CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ノンタンようちえん | Main | ブログ担当者交流会 »
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
月別アーカイブ
2017.5.12(金)2017年度第一回アリサ上映会[2017年05月17日(Wed)]
image1.JPG


【アリサ上映会】

一人の女の子「アリサ」の生後6ヵ月から6歳11ヵ月までの
約7年間の成長を追ったドキュメンタリー映画です。
毎日仲間とともにたくさん遊び
さまざまな行事や体験の中で、幼児の全面発達を描いています。

5月12日(金)
午前10時〜
中央公民館和室

参加人数 22名
保育子ども17名

当日は、充分に保育者の確保ができた事や、実行委員がブログで呼びかけた事もあって、
予想以上に多くの方に参加して頂くことが出来ましたo(^o^)o

司会の挨拶から始まり、
実行委員が伝えたい事
「子どもの育ちに何が大切か?大人は何ができるか?」を伝え、上映を始めました!

上映の後のグループトークでは様々な意見や感想がでました。
そこでの意見交換はとても盛り上がりました。

今回、私は初めてアリサの上映会に実行委員として参加しました。
この時代に、この育児はできるのか?
と自問しましたが
この上映会を通して、沢山の子育てのヒントを頂きました。

またアリサ実行委員会は
とても楽しくアットホームな雰囲気です。

詳しい様子は6月のネットワークニュースをご覧ください。

記:N


⌘⌘⌘⌘アリサ上映中の保育の様子⌘⌘⌘⌘
今日の保育は2才までの小さな子どもたち。始めは泣く子もいましたが、すぐに好きな遊びを見つけて遊んだり、抱っこしてもらったりしながら終始穏やかな保育でした(^^)

砂場でのエピソード。
2才の子どもたちが砂場にいたので、私はお椀に水をくんできて砂にかけました。しばらくおくと…
『水が無くなったよ!どっかいっちゃった!』と言うと、
『おぉ〜?』と不思議そうに私を見る子どもたち(笑)
砂に水が染み込んでいく様子が面白かったらしく何度もやって見せましたがその度に『おぉ〜?!』(笑)
お水はどこに行ったんだろうねぇ〜と話ながらそのあと泥遊びをしました♡

記:D
Posted by 携帯からの投稿 at 00:17 | 「アリサ」上映実行委員会 | この記事のURL
2017.4.18(火) アリサ上映実行委員会[2017年04月24日(Mon)]
image1.JPG
4/18㈫
中央公民館保育室

第1回アリサ上映実行委員会を行ないました!

日々の家事育児や仕事その他の活動に忙しい中、新実行委員を中心に沢山の人が集まりました!!

そして集まったメンバーひとりひとりに、今後どんなアリサ実行委員会&上映会にしたい?という事を出し合いました。

子どもの年齢や関わっている場所など色々な立場から、色々な意見が出ました。


そこで!
やっぱり貝塚子育てネットワークの会にとって、乳幼児サークルは外せない!!
新しいサークルメンバーにも見て欲しい︎という事になり〜

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘
5/12㈮ 10時〜12時
ドキュメンタリー映画
『アリサ』上映会

中央公民館にて、全ての方対象の上映会を行う事に決定しました︎

【場所】中央公民館
上映会/和室
保育/保育室

【時間】
10:00〜12:00終了予定

☆保育は、応相談

全ての興味を持ってくれた方対象です。
参加者が、今日から実践できる事を皆がひとつ見つけて帰れるような上映会にしたいですね〜♪ぜひご参加下さい〜(^^)/


問合せ先☞中央公民館電話1(プッシュホン)072-︎433-7222
⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

今回、ひとりひとりの想いを聞き、今年のアリサも楽しくやっていけそうだな〜っと実感しました(^o^)/


次回、第2回アリサ上映実行委員会は、

6/2㈮12:00〜
中央公民館 保育室
ひやかし参加も大歓迎!!
お待ちしてま〜す( ^ω^ )/♪

(記:田中、山岸)

