CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«アルバムで巡る路面電車 | Main | 防災の日»
たとえば2000円で [2018年08月24日(Fri)]
こんにちは。交通文化振興財団事務局です。

お盆が過ぎて、暑さも少し和らいだかに思われましたが、22日には大阪の堺市で39.7度と記録的な暑さとなるなど、まだまだ暑さは続きそうですね。
さて、当財団事務局の交通資料調査センターの活動は、皆様からのご支援を頂きながら実施しております。当財団へのご支援には、その都度ご寄付をいただく寄付金に加えて、一度のお申込みで毎月一定額をご寄付いただけるマンスリーサポートもご用意しております。
それぞれ、都度の寄付金は1回2,000円以上、マンスリーサポートは月1,000円からご寄付いただけます。

都度寄付の開始金額である2,000円で何ができるかというと…
たとえば2,000円のご寄付では、スライドフィルムを約50点もデジタル化することができます。寄贈いただいたスライドフィルムの中には、撮影時より相当の年数を経ているものもあり、早期のデジタル化が必要となってきています。
スライドフィルム縦2.jpg
スライドフィルム50点


マンスリーサポートで毎月1,000円をご支援いただけると、1年間で約300点のスライドフィルムのデジタル化が可能となります。
スライドファイル300小.jpg
300点を広げると作業机の上一面となりました。


交通の歴史と文化を後世に伝えるため、皆様からの温かいご支援を頂けますようお願い申し上げます。(ご寄付の詳細やお申込みについてはこちらをご覧ください)


Posted by 交通文化振興財団事務局 at 12:52 | その他 | この記事のURL