CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人成年後見推進ネット これから

NPO法人 成年後見推進ネット これから のブログです。
広く一般市民を対象として、成年後見制度を推進するために、成年後見制度の啓発普及活動、後見人育成のための教育活動、成年後見人の受任事業、成年後見を考えている介護家族への支援・相談活動、後見人の自己研鑚・情報交換の為の後見人ネットワークの構築を図ります。


9月これから塾26回 大きな地震が発生しても 生きのびるために知っておきたい 防災の知恵や工夫! [2018年08月24日(Fri)]
これから塾2018年9月 .jpg
大きな地震が発生しても
生きのびるために知っておきたい
防災の知恵や工夫!
阪神・淡路大震災の被災体験談などを聴いて
「自分のこと」として備えよう!

お話:練馬区防災学習センター 所長 森野  征明 氏 

◎無料◎当日直接会場で受け付けます。
日時:
9月4日火曜日13:30から 40分ほどのお話 その後の質問と相談会 〜15:00
会場:
練馬区高野台地域包括支援センター・街かどケアカフェこぶし 西武池袋線練馬高野台駅北口1階
講演会を終えて:8月4日「消費者被害と成年後見」 [2018年08月17日(Fri)]
8月講演会.png
今年のこれからの講演会は、標記タイトルで開催しました。講師は立川地域でご活躍の弁護士、社会福祉士である村田光男先生です。
印刷された資料の量が多く、難しい講演になるのではないかと不安でしたが、冒頭、今期の朝ドラ「半分、青い。」を取り上げて、参加者の気持ちを掴んでから講義に入られました。
現在の成年後見制度は、まだまだ制度として不十分であること、民法で成年後見人は「被後見人の意思の尊重」を第一に「被後見人の生活、療養看護及び財産管理を行うこと」と謳っているが、実際は財産の管理に終始していることが多い、など、成年後見制度を推進していこうと考えている私たちにとっては耳が痛い事柄も多くありました。例えば、後見人を監督する家庭裁判所が被後見人に会うことは全くなく、それで後見人が被後見人のためにきちんと活動していると分かるのだろうか?というお話には「なるほどなあ」と思いました。
成年後見制度は、まだ発足20年足らずで、成長途上にあります。だからこそ、使う人たちが自分たちで声を挙げて変えていくことが大切なのでしょう。先生は途中何度も「この制度はまだまだ不十分です」と語られましたが、「日々活動されている中で実感なさっているのだろうなあ」と感じました。
参加者はスタッフも含めて42名とこじんまりとした会になりましたが、時に先生のユーモアあるお話に笑い声が上がり、具体的な質問も出て、あっという間の2時間でした。もう少し詳しいお話も伺いたかったのですが、仕事の性格上、悪徳業者に知られてはいけない内容があったかもしれません。
「本人の意思をどこまで尊重するか、と悩むだけでなく、それ以上に勉強することが私達には必要なのです」と先生がおっしゃられた言葉が心に残りました。
これから塾を終えて 第25回どう変わる?新・相続税制度 キホンのキ!8月7日 [2018年08月17日(Fri)]
8月のこれから塾は、当NPOメンバーで税理士の橋本久美子さんが「どう変わるの?新・相続制度」と題して、今年7月、40年ぶりに法律が大改正された新相続制度の3つのポイント「1.は」「2.か」「3.じ」について話しました。
「1.は」は、配偶者の保護。故人が所有する住宅に配偶者居住権を登記すると配偶者が住み続けることができます。「2.か」は、介護の特別寄与。相続人以外でも故人の介護に尽くした人(例えば長男の嫁等)は見返りとして金銭を請求できます。「3.じ」は、自筆証書遺言。自筆証書遺言を法務局に保管することで検認が不要になります。また、全て手書きだったものが、財産目録はパソコン書きも認められます。新制度は2020年7月までに順次施行されます。
台風が接近する中、25名が参加して活発な質疑応答で大盛況でした。 (ES)
ご案内:講演会8月4日「消費者被害と成年後見」 [2018年07月09日(Mon)]
8月講演会.png
8月講演会チラシ.pdf
NPO法人成年後見推進ネットこれから講演会
消費者被害と成年後見
講師:村田光男氏(弁護士・社会福祉士)
開催日時: 2018年8月4日(土)午後2時〜4時 
会  場: 石神井公園区民交流センター 2階 展示会議室 西武池袋線石神井公園駅北口1分
定員 100名 申込先着順
参加費 500円(会員無料)

悪徳商法による高齢者や障がい者の消費者被害が多数起こっています。
成年後見制度が判断能力の不十分な人の権利を擁護し、消費者被害から救済するための制度としてどのように機能できるのか、多摩地域で成年後見人として消費者被害から被後見人を守る活動をしている村田光男弁護士にご講演いただきます。 安心して老いるためのヒントをもらいたいと思います。

★お申込み、お問い合わせは以下までご連絡ください★
電話 090-7819-2581
Email:npokorekara@gmail.com
FAX:03-3955-7464※下記のFAX申込書PDFデータをお使いください。

8月講演会FAX申込書.jpg
8月講演会FAX申込書.pdf

8月これから塾25回 どう変わる?新・相続税制度 キホンのキ! [2018年07月09日(Mon)]
これから塾2018年8月 .jpg

どう変わる?新・相続税制度 キホンのキ!