》》》》》》》》》》》》》》》》》》》》
貝塚子育てネットワークの会/アリサ上映会/アリサ上映実行委員会
Posted by 携帯からの投稿 at 22:33 | 「アリサ」上映実行委員会 | この記事のURL
2016.11.25(金)「アリサ」上映会in日根野高校[2016年11月28日(Mon)]
image1.JPG
2016.11.25(金)「アリサ」上映会in日根野高校
参加人数:実行委員8名&子ども1名
     学生:20名
     先生:2名

今日は大阪府泉佐野市にある公立の高等学校、日根野高等学校での上映会でした。
日根野高校には三つの専門コース(アドバンスト人文・社会、子どもみらい、看護メディカル)があります。
その中の幼児教育・保育系進学を目指す「子どもみらい専門コース」のみなさんと映画「アリサ」を観ました。
先ほどUPしたアンケート結果からもわかるように、みなさんにたくさんの気づきと学びがありました。

★感想★
お昼休憩後の78分という長い上映時間。
初めての地域の学校での上映会、不安と期待が入り混じっていたのですが、上映中生徒の皆さんが「可愛い(≧▽≦)」「おおおっ!」「あっ!」などと声をあげながら真剣に映画を観てくださる姿や、アンケートを集計しながらたくさんの学びと気づきがあったことを知り今回の上映会を開催出来て本当に良かったと思いました。
また、私たち保護者の立場とは違った視点で映画を観ていることに実行委員メンバーは気がつきました。
この映画が生徒さんたちの今後に少しでもお役に立てたら幸いです。
きっと、近い将来素敵な保育士さんや幼稚園の先生になられることでしょう(≧▽≦)

最後になりましたが、このような機会を与えてくださった日根野高校の
校長先生はじめ先生方に感謝いたします。春のプレイパークでお待ちしています。 (記 西村)
Posted by 携帯からの投稿 at 19:30 | 「アリサ」上映実行委員会 | この記事のURL
2016.11.25「アリサ上映会」in日根野高校アンケート集計[2016年11月28日(Mon)]
image1.PNG
@小さい頃、どんな遊びをしていましたか?(複数回答可)
上記棒グラフ参照してください。

また‟遊び”と聞いてどんなことを想像しますか?
★‟遊び”と聞いて想像すること
・物を使ったり体全体を使って動くこと
・活発に動くこと
・むっちゃ楽しい自由な時間
・楽しいこと
・1人、2人以上でルールを理解して楽しむこと
・何かになりきって遊ぶことが多かった
・子どもたちが生き生きといられること

A今日見た映画の中で一番印象に残った場面を教えてください。

・アリサちゃんが障害を持っている大ちゃんの世話をしていたところ
・運動会の場面
・4歳頃からクラスの子ができないいろいろなことを友達どうしで助け合ってみんなで支えて成長していくところ
・全部印象に残る場面ばっかりだった。子供の成長はとてもすごいと思った
・年齢・月齢が大きくなるにつれ、描く絵のレベルが大きく変わっているところ
・大きな山を寝転んで滑り落ちていたところ
・ハイハイで砂の山を登っているところ
・まだ一歳だったのに難しい遊具で遊んでいたこと
・「危ないからやめさせよう」って私なら思ってしまうことを挑戦させていたのがとても印象に残った
・逆上がり、竹馬など体力のいる場面
・運動会での障害物競走
・裸足で砂山を登っていたところ
・イチゴをわしづかみにして食べていたところ・おむつをはかずに遊んでいたところ
・結構全部印象に残っているが中でも何をするのも裸足っていうのにも子どもがすごすぎた びっくりした
・前半にもあった服の着方を教えたときに教えてもらった子が着れた時、二人とも喜んでいたところが可愛かった
・外遊びが全部裸足なのと、山登り木登りを先生の手を使わずにしていたこと
・竹馬で山を登って下るところ、あきらめないのがすごいなと思った
・2人の女の子が自分が保育士さんにしてもらったように大ちゃん(少し筋肉障害がある)
の手助けや面倒をみたりずっとしていたところ
・アリサちゃんがすごく運動神経が良かったこと、すごすぎてびっくりした
大ちゃんのお世話をずっとしていて尊敬した
アリサちゃんのあきらめない気持ちがすごいと思った
・途中でつまずくことや嫌なことがあっても、自分でやりきる場面がとても多くて、人の世話もしていて本当に強くなれる場所だと思った

