CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«資料閲覧コーナー整備に向けて | Main | 四天王寺春の大古本祭り»
自動車青年 [2017年04月27日(Thu)]
こんにちは。交通文化振興財団事務局です。

 早いもので、4月も終盤となり、ゴールデンウィーク(GW)を迎えます。GWにはお出かけで、いろいろな交通機関を利用する機会があるかと思いますが、自家用車を利用されることも多いのではないでしょうか。
さて、4月に収集した資料の整理をしていましたら「自動車青年」とういう雑誌が目に入りました。今回収集したのは、昭和23年1月号〜12月号(5月号欠)でしたが、その表紙をみて「おーっ」と思わず声をあげたら、私の大先輩にあたる臨時職員H氏(元交通科学博物館学芸員)が、それを見やり「スーパーカーみたいや!」と相槌を打ちました。
 スーパーカーと言えば日本でも、ランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェ、ロータスなど、欧米の自動車の競演により、1970年代から80年代にかけて一大ブームが起こりました。

自動車青年小.jpg

資料のデータを採りながら、併せて資料に纏わる話も。


H氏は続けて、「そう言えば、交通科学館時代にはスーパーカーを取り上げた展覧会や、ミニ四駆ブームの頃はミニ四駆の走行会なんかもやったなあ」と、ブーム以前に発行された雑誌をしみじみと見入りながら述懐していました。資料の年代によっては、昔を懐かしみながら整理作業を進めることもしばしばです。

当財団では、このように自動車を含め、幅広く「交通資料」の収集・調査に努めています。
皆様の思い出とともに交通の歴史と文化を未来につたえることができるよう活動を続けてまいります。
Posted by 交通文化振興財団事務局 at 16:12 | 資料の収集・保存 | この記事のURL