CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人成年後見推進ネット これから

NPO法人 成年後見推進ネット これから のブログです。
広く一般市民を対象として、成年後見制度を推進するために、成年後見制度の啓発普及活動、後見人育成のための教育活動、成年後見人の受任事業、成年後見を考えている介護家族への支援・相談活動、後見人の自己研鑚・情報交換の為の後見人ネットワークの構築を図ります。


これから塾11月第39回有料老人ホームの選び方 [2019年10月15日(Tue)]
これから塾2019年11月.jpg
これから塾2019年11月.pdf
★12月までの連続講座★
高齢期をすごすための住まいやサービスを知る!
8月 高齢期の住まい 住まいの種類を知りましょう
9月 地域の日常生活支援サービス 
10月 サービス付き高齢者向け住宅
11月 有料老人ホーム・選び方 
12月 シニア外出支援・移送サービス


これから塾11月第39回
第4回 「有料老人ホーム」について学びます。
他の住まいとどう違うのか。どのような種類がある?
選び方のポイントは?


お話:ベネッセの介護相談室 
相談員 大野真一 氏


◎無料
◎当日直接会場にご来場ください。

日時:
11月5日火曜日 13:30〜15:00 
40分ほどのお話とその後の質疑応答

15:00から16:00までは、成年後見制度他様々なご相談を承ります。

会場:
練馬区高野台地域包括支援センター
街かどケアカフェこぶし 
西武池袋線練馬高野台駅北口1階
東京弁護士会オアシス20周年記念シンポジウム「地域で共に生きる、支えあう〜新しい高齢者・障害者の権利擁護のネットワークづくり〜」 [2019年10月15日(Tue)]
【ブログ案内】東京弁護士会オアシス20周年記念シンポジウムチラシ.jpg
【ブログ案内】東京弁護士会オアシス20周年記念シンポジウムチラシ.pdf
東京弁護士会オアシス20周年記念シンポジウム
私どもこれからの理事小泉がパネリストとして参加いたします。
ご興味のある方、ご参加を。
無料。直接会場へ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
弁護士会館2F「クレオ」東京弁護士会オアシス20周年記念シンポジウム
「地域で共に生きる、支えあう〜新しい高齢者・障害者の権利擁護のネットワークづくり〜」


東京弁護士会高齢者・障害者総合支援センター(オアシス)は、オアシス設立20周年を記念して、10月23日にシンポジウム「地域で共に生きる、支えあう〜新しい高齢者・障害者の権利擁護のネットワークづくり〜」を午後1時から弁護士会館(千代田区霞が関)において開催いたします。

また、シンポジウム終了後、参加された方に対して高齢者・障がい者法律相談会(無料・希望者多数の場合は抽選)を実施いたします。

◎無料
◎当日直接会場にご来場ください。

【日時】2019年10月23日(水)
    @シンポジウム  13時〜16時(12時30分開場)
    A無料法律相談会 16時〜17時(当日申込み・20名程度)

【場所】弁護士会館2階「講堂クレオ」
    千代田区霞が関1−1−3(地下鉄「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

【内容】
 1.基調講演 上山 泰氏(新潟大学教授)
 2.特別報告 浅岡 千香子氏(東京家庭裁判所後見センター判事)
 3.パネルディスカッション
   (パネリスト)
    上山 泰氏(新潟大学教授)
    川井 誉久氏(東京都社会福祉協議会)
    小泉 リ子氏(NPO法人成年後見推進ネットこれから理事)
    名川 勝氏(筑波大学講師)
    土肥 尚子(当会高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員)
   (コーディネーター)
    赤沼 康弘(当会高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員)
これから塾10月サービス付き高齢者向け住宅とは? [2019年10月15日(Tue)]
DSC_0164.JPG