B‟観る前”と‟観た後”で気持ちの変化はありましたか?気づいたことはありましたか?

・子どもに読み書きを一切教えていないのに成長していくこと
・自分が親になったら危ないことをさせるのは不安だと思うけど、手を貸さずに子どもに
させることも大切だと思った
・子どもといえば危険なことをさせてはいけないイメージなのですが、どんなことでも付き添いがいなくてもやっていく育ちは良いことだし、一人でどんどん成長していてすごいと思った
・アリサが何でも挑戦するのがすごかった、見ていていろいろ危ないなって思ったことがいっぱいあったけど、あまり手をかさないのがいいのかなって思った
・危険なこととかも子どもなりに、自分からできることややりたいこと何でも挑戦していてすごいなと思った
・最近は英語を教えたりとかが大事だなどと言われたりしますが、のびのびと自由に自分で最後までさせることも大事だなと思った
・保育士さんが子どもが泣いていても励ましたりはするけれど、手出しはしていないということに驚いた
・挑戦することは大切だとわかった
・挑戦しようとしていることをすぐにやめさせないで見守るのも大切だなと思うようになった
・小さい子の世話をしていてすごかった
・危ないから子どもにやらせないのではなく、何事にも自分でできるまでチャレンジさせるということも大切だなと思った、子どもの観察力は鋭くて、真似をしたり友だちと協力する力がすごいと思った
・危ないこととかも全部自分でできてすごいと思った
・「手を貸してあげる」というということの大切さの概念が覆されたなぁと思った
・危ないことをさせないほうがいいのかなと思っていたけれど、このビデオを観てそういうのもやっていったほうがいいのかなって思った
・自分たちの思っている以上に子どもたちは大人を見たり、それを真似しているんだということがわかった
・危険なことはやらせないと思っていたが、挑戦させる力が大事だと思った
・小さい時からいろいろ経験していてすごいなって思ったし、最後まであきらめないところとか6歳なのにほんとうに尊敬した
・子どもたちが自分が思っているよりも先生のことを観察していることがよくわかった
・自分はすぐにあきらめてしまうのでアリサちゃんを見習ってすぐに諦めず挑戦していこうと思った
・実際に危ないことをやらせないのではなくて、少しでも挑戦させてあげることが大切だと思った

Cプレイパークに行ってみたいと思いましたか?
はい・・・20票

Dその他何かあれば(どんな先生になりたい・・・など)

・将来子どもを持つときにどんなことをさせたらいいかということのヒントをもらえたと思います!
・春のプレイパークに参加する予定なのでよろしくお願いします。
・映像の中みたいに、子どもにいろいろなことをさせてあげて色々なことを教えてあげるようになりたい!
・先生や自分が親になったらできる限りのことは挑戦する気持ちを大切にさせてあげたいです。
・笑顔でいっぱいな人になりたいです。
・子どものちょっとした成長を見守っていける先生になりたいです。
・優しくても怒るところは怒る、笑顔いっぱいの先生になりたいです。
・子どものやる気ややろうとしていることを伸ばしてあげれる先生になりたいです。
・プレイパークに行ってみたい。制限してしまいがちだけど、のびのび遊んでなんでも
チャレンジさせてあげられるような先生になりたい。
・いろんなことをさせてあげたいと思う。
・将来はさくらさくらんぼ保育を実施している保育園で働きたいなぁと思いました。
・ありがとうございました。今日は観れてよかったです。
・誰よりも子どもやその子どもの親に親身な先生になりたいです。
・子どもの成長できることをやめさせずに挑戦させたり、できたことは褒めたり、本当に
だめなことは注意できるようになりたい。
・4中に通っていたけれどプレイパークの存在はしらなかった。近いし、いきたいなと思った。
・今日の映像を観て何事も挑戦させることが大切だと思った。危なっかしくてやらせたくないことでも、ためさせてみることで成長していくから見守っていきたい。
・すぐに手をかすのではなくてこどもが挑戦する時間を見守ってあげられる保育士になりたいです。
Posted by 携帯からの投稿 at 18:08 | 「アリサ」上映実行委員会 | この記事のURL
アリサ上映会inおや子教室[2016年06月30日(Thu)]
16-06-30-14-18-29-504_deco.jpg
6/28(火)
アリサ上映会/おや子教室

