CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
土門拳の「昭和のこども」の写真展を見てきました。 [2013年11月11日(Mon)]
電車に乗っていて偶然「土門拳の「昭和のこどもたち」の写真展があることを知り、
予定変更で行ってきました。

目的は、「おんぶ」「だっこ」の様子を見たかったからです。

おんぶとだっこに興味を持ってからは、いろんな人のおんぶと抱っこが気になって仕方がありません。

子沢山の時期・・・
3歳くらいの子どもが1歳くらいの赤ちゃんを抱いていたり、
小学生くらいの子どもたちは、男の子も女の子も、背中には小さい子を兵児帯でおんぶしている。

今回目に留まったのは、子どもたちのカラダ・・・

栄養は十分とは決して言えないと思うのですが、素晴らしい立ち姿・・・
足の指の一本一本が生きている感じ。

今までそんな風に写真を見たことがなかったけど、

おんぶ、だっこ、ボディーワーク等いろいろ学んできているので、
自分の見方が変わってきたんだろうな・・・と思いました。

写真はそんなことを教えてくれます・・・

行ってよかった。
ちょちちょちあばば [2013年08月31日(Sat)]
みなさんにとって「ちょちちょちあばば」どんな歌と動作でしたか?

NPO法人子育てを楽しむ会のスタッフは、いろいろな地域の出身者の方がいて、
昨日も北海道出身のスタッフと話をしていたら、「そんなんしらん」ってことでした。

私の母バージョンはこれだったので、私のバージョンもこれです。

ちょちちょち→手を合わせる(4回)
あばば→片手を口にあてて(あばば)
かいぐりかいぐり→両手をグーにして、糸巻き巻きみたいな動作
おつむてんてんてん→両手で頭をとんとんとん
とっとの目 とっとの目 とっとの目 →片方の手のひらはパー もうひとつは人さし指を立てて
パーの手のひらの真ん中あたりをつんつんする

最初から全部できる赤ちゃんはいないけど、少しずつできる動作が増えてきたように思います。

正解なんてもともとないのですから・・・

私の中の記憶では…という何か赤ちゃんをあやす歌遊びが誰にでもあるといいなと思います。
はじめまして・・・ [2013年08月29日(Thu)]
このブログを読んでくださっている皆様・・・はじめまして。

私は、迫きよみといいます。
1962年 京都市内の紫野(今宮神社の近く、大宮商店街の近く)の、機織り長屋で生まれました。
2歳の頃に、田んぼとどんどん開発している阪急沿線の向日市に引越しました。

どこで生まれ育ったのかって、やっぱり影響あると思います。

機織り長屋で生活しようと思ったら、(我が家は機織りはしていなかったのですけど)日常の会話が大きくなるんだそうです。声の大きな母がそう言ってました。

小さいころの写真は、誰かわからない人たちにいっぱい抱っこしてもらっている写真が残っています。みんなでかわいがってもらったんだと思います。

向日市は、とっても子どもが多くて、隣も、お向かいも、そのお隣も、みんな同じ年の子どもがいて、路地だけでどっちボール大会ができました。学校から帰ったら、みんな家の前に出てきて、かくれんぼ・下駄かくし、かかし・ボール遊び・ママごと・ビー玉・男女問わずいろいろな遊びをしました。あるとき、岡山の田舎から一家族が引っ越してこられました。田舎の子どもは遊びの天才・・・その家族が来てからというもの、みんなも刺激され、さらにダイナミックな遊びになって行きました。

子どもも多いけど、山も池も田もあるところでした。
山に行ってうるしにかぶれ、カエルとりは名人級、田んぼでのれんげつみも大好き(でも、花の輪は作れなかった不器用人)

学校から帰ると、母はいろんな家にいっているので、大きな声で「おかあちゃん」と叫ぶと、「ここよ・・・」的な返事が返ってくるので、その家に行くという生活でした。

母は編み物が好きで、いつも手を動かしながらおしゃべりしていました。
その頃のおばちゃんたちはみんな何か手を動かしていて、しぼりの内職をしている人もいたし、
パッチワークをしている人たちもいた。

子どもも多かったから、近所の子どもの子守もさせられました。

みんなでおこずかいを出し合って、リーダーが買い物に行って行った花火大会や、子ども会で上演した人形劇。

今、すべての経験が私の宝物のような気がします。

全部じゃなくていい。
でも、なくしてしまうことで、子どもたちの心や体がしなやかに育つことを阻止してしまうものもあると思うのです。

便利になった現代を認めつつ・・・だけど、これだけはこれからの日本人の子育てとして残そうよ…というものを、その意味をきっちり表現できる形で、わかりやすく伝えていきたいと思っています。

物ではなく、体と心に染みつくような・・・目に見えない宝物・・・

今年は宝物さがしのたびです。

私は今、宇治で、子育て支援のNPOの代表をしています。子育てを楽しむ会と言います。

どうぞよろしく。

おんぶひも、だっこひものマニアです。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

子育ての文化研究所さんの画像
子育ての文化研究所
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/kosodate-bunka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kosodate-bunka/index2_0.xml