CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

長野失語症友の会

「失語症者の未来を拓く」を合言葉にここ数年、演劇活動による言語リハビリに力をいれ、「患者・家族・言語聴覚士・ボランティアのコラボレーション」を常に願いつつ本格的な舞台を創造してきました。この活動を通して「当事者の声」を地域・行政・福祉・医療などの関係機関に届けたいと願っています。
また、2年にわたり200時間以上撮影してきたドキュメンタリー映画「言葉のきずな」が完成し、平成25年の10月公開が決まりました。






プロフィール

ぐるっと一座さんの画像
ぐるっと一座
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2009年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
土屋
失語症フォーラム終了 (02/18) 柳 治雄
失語症フォーラム終了 (02/16) 柳 治雄
失語症フォーラム終了 (02/16) 管理者
新年のご挨拶 (01/31) 管理者
失語症フォーラム (01/31) 宮原 理
失語症フォーラム (01/30) 和田 一郎
新年のご挨拶 (01/21) 和田 一郎
新年のご挨拶 (01/21) 管理者
通信発行 (01/04) 山口
通信発行 (12/26)
月別アーカイブ
宅老所「やまや」 [2009年05月18日(Mon)]
緑が目に鮮やかな5月、ゴールデンウィークも終わり、ホッと一息、落ちつきを取り戻してきた頃、日本でも新型インフルエンザの感染が拡大し始めました。
昨日の雨にも関らず、善光寺には全国各地からの参拝客で賑わっていました。
いつ長野にも感染が広がるかわかりません。うがい、手洗い、マスクなどで予防しなくてはいけませんね。


4月の下旬、長野市小市にある宅老所「やまや」へ行ってきました。



責任者の塚田さんは、友の会会員だったお母様の為に自宅を改装して宅老所を開設、月曜日〜金曜日、午前9時30分〜午後4時30分の間、老人の方々の面倒をみています。

この日は、10名程のお年寄り(黒1点)がジャガイモの芽を取る作業をしていました。
その間にも、お昼寝をされる方、入浴をされる方など、それぞれのペースでゆっくりのんびり楽しんでいるようです。

ジャガイモの芽を取る作業の後は、失語症友の会主催、土屋講師によるフラワーアレンジメント教室。
コップに思い思いの花を自由な発想で生けていきます。



皆さんの顔が輝きますね。個性も現れます。

 職員と相談しながら塚田さん、真剣ですね。

素敵な作品ができました。
















出来上がったお花と一緒に記念撮影も済ませ、いよいよ昼食です。

この日のメニューは、ごはん、お味噌汁、サメの煮付け、ネギのマリネ、ホタルイカの酢味噌乗せ、牛蒡・人参・鶏肉の煮物、かぼちゃの煮つけ、粉ふき芋です。
季節のものをおいしく召し上がっていただけるように、食事担当の職員がメニューを考え、すべて手作りです。お野菜等は近所の方々からの差し入れがあるそうです。
このような協力は嬉しいことですね。




職員は6名ほどで30代の方が多いようでした。
入浴介助をしたり、食事の用意、介助、後片付け、送り迎えなど大変なお仕事だと思いますが、笑顔で優しく話しかけ、手を沿え利用者の為に一生懸命な姿が素敵でした。


以下、やまやのパンフレットより抜粋
やまやの一日
  お茶を飲みながらおしゃべりをして、体操をしたり、昔よく歌った歌を歌ったり、お散歩したり・・・
  ゆっくりとお風呂に入って、お昼寝をして・・・。
  いろいろな所へお出かけもします。
  みんなでいろいろ作ります。(やしょうま作り、肉まん作り、靴下マット作り・・・)
新緑の5月 [2009年05月02日(Sat)]
新緑がきれいなさわやかな5月になりました。
長野市内は白とピンクのハナミズキが咲き誇っています。

ETC利用で高速道路料金が、どこまで行っても1,000円のこのゴールデンウィーク。
お出かけの車が多いようです。
善光寺の御開帳で長野市内も込み合っています。
29日、朝6時前に善光寺へ行きましたが、普段の早朝とは打って変わって、まるで日中のような賑わいでした。
6時からのお数珠頂戴の列が本堂から山門下までの続き、回向柱の周りも人がいっぱいでした。

早朝の善光寺



5月の通信を発行しました。
こちらです。↓

      

tuusin5gatu.pdf