10月のこれから塾のテーマは、高齢者の住まいの選択肢の1つである「サ高住」を取り上げて、入居相談をされているシニアハウスコムの佐藤様に講師をして頂きました。関心度が高く40名近くの聴講者となり、会場のいすが足りなくなりました。
「サ高住」とは「サービス付き高齢者向け住宅」の略で、「サ付き」「サ付き住宅」などとも呼ばれます。最初に、高齢期の住まいの選択肢の全体の説明があり、次に「サ高住」の位置づけ、その特徴まで図を使ってわかりやすく教えて下さいました。
「サ高住」に必ずついていなくてはいけない「サービス」とは、安否確認と生活相談だけです。ヘルパーさんに手助けしてほしい、デイサービスなどで過ごしたいと思ったら、必要なサービスを選んでつけていく形となります。「サ高住」といっても5パターンの種類に分けられるそうです。概略は、次の通りです。
@ 自立型:介護サービスを外部事業所に依頼
A 介護対応型(訪問介護ステーション併設):建物内に常駐しているヘルパーさんが対応
B 介護対応型(デイサービス併設):建物内のデイサービスで入浴や食事などの日中生活の対応
C 介護対応型(訪問介護・デイサービス併設):AとBの両方の対応
D 施設型(特定施設):介護保険上の特定施設にあたるので、定額で必要な介護を受けることができる
介護が必要な時のケアプランを立てるケアマネさんはDのみ施設ケアマネとなりますが、@〜Cは、自宅の時のまま継続する方法もあれば、その住宅の近隣のケアマネを紹介してもらうこともできるようです。
 具体的な相談事例のお話もあり、予算的なことや入居されたケース、入居に至らなかったケースなど貴重な話を聞くことができました。我が身のこととしても、家族の立場としても、知っておくことや見ておくことの大切さを感じました。住まいを変えることは大きな決断になります。そこに向けて気持ちの整理をしていく必要があることがわかりました。制度は複雑ですし、「サ高住」でも、他の施設や有料老人ホームでも、ひとつひとつ条件は違うので、事前にアウトラインを知っておき、自分の譲れない条件などを元によく相談にのってもらう必要があると感じました。(YT)
これから塾10月38回「サービス付き高齢者向け住宅」とは [2019年09月02日(Mon)]
これから塾2019年10月.jpg

★12月までの連続講座★
高齢期をすごすための住まいやサービスを知る!
8月 高齢期の住まい 住まいの種類を知りましょう
9月 地域の日常生活支援サービス 
10月 サービス付き高齢者向け住宅
11月 有料老人ホーム・選び方 
12月 シニア外出支援・移送サービス

これから塾10月 第38回
★12月までの連続講座★
第3回 サービス付き高齢者向け住宅


「サ高住」ともいわれる住宅について学びます。
有料老人ホームやグループホームとはどう違うのか?
「サービス付き」とはどういうこと?

お話:シニアハウスコム 入居相談員マネージャー 佐藤 公亮 氏

◎無料
◎当日直接会場にご来場ください。

日時:
10月1日火曜日 13:30から 
40分ほどのお話 その後の質問と相談会 〜15:00

15:00から16:00までは、成年後見制度他様々なご相談を承ります。

会場:
練馬区高野台地域包括支援センター
街かどケアカフェこぶし 
西武池袋線練馬高野台駅北口1階
これから塾9月 第37回 地域の日常生活支援サービス [2019年08月06日(Tue)]
これから塾2019年9月.jpg
★12月までの連続講座★
高齢期をすごすための住まいやサービスを知る!
8月 高齢期の住まい 住まいの種類を知りましょう
9月 地域の日常生活支援サービス 
10月 サービス付き高齢者向け住宅
11月 有料老人ホーム・選び方 
12月 シニア外出支援・移送サービス

これから塾9月 第37回
★12月までの連続講座★
第2回 地域の日常生活支援サービス


地域で暮らし続けたい人々のための地域の人々によるサービスや拠点づくりを進めるNPO法人福祉サロン。
日常生活支援サービス「ねこの手サービス」のご紹介と地域での相互扶助の拠点や活動についてお話しいただきます。

お話:
NPO法人福祉サロン代表(ねこの手サービス)藤田庄子 氏

◎無料
◎当日直接会場にご来場ください。

日時:
9月3日火曜日 13:30から 
40分ほどのお話 その後の質問と相談会 〜15:00

15:00から16:00までは、成年後見制度他様々なご相談を承ります。

会場:
練馬区高野台地域包括支援センター
街かどケアカフェこぶし 
西武池袋線練馬高野台駅北口1階
これから塾8月36回 高齢期の住まい〜どんな住まいがあるのでしょう?〜 [2019年08月06日(Tue)]
DSC_0152 (1).JPG