8月のこれから塾25回は、最近話題になっている民法改正に伴う相続税制度がどのように変わっていくのか、その基本的な内容をお話しします。
講師:税理士 橋本久美子 氏(NPO法人成年後見推進ネット これから)
◎無料◎当日直接会場で受け付けます。
日時:
8月7日火曜日13:30から 40分ほどのお話 その後の質問と相談会 〜15:00
会場:
練馬区高野台地域包括支援センター・街かどケアカフェこぶし 西武池袋線練馬高野台駅北口1階
これから塾 第24回 地域包括支援センターについて 7月2日(火) [2018年07月09日(Mon)]
これから塾第24回.png
7月のこれから塾は、街かどケアカフェこぶしと同じ練馬高野台駅前地域集会所内にある「高野台地域包括支援センター」の出頭(しゅっとう)センター長から『新しくなった 地域包括支援センターについて』というテーマでお話をしていただきました。
 「地域包括支援センター」は、高齢者が住みなれた地域で、その人らしく、いきいきと暮らせるように支援するところです。4月から始まった「ひとり暮らし高齢者等訪問支援事業」は、ひとり暮らし高齢者等の自宅を訪問し、地域から孤立することがないように、その人に合った支援につなげるという練馬区独自の事業だそうです。
ただ、増え続ける高齢者に対して職員の数には限りがあります。そのため、今後は互助や自助の部分を大きくして健康寿命を少しでも延ばし、思いどおりの老後を過ごせるようにしましょう、とのお話がありました。
 また、国が提唱する「地域包括ケアシステム」の基盤となるのは本人の選択であり、自分が何を大切にして、どこでどのような生活を送りたいか、ということを元気なうちから考え、家族や親しい人に伝えておくことが大事であるという話は、私たちこれからが、まさに皆さんにお伝えしたいことと同じだなと思いました。
 「何か困ったことがあれば、まずは地域包括支援センターに相談してください。私たちは皆さんと一緒に考えていきます」という出頭さんの言葉は、参加された方にとって、とても心強く感じたことと思います。また、「いかに社会や人とつながっているかが、人の幸せの指針なのではないかと思えます」とのひと言には、これまで多くの高齢者と接してこられた中から得られた実感がこもっていました。(RS)
これから塾予告 [2018年06月18日(Mon)]
★1か月前に、案内チラシを掲載します★

8月7日(火)「新・相続制度」
        講師:橋本税理士(これから)  
9月4日(火)「防災について」
        講師:練馬区防災学習センター 職員の方 
ご案内:これから塾7月3日第24回「地域包括支援センターについて」 [2018年06月18日(Mon)]
これから塾第24回7月.jpg
7月のこれから塾は「地域包括支援センターについて」です。練馬区の高野台地域包括支援センターの職員の方に、センターはどのような役目を持っていて、どのような時に頼れるのか?をお聞きしたいと思います。認知症や介護だけでなく新しく訪問支援の役目も加わったということです。ご相談も含めて、気軽に参加いただき、地域の身近な相談窓口としての地域包括支援センターの基本を知りたいと思います。
◎無料◎当日直接会場で受け付けます。
日時:
7月3日火曜日13:30から 40分ほどのお話 その後の質問と相談会 〜15:00
会場:
練馬区高野台地域包括支援センター・街かどケアカフェこぶし 西武池袋線練馬高野台駅北口1階
これから塾第23回「夏に向かっての水分補給} [2018年06月18日(Mon)]
これから塾第23回.jpg
6月のこれから塾は、ブルークロス駅前薬局のスポーツファーマシスト・管理薬剤師、山中雅史さんより、「夏に向かっての水分補給」をテーマにお話しいただきました。
成人体重の60%、高齢者体重の50%は水分です。そのうちの1〜2%(体重50kgの人でおよそペットボトル1本分)が欠乏すると意識障害を起こし水分補給が上手く出来なくなります。更に進むと運動機能低下による転倒や幻覚、最悪の場合は、一人の時には熱中症で助けを呼べないまま死に至ることもあります。水分補給により、細胞の代謝が活性化され、身体活動が改善され、意識レベルが向上します。
1日1,500mlの水分を飲み、日中よく歩きよく動いて、よくおしっこに行きましょう。昼間の運動量とトイレ回数が増えることで、夜は疲労感が良眠を誘い、夜中のトイレ回数が減り、尿失禁も改善されます。就寝中も呼吸や汗等で水分は出ていくので就寝前の適度な水分補給は大切です。
ほぼ満席の会場からはとても参考になったとの声が上がり、今回も盛況を呈しました。   (ES) 
☆スポーツファーマシスト:スポーツ選手がドーピング薬剤を摂取しないように指導する資格。
これから塾第22回「フレイル予防と食事」を聴講して [2018年05月06日(Sun)]
これから塾22回.png

5月のこれから塾は、メディケアクリニック石神井公園の管理栄養士の上園朋美さんに、「フレイル予防と食事」をテーマにお話していただきました。
フレイルとは、高齢者の身体機能や認知機能が低下して虚弱になった状態をいいます。つまり、介護の一つ手前とも言える状態です。健康寿命を高めるには、このフレイルになる時期をできるだけ先伸ばしにするのが望ましいわけです。年齢を重ねると食欲が低下しますが、若い人にも負けないくらいに意識して、バランスの良い食事をしっかりとって筋肉をつける。間食も使って、タンパク質とカロリーをとる。それを毎日の生活の中で習慣化することが重要ということでした。
お口すっきり体操では、これからの石川の実演により、参加者全員が声を出したり、舌を回したりして、大いに熱が入っていました。
陽気な天気と関心の高い話題のせいもあってか、会場はほぼ満席。ゴールデンウィーク中の平日開催ということで、参加者数は伸び悩むかも…と開催前に気をもんでいたスタッフ一同ですが、思いがけない盛況ぶりに一安心でした。(KH)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

成年後見推進ネットこれからさんの画像