大丸1️参加人数 受講生14名 実行委員10名

今日のアリサ上映会は、中央公民館主催の乳幼児を持つ親対象の連続講座「おや子教室」全10回の1コマで開催しました。

まず始めに司会挨拶の後、
実行委員より、アリサ上映実行委員会発足の経緯〜貝塚子育てネットワークの会の紹介〜約30年前にアリサを見た人達が、「こんな子育てを貝塚でしたい」と立ち上がった子育てネット、そこからサークルや部会が広がり今に至る…
そして今子育てネットに関わる私達も、「アリサの輪を広げたい!」という想いで発足したアリサ上映実行委員会〜
そして、遊びとは何か?遊びと聞いて何を思うか?子どもの育ちに本当に大切な事とは何か?といった語りの後、
アリサ74分の上映がありました。
その後、実行委員も加わり4〜5人のグループに分かれトークシェアリングをしました。「アリサの中での環境全部はできないけど、貝塚でできることを少しずつでもしていけたらいいなぁ。」というような前向きな感想がたくさん出ていました。
最後に、上映会実行委員であり、親子教室次回の講師でもあるNPO法人え〜るの朝日さんが、次回遊びの実践につながるお話しでまとめて頂きました。

今回の上映会は、同じ貝塚で同じ時代に子育てする母親として、私達実行委員とおや子教室受講者のお母さん達が繋がれた事や、子育てに活かせる気付きや学びを伝える事が出来て良い上映会になりました。

(記:T)
Posted by 携帯からの投稿 at 16:45 | 「アリサ」上映実行委員会 | この記事のURL
映画『アリサ』〜今どきできる?こんな子育て、孫育て[2016年06月30日(Thu)]
6/24(金)中央公民館 和室にて、乳幼児サークル、一般対象に映画『アリサ』の上映会をしました。

参加者37名(実行委員7名含む)、ほとんどが乳幼児をもつママさんですが、中にはお孫さんをもつ方も参加してくれました。

この映画は一人の女の子の生後6ヶ月から6歳11ヶ月まで、7年間の成長を追ったドキュメンタリーです。

毎回上映後にアンケートを記入してもらっていますが、今回は上映前に質問@のみ先に記入していただきました。
@「我が子にどんな風に育って欲しいですか?」という質問に
・思いやりがある子
・他の人に優しくできる子
・人の気持ちを考えられる子
・何でも自分で判断し、行動できる子
・のびのび子どもらしく
・自分のことも、他人のことも大切にできる子
・自分の好きなことを極めて欲しい
・恐れず挑戦出来る子
・たくましい子
・ねばり強い子
・うたれ強い子
などなど我が子への願いはさまざまですね(^ー^)

そして映画を観終えてグループに分かれ、感想を出し合い話しました。
私のグループでは、「正直ヒヤヒヤした。同じ様には出来ないけど、子どもがやりたい事を危ないからと止めずに、見守りながらやらせてあげようと思った」という感想が多かったです。

