CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

長野失語症友の会

「失語症者の未来を拓く」を合言葉にここ数年、演劇活動による言語リハビリに力をいれ、「患者・家族・言語聴覚士・ボランティアのコラボレーション」を常に願いつつ本格的な舞台を創造してきました。この活動を通して「当事者の声」を地域・行政・福祉・医療などの関係機関に届けたいと願っています。
また、2年にわたり200時間以上撮影してきたドキュメンタリー映画「言葉のきずな」が完成し、平成25年の10月公開が決まりました。






プロフィール

ぐるっと一座さんの画像
ぐるっと一座
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
土屋
失語症フォーラム終了 (02/18) 柳 治雄
失語症フォーラム終了 (02/16) 柳 治雄
失語症フォーラム終了 (02/16) 管理者
新年のご挨拶 (01/31) 管理者
失語症フォーラム (01/31) 宮原 理
失語症フォーラム (01/30) 和田 一郎
新年のご挨拶 (01/21) 和田 一郎
新年のご挨拶 (01/21) 管理者
通信発行 (01/04) 山口
通信発行 (12/26)
月別アーカイブ
通信 [2011年10月31日(Mon)]
10月も最終日。
いつ頃からハローウィンのお祭りが日本でも行われるようになったのでしょうか?
昨日は松本失語症友の会の劇練習日で松本へ行きましたが、松本の町にもハローウィンの仮装をしたグループが歩いているのを見かけました。

劇練習といっても台本がまだできていません。しかし、皆さんのアイデアを出し合い、劇の全容が見えてきました。
会長さん曰く「もうできあがったよ。」
いえいえ、これからが大変なのです。
でも素敵な劇になりそうです。
冬に向かって練習の日々が続きますが、体調には気を付け、頑張りましょう。

2か月ぶりの通信を発行しました。
 10月通信
   ↓


ドキュメンタリー映画「言葉のきずな」の撮影も着々と進んでいます。しかし、資金がなかなか集まりません。
皆さんのお力が必要です。
協賛して下さる方、企業などご存知でしたらご連絡ください。
ご協力よろしくお願いします。




失語症フォーラムin 上田 [2011年10月24日(Mon)]
前回のブログから2か月が経ってしまいました。
その間、活動は広がり、輪も広がってきています。

忙しさにかまけ、告知するのを忘れたことを反省していますが、10月23日(日)東御市文化会館で「失語症フォーラム in 上田」が開催されました。
お天気が心配されましたが、お日様が顔を出し、暖かくなりました。

地域の方々が見に来て下さり、オープニングは日本手話ダンスクラブ「ほほえみ」による手話ダンス。
「魔法の言葉」と「ふるさと」。暖かなダンスにほっこり。
次は、信州大学YOSAKOI祭りサークル 和っしょい による踊り2曲。
「よさこいソーラン」と「オリジナル演舞「信濃の秋祭りを!さぁ!」迫力ある若さいっぱいの踊りに、会場も盛り上がりました。
法被を脱ぐシーンで、踊りで鍛え抜かれた体に思わずよだれが・・・なんてはしたないことはありませんよ。


シンポジウム・公開ワークショップに続いて、メインイベント、失語症者・構音障害者によるテーマ劇「上田わっしょい!地域で自分らしく生きる!」の上演。
シナリオ構想からわずかの期間で、通しで練習できたのはリハーサルをいれて4回だったでしょうか。
それでも本番は、今までで一番の出来で、上田言語障害者友の会のみんなの思いが伝わった、素晴らしい劇になったと思います。
これからもさらに多くの方々に失語症・構音障害について知っていただき、正しい理解と適切な支援を求めていきたいと考えています。




今回は上田言語障害者友の会が中心となって東信地区を対象に開催した人材育成講座と失語症フォーラムでしたが、次は松本失語症友の会が中心に、中信地区の人材育成講座と失語症フォーラムin 松本を行います。
多くの方々に参加していただきたいと願っています。