8月のこれから塾は、9月から12月までの連続講座「高齢期をすごすための住まいやサービスを知る」のプロローグとして「高齢期の住まい どんな住まいの種類があるのでしょう?」と題して、高齢期の(介護が必要になってきた時の)住まいの種類を知る講義となった。講師は当法人の理事小泉リ子。自身の介護家族の会や後見活動などでの豊富な経験をもとにしたわかりやすい説明がされました。
高齢になると様々な不安が出てくる中で、住まいの問題が出てくる。一人暮らしになって・・介護をすることになったら・・自身が認知症になったら・・と。当然自宅に住み続けるのも選択肢ですし、誰もが求める住まいだろう。しかし、同居家族の介護負担や、一人暮らしになった時の自身で何もかもしていかなければならない不安面のデメリットもあります。
そこで、自宅以外の選択肢としての高齢期の住まいについてあらかじめ情報を得ておくことが大切であると、種類ごとの解説が入居条件や費用、長所短所とともにされました。
@ 「介護保険の施設・養護老人ホーム」
A 認知症になって「グループホーム」
B 介護付き有料老人ホーム
C サービス付き高齢者住宅(サ高住)
D 軽費老人ホーム(ケアハウス)
E 都市型軽費老人ホーム(都市型ケアハウス)
F 住宅型有料老人ホーム
やはり、入居の条件や費用と施設の数の課題を感ぜざるを得ない。
ただ練馬区は特別養護老人ホームは多く、本当に認知症がひどくなったときには1年ほどで入居が出来る状況になってきており、昔に比べその安心感はあると説明されました。
住み慣れた場所(自宅)で長く暮らしていくには、お金やサービス、行政、家族に頼らず、病気になったときのショックが大きいので過剰に健康に頼らないことと、「仲間を大切に」し、「日頃から情報を集めておく」、「身近な地域にある地域包括支援センターなど公の仕組みともお付き合いしておく」ことが大切で、特にいざという時に生きてくると、まとめられました。
猛暑の中23名の多くの方に参加いただきました。高齢期の認知症などと住まいへの不安を多くの方が感じておられることと、情報を求めていることを再認識いたしました。自宅で暮らし続けるための仲間と情報を大切にした暮らし方をしていくことを再認識したこれから塾でした。(MI)
これから塾8月 第36回 高齢期の住まい〜住まいの種類を知る〜 [2019年07月06日(Sat)]

これから塾2019年8月カラー.jpg

12月までの連続講座
高齢期をすごすための住まいやサービスを知る!
8月プロローグ:高齢期の住まいをについて
9月 地域の日常生活支援サービスについて
10月サービス付き高齢者向け住宅について
11月有料老人ホーム・選び方
12月シニア外出支援・移送サービス