上映後に記入してもらったアンケートA「映画を見て感じた事や、その為に今できること、やってみようと思うことはありますか?と質問には
・子どものもつ生きる力、成長する力を信じたいと思います。人を育てる事の素晴らしさが伝わってきました。
・育児や保育が『生きる力』を邪魔してはいけない!伸びようとする力を側で見守り、待ち、応援しないといけないという事がよくわかりました。
・大人が見てキケンだと思うことを、すぐに止めていたと思います。
・あそびの中で生きる力を、子どもたちは身につけているんだと感じた。
・もっと待ってあげようと思った。子どもはよく見ている、良い模範になれる様にしたい。一緒に雑巾縫いたいな〜
・私の場合、口や手を出しすぎていると日頃感じている事が多い。今更かもしれないけど、子どものやりたい事を出来る環境を整えていきたい。
・子どもの無限大の力はほんとに素晴らしい!自分で考えて学んでいく。大人が手を差しのべるのは、最後の最後なんだと思った。
などなど参加者の皆さん、子どもの生きる力は凄いこと、子どもの成長には手や口を出さず見守ることが大切なんだと感じた様です(*^_^*)

〈感想〉
アリサちゃんの集中力、出来るまで何度も挑戦する粘り強さは凄いなーと思いました。
手を出さず待ってあげること、言葉がけってほんとに大切だな〜と思いました。

(記:M)

貝塚子育てネットワークの会
アリサ実行委員会
Posted by 携帯からの投稿 at 09:24 | 「アリサ」上映実行委員会 | この記事のURL
いよいよ明日!![2016年06月23日(Thu)]
image1.JPG
いよいよ明日です☆保育は〆切りましたが、保育なしの方は当日参加大歓迎です(*^_^*)
Posted by 携帯からの投稿 at 22:20 | 「アリサ」上映実行委員会 | この記事のURL
アリサ上映実行委員会[2016年03月24日(Thu)]
image1.JPG
今日は6月の上映会に向けて実行委員メンバーの打ち合わせがありました。

アリサ上映会をやる目的の1つに、メンバーどうしの交流を深めることがあります。

このように何度も何度も会議を重ね、仲間とともに上映会を作り上げる楽しさや、しんどさを味わいます。

お母さんたちが会議をしている間は子どもたちはみんなで遊んでいます。

大人も子どももお互いのことをよく知り合うことで、子育てが楽になったり楽しくなります。
Posted by 携帯からの投稿 at 20:23 | 「アリサ」上映実行委員会 | この記事のURL
12月7日アリサ上映会in浜手公民館アンケートまとめ[2015年12月07日(Mon)]
image1.JPG

