CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«新たなスタートに向けて | Main | 寄贈資料受け入れ後の作業»
5月は自転車月間 [2018年05月25日(Fri)]
こんにちは。交通文化振興財団事務局です。

5月も終盤となりましたが、今月は自転車月間となっています。もともとは昭和56年5月に「自転車の安全利用の促進及び自転車駐車場の整備に関する法律」が施行されたことを記念して定められた月間でしたが、平成29年5月1日に施行された自転車活用推進法において、5月を自転車月間とする旨が明記されました。
 期間中には、5月5日の自転車の日(平成10年、自転車月間推進協議会が制定、平成29年5月1日施行の自転車活用推進法に明記)や5月22日のサイクリングの日(平成21年、日本サイクリング協会が制定)などの自転車に関する記念日が定められています。
 
 さて、自転車という言葉は、明治3年に竹内寅次郎が東京府に提出した自転車の製造・販売の許可願書にはじめて使われたとされています。明治時代の自転車は大半がアメリカやイギリス等からの輸入品で、価格も高く特別な乗り物でした。大正時代に国産化が進み価格も低下したことにより、昭和初期にかけて一般大衆に普及していきました。
 今回ご紹介する資料は、昭和初期に発行されたと思われる大阪の自転車販売店のチラシです。現在の自転車と少し異なるスタイルの車体やタイヤ、部品などがリアルなタッチのイラストで掲載されており、思わず見入ってしまいます。
自転車チラシ.jpg

自転車チラシ21.jpg

自転車31.jpg


自転車月間最後の週末がサイクリング日和となるといいですね。
Posted by 交通文化振興財団事務局 at 10:03 | 収蔵資料の紹介 | この記事のURL