これから塾8月 第36回
「高齢期の住まい どんな住まいがあるのでしょう?」
~最初に住まいの種類を知りましょう〜


話:NPO法人成年後見推進ネット これから 小泉リ子

◎無料
◎当日直接会場にご来場ください。

日時:
8月6日火曜日 13:30から 
40分ほどのお話 その後の質問と相談会 〜15:00

15:00から16:00までは、成年後見制度他様々なご相談を承ります。

会場:
練馬区高野台地域包括支援センター
街かどケアカフェこぶし 
西武池袋線練馬高野台駅北口1階
これから塾7月 第35回「腸!元気に 夏風邪予防」 [2019年07月06日(Sat)]
DSC_0153.JPG
7月のこれから塾は「腸!元気に夏風邪予防」と題して、認定栄養ケアステーション、メディケアクリニック石神井公園の管理栄養士、家村朋美さんにお話をいただきました。
まず、腸内環境のお話です。私達の腸内にはフローラと言われる細菌が1.5キロも住んでいます。これは肝臓と同じ重さだそうです。菌には色々な種類がありますが、大きく分けて、ビフィズス菌やガセリ菌等の善玉菌とウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌、中間の日和見菌の3種類があり、この比率が2:1:7になると理想的な腸内環境である、と言われています。日和見菌は善玉菌が増えると善玉菌に、悪玉菌が増えると悪玉菌に変化してしまうので、私たちは善玉菌が悪玉菌に負けないような食生活を送ることが大切です。そのためには食物繊維を取り、バランスの取れた食事を心掛けること、と強調していらっしゃいました。
DSC_0152.JPG
次に脱水症状についてお話しくださいました。日頃のバランスよい食事からは多くの水分が取れるので、食事量が少なくなってきたら要注意。汗をかいたときは水分だけの補給ではダメで、塩分も補給することが大切です。でも日頃の食事で日本人は塩分の取りすぎがあります。「あれ、脱水かな?」と思ったときに適度な水分と塩分補給にスポーツドリンクなどを飲むのも良いそうです。ただ糖質が多いので日常的に飲むのは避けて。また、経口補水液は食塩分が多いので、本当に脱水状況がひどい時の使用に適しているそうです。
脱水のサインは@口の中が渇いている、A痰が絡んだ咳を繰り返す、B脇の下が渇いているC手の甲をつまみ上げて離すと直ぐには元に戻らない(ハンカチーフサイン)等です。本人に自覚症状がなくても他人が気づけるのだと分かりました。
参加者は15人、スタッフ5人と計20人がお話を聞きました。終了後の質疑応答ではもう一人来てくださった瀧 真奈美さんも一緒に質問に答えて下さり、「乳製品の一日の摂取量は?」「アルコールは水分になるのか?」等、活発な質疑応答が交わされました。改めて食事と水分の大切さが実感できました。
来月からは「高齢期の住まいやサービスを知る」シリーズとして、年末まで連続で開催します。「今のままで大丈夫だろうか?」「移るとしたらどんな所があるの?」「介護保険以外のサービスは?」とお考えの方は是非お越しください。8月はそれぞれの住まいの種類が分かる、プロローグです。(N.C.)
消費生活展ねりま2019に出展して [2019年06月26日(Wed)]
IMG_6459.JPGIMG_6455.JPGIMG_6461.JPG
去る6月15,16日に石神井公園区民交流センターで消費生活展ねりま2019が開催されました。これは、練馬区が毎年開催しており、今年は49回目です。区内の消費者団体が、食、環境、消費者問題等、日頃の活動成果をパネルや実演で発表します。来場者はクイズラリーの解答用紙をもらい、30近いブースでクイズに答えながら会場を回って、グッズをもらいながら色々勉強できる仕組みです。今年は2日間で2200人弱が来場しました。これからは、毎年ブースを出していますが、今年は初の試みとして、「成年後見 寸劇とQ&A」というタイトルで、ステージにも参加しました。
理事長の石川が相談者、前理事長の小泉が相談員に扮して、やり取りをしながら成年後見制度を解説する、という趣向です。ステージは土曜日の午後でしたが、大雨のせいか出足は今一つでした。それでも、見てくださった方々は「勉強になりました」と感想をくださいました。クイズラリーにも参加していたので、ブースには次々と来場者が訪れました。クイズの解答を答えながら私達に色々質問してくださったので、後見制度について少しはお伝えすることができたと思います。来年も参加する予定でおりますので、会員の皆さま、お時間がありましたらぜひ足をお運びください。
クイズに答えながら消費生活や環境について知ることができ、ちょっとしたお土産ももらえますよ。(N.C) 
これから塾7月 第35回「腸!元気に 夏風邪予防」 [2019年06月11日(Tue)]
これから塾2019年7月 カラー.jpg

これから塾7月 第35回

「腸!元気に 夏風邪予防」
~夏バテ・夏風邪に負けない身体づくりのヒントをお話しします〜

お話:認定栄養ケア・ステーション 
   メディケアクリニック石神井公園
   管理栄養士 家村 朋美 氏

◎無料
◎当日直接会場にご来場ください。

日時:
7月2日火曜日 13:30から 
40分ほどのお話 その後の質問と相談会 〜15:00

15:00から16:00までは、成年後見制度他様々なご相談を承ります。

会場:
練馬区高野台地域包括支援センター
街かどケアカフェこぶし 
西武池袋線練馬高野台駅北口1階
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

成年後見推進ネットこれからさんの画像