2015.12.7 浜手公民館アリサ上映会アンケートまとめ
アンケート回収率 100 %(実行委員を除く)参加人数1 2
@今日観た映像の中で一番印象に残った場面を教えて下さい。またどう感じましたか?
・赤ちゃんの時から大きなお山に登らせている場面が高度でした。しかし、それをクリアできている赤ちゃんたちもすごい!と思いました。転んでも声かけのみであまり手助けしていない保育士さんも見習いたいです。
→現在は映像のような大きなお山もないし、自然が壊されて駐車場に変えられていっているのでのびのび遊ばせることにためらいを感じる。周りの子たちもあまり外に出ていない様子。
・アリサ一人で一心不乱にぞうきんがけをしていたところ。
→赤ちゃんの頃から手を出さずいろいろな経験をさせているせいか何でも根気よくチャレンジしているので興味を持つことを親の都合で辞めさせたりしないようにしたいです。
・最初はアリサの遊んでいる姿を見てヒヤヒヤドキドキしていたのですがアリサ本人はとても楽しそうに遊んでいて、大ちゃんのことを小さいながらもお世話していて感動しました。
→私の子どももアリサのようになって欲しいと感じるようになりました。
・竹馬のチャレンジ。30数回も諦めない根性。
→毎日小さな達成感をたくさん味わっているから自分はやればできる!という自信があるのだなと思いました。
・保育士の声かけ(優しくて心が広い)が子どもたちにも影響を与えていて自分より年下の子どもへの接するときの心も育っているように感じた。
→親の声かけの仕方。子どもの自立心を育てるのに時間がかかるが、長い目や心で見守ってあげることができている。自分も気をつけたいと思いました。
・平均台・木登り。
→「失敗から学ぶ」ことの大切さ。言葉ではわかっていてもなかなかさせてあげられない。私が不安になる。
・歩ける前の子どもが砂山を登っている場面はすごいなと思いました。小さい赤ちゃんにもいろいろな動きができて学ぶ力があることがわかりました。
→砂や泥を使って遊べる環境があまりないのでそのようなところがあれば遊ばせてあげたいと思いました。
・今の子育てには合わないところもありましたが、もう少し子どもを信じて良いのかもと思いました。
・さまざまな場面で子どもが自分でしていたところ。
・みんながのびのび園生活を送っているのがうらやましい。
→危険に思ったり、汚れが嫌だったり、親として避けている部分が多いので子どもの好奇心を妨げることをしない努力が必要だと思います。
・1才からうんていをしている場面
→辛抱して見守ることが大事。危険から遠ざけるのではなく危険を自己回避できるように育ててあげたい。
・模倣は観察から。
→気になるから手を貸しすぎているのかな。子どもたちは自分で学ぶんだと改めて感じました。
・1才とかで砂山を登ったり鉄のアーチを登ったり階段をひとりでおりたりしていたところ。丸太渡り。
→危ないとハラハラとして最初は観ていたけど自分で子どもがどうすればいいか試行錯誤して失敗したら次は失敗しないように考えている姿を観て自分がいかに過保護だったかと思いました。
 
Aご自身の子育てに影響がありますか??
YES・・・1 2 票 NO・・・0票
 
 
B今後サークル活動などで「実践したいな」「いかせたらな〜」と思いましたか?
YESを選んだ方はどんなこと?
 
YES・・・1 1 票 無回答・・・1票
 
・お手伝いをどんどん家でもサークルでもさせ模倣させたい。アリサのように助け助けられてという場面が自分の子にも見れたら感動です。
・砂遊び・泥遊びなど一度服をドロドロにして遊ばせてみたい。
・もっと子どものやりたいようにしたいように色々させてあげたい。
・大人が「あ!(汗)」と思う事を止めずに「もう少し見守ってみる」という選択をすること。
・命に関わるようなことでなければ、多少の危険も経験させてどうしたら出来るか、子どもに考えさせる機会を与えてあげないといけないなと思いました。
・本当の意味で自由に遊ばせる。
・子どもの自主性を尊重
・思いっきり泥遊び・水遊び
・がけ登り・がけ滑りをさせたい。泥遊びもさせたい。
・せっかく同年代の子どもが集まっているんだからこの日はこれをすると親が決めているけれど、子どもたちがしたいことをする日を作ってあげてもいいかな。
・今サークルには入っていないけど自分一人だけだったらあれこれ手を出してしまいそうなのでみんなで見守っていける環境があったらいいなと思いました。
 
C他になにかあれば・・・
・自主性を尊重するのと放任なのは違うと思うし、そこには注意して子育てをしようと思いました。自分で考えて何でもトライできるようになってくれればよいなと思いました。
Posted by 携帯からの投稿 at 18:51 | 「アリサ」上映実行委員会 | この記事のURL
12月7日アリサ上映実行委員会保育の様子[2015年12月07日(Mon)]
image1.JPG

子どもたちがお母さんたちと離れることに慣れてきたら、おもちゃを片付けて新聞遊びをしました(*^_^*)

保育の声かけやお友だちがいたら子どもたちは何もないところで遊ぶことができるのですね。
Posted by 携帯からの投稿 at 15:57 | 「アリサ」上映実行委員会 | この記事のURL
| 次へ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/kosodatenet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kosodatenet/index2_0.xml
ホームページはこちら