CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«節分ですね | Main | 梅の季節に»
温泉でゆっくりほっこり [2018年02月09日(Fri)]
こんにちは。交通文化振興財団事務局です。

まだまだ寒い日が続いており、「温かいもの」が恋しくなります。鍋物やおでん、うどんにラーメンなど温かい食べ物は多々ありますが、この時期、温泉でゆっくり温まって疲れを癒したいという方も多いのではないでしょうか。
ということで、所蔵資料より関西の奥座敷、有馬温泉のパンフレットをご紹介。
神戸電鉄が観光神鉄No1として発行したパンフレットで、タイトルはシンプルに「有馬温泉」。掲載されている運賃から昭和20年代後半に発行されたものと考えられます。神戸電鉄は、神戸有馬電気鉄道として設立され、昭和3年11月に湊川駅〜電鉄有馬駅(現、有馬温泉駅)で営業運転を開始。以来、90年にわたって有馬温泉への主要アクセスとしての役割を果たしてきました。
こちらのパンフレットでは、有馬温泉の歴史や効能、四季の見所などが紹介されており、見る人を温泉へと誘います。

有馬1.jpg

表紙には1月2日に行われる入初式の御輿渡御の写真。
入初式は江戸時代から続いている伝統行事で、「神戸市地域無形民俗文化財」にも認定されています。


有馬3.jpg

有馬温泉案内図


有馬 4.jpg

「治らぬのは『恋の病い』だけ」


有馬 5.jpg

温泉だけではなく四季の景色も。


有馬2.jpg

大阪から有馬温泉への経路も紹介


今週末は3連休。皆様もお近くの温泉でゆっくり温まって、ほっこりされてはいかがですか?

Posted by 交通文化振興財団事務局 at 11:47 | 収蔵資料の紹介 | この記事のURL