CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2014年06月 | Main
140712 ベンチづくりAとベンチの設置 [2014年07月28日(Mon)]

 今年度3回目のことこと村づくり学校(山遊び塾)は、くわどり市民の森に設置するベンチづくりの続きです。朝から晴天に恵まれた7月12日、強い日差しを避けて、地元講師の作業場でベンチづくりは始まりました。

 前回、皮を剥いで「三枚におろした」杉材に、コンクリートの脚を設置するための口を開けます。丸ノコ(電ノコ)で四辺を切ったあと、ノミでくり抜いていきます。(写真左)
 こうして出来上がった座面を脚に据え付けてみます。ガタつくようであれば、もう一度ひっくり返してノミを入れます。(写真右)
140712 ことことブログ001.jpg140712 ことことブログ002.jpg

 一方こちらは単体のイス。表面をガスバーナーで焼いて仕上げます。焼くことで防虫の効果があり、腐食に強くなります。(写真左)
 出来上がった部材を一旦バラし、軽トラに積み込んで、いざ市民の森へ。(写真右)
140712 ことことブログ003.jpg140712 ことことブログ004.jpg

 市民の森に到着しました。管理棟前の広場にベンチを設置します。あらかじめ打っておいた基礎コンクリートの上に脚を置きます。ちなみに脚は、コンクリートの角柱の四面に杉材を貼り付けてあります。(写真左)
 杉材を組み合わせ、防腐ペンキを塗ります。(写真右)
140712 ことことブログ005.JPG140712 ことことブログ006.jpg

 組み上がったベンチを基礎コンの上に置き(写真左)、脚元をセメントで固めます。(写真右)
140712 ことことブログ007.jpg140712 ことことブログ008.JPG

 こうしてベンチが完成しました。もうすぐ夏休み。このベンチで家族連れがお弁当を広げる光景が見られるようになればいいですね。
140712 ことことブログ009.JPG

 さて、作業はまだ続きます。
 くわどり湯ったり村から市民の森の管理棟まで、ブナ林のなかを歩いて30分ほどで登ることができます。そのブナ林コースの途中、3か所にもベンチを設置しました。

 ここはブナ林広場。ブナ林の真ん中の小さな広場ですが、この一角にベンチを置くことにしました。(写真左)
 こちらは急な坂を登ってきて、ちょうど一休みしたくなるあたりにベンチがあります。是非ご利用ください。(写真右)

140712 ことことブログ011.JPG140712 ことことブログ012.JPG                           (森田 鉄平)
Posted by かみえちご at 11:07 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)