するとともにその研究成果を交通運輸・観光産業に活かすことにより、九州圏内の交通運輸・観光並びに地域社会の活性化に寄与することを目的として、懸賞論文を募集致することにしたものです。

 今回の募集には、九州内外の大学等から8編の応募があり、当センターに設置した懸賞論文審査委員会において厳正に審査した結果、最優秀賞1編と優秀賞2編を決定し、4月19日福岡市において表彰式を行いました。
 表彰式では、田中会長から受賞者3名の方々に、受賞を讃え、賞状と副賞が手渡され、また、受賞者代表の最優秀賞受賞者の工藤勇歩氏(長崎県立大学経済学部流通・経営学科4年:昨年度当時。以下同じ。)から謝辞の挨拶が行われました。その後、田中会長を囲んで記念写真撮影が行われました。

IMG_3749.jpg

田中会長主催者挨拶

IMG_3763.jpg

賞状・副賞授与:最優秀賞 工藤勇歩氏

 今回、最優秀賞を受賞した工藤勇歩氏のテーマは「災害物流―東日本大震災を例に−」であり、本論文では、東日本大震災の支援物流について、復興支援活動の一つである物的支援について的を絞り、災害発生時においてどのような過程で有事の際の物流から平常時の物流にシフトしていくかの流れを明確にし、実際に起こった物流の問題点の改善策について、また、地方公共団体の取組みとして地元が抱える問題を踏まえた上での対策においても民間物流業者とともに話し合い、今後さらに災害に強い物流システムの構築に向かうために民間との協力協定の推進が必要と、提言されています。

IMG_3767.jpg

賞状・副賞授与:優秀賞 水田拓希氏

IMG_3771.jpg

賞状・副賞授与:優秀賞 黒瀬葉月氏

 優秀賞は、水田拓希氏(大分大学工学部福祉環境工学科4年)のテーマ「大分市におけるバス停留所の整備状況の把握と整備基準に関する研究」と黒瀬葉月氏(西南学院大学商学部商学科3年)のテーマ「国管理空港の経営課題」の2編が受賞しました。

IMG_3787.jpg

左から黒瀬氏、工藤氏、田中会長、水田氏

 なお、この3編については、当センターホームページの「懸賞論文募集」→「懸賞論文審査結果」からご覧になれます。

Posted by 九州運輸振興センター at 11:54 | 懸賞論文 | この記事のURL

平成25年度 懸賞「提案・提言」論文募集について[2013年09月06日(Fri)]
平成25年度 懸賞「提案・提言」論文募集のご案内


 (公財)九州運輸振興センターでは、九州圏域における運輸交通・観光事業の発展と経済社会の進展に資するため、各種の調査研究事業を行っていますが、調査研究の一環としまして、本年度より、懸賞「提案・提言」論文の募集事業を実施することといたしました。

 この懸賞「提案・提言」論文の募集事業の趣旨は、次世代を担う方々の叡智を通じて調査、研究の新たな切り口を発掘し、九州圏域における運輸交通・観光の一層の発展と地域社会の活性化に寄与しようとするものです。

【テ ー マ】
 上記趣旨に沿ったもので、交通運輸(本年度は公共交通及び物流を対象)に関するもので、「積極的でユニークな提案・提言」を求めます。

【応募資格】
 学生及び若手研究員など(例えば、大学の研究員・講師・准教授等、NPO法人などの非営利組織や団体・民間企業で研究に携わっている方など)で、締切日における年齢が満40歳未満の方とします。なお、応募資格を有する方による共同執筆も可能になっております。

【応募締切】 2014年(平成26年)1月15日必着

【表  彰】 最優秀論文賞 副賞10万円(1編)、優秀論文賞 副賞 5万円(若干編)

 なお、懸賞論文の詳しい募集要項につきましては、当センターホームページの「懸賞論文募集」をご確認下さい。

★お問合せ先  〒812‐0013 
        福岡市博多区博多駅東3丁目10番17号 陸運会館3階
         公益財団法人 九州運輸振興センター
         懸賞「提案・提言」論文募集事業 事務局(担当:西井・師岡)
         TEL 092-451-0469  FAX 092-451-0474
         又は当センターHPのお問合せフォームよりお問合せ下さい。

Posted by 九州運輸振興センター at 18:42 | 懸賞論文 | この